ハニーブッシュの副作用と成分効果(効能)を紹介!男性にもオススメ


この記事は3 分で簡単に読めます



ハニーブッシュはルイボスティーと同じく南アフリカ原産。

 

そしてルイボスティーと並ぶ二大ハーブティーというだけあって、栄養物を多量に含んでいます。

 

主に鉄やカリウム、亜鉛やマグネシウム、エストロゲン等の大事な成分を一緒にしています。

 

 

中でもエストロゲンは「美人ホルモン」とも表現されている女性ホルモンで、女性らしき身体を作るには無くてはならないものだと断定できるでしょう。

 

 

それとは別に挙げた鉄や亜鉛などの成分も個々に大事な効果が期待できるだと評判です。

 

 

チェックしよう>>>あなたにピッタリのハーブティーや紅茶が見つかる!お茶に関する大切なコトはこちらをクリック

 

 

最初に知ろう!ハニーブッシュティーには副作用はある?

南アフリカ原産のマメ科のもので、貴重なミネラルも含んでいる「ハニーブッシュ」。

 

カフェインも無く、ポリフェノールの一つのタンニン濃さも低く、小さな子から社会人まで摂り入れができるので、副作用はありません。

 

 

有機JAS(過去3年以上農薬や化学肥料を活用していないなどの規準をみたしたもの)の有機栽培認証確保のオーガニック・ハーブ。

 

 

 

薬ではないから、いつでも思い立った時にお気に入りの量を体内に取り入れることができます。

 

 

ノンカフェイン・ノンカロリーなので、就寝する前に飲んでも迷うことなく安全が確保されているのです。

 

 

ハニーブッシュティだとしても、健康茶としてやハーブティという商標で、様々なものとミックスさせたものも見受けられます。

 

そんな状況「キャンドルブッシュ」とブレンドされた健康茶などは過剰摂り込みすると、センナによって下痢をおこすとされています。

 

 

なので、何かと混合されたものなどを飲用する場合は、これがプラスされていないかを見ておくといいと思います。

 

その点だけ気をつける必要があります。

 

 

 

ハニーブッシュの成分効果(効能)は男性にもオススメ!

「鉄分(てつぶん)」

血液にとってどうしても必要な成分で、鉄分が欠乏する事でヘモグロビンの不足や貧血を起こすそうです。

 

また鉄分の不十分は疲労しやすくなったり、忘れっぽくなるという病状が現れるそうです。

 

今はインフルエンザや花粉症で悩むシーズンと言う側面もありあます。

 

そんな時の体調を維持すること、常日頃の健康サポートとして「ハニーブッシュ」ティはイチ押しなのです。

 

 

「カリウム(K)」

細胞の中に多く含有されていて、心臓や骨格筋等の筋肉の働きをコントロールする効き目を持っています。

 

なので体内物質を輸送したり、神経の機能を規則正しく保つにはポイントです。

 

カリウムが十分でなくなる事で筋無力症や腸閉塞を招くというデータがあります。

 

 

「亜鉛(あえん)」

皮膚や腎臓、肝臓の一種としている成分。

 

細胞分裂に深く関係し子供世代の成長や代謝サイクルに絶対不可欠の成分です。

 

この亜鉛が足りなければ、子供さんのケースではや成長に、大人でも皮膚障害の影響が齎されると考えます。

 

 

「マグネシウム」

ミネラル成分の一つで、刺激による筋肉の興奮性を高める一方、神経の興奮性を弱める効果を見せてくれます。

 

マグネシウムが足りなければ、神経が常に興奮状態となり神経過敏、センチメンタルを起こし易いそうです。

 

 

「イソフラボン(抗酸化作用)」

イソフラボン、フラボン、キサントンがあり、女性の方々におすすめなハーブなのです。

 

イソフラボンによって、生理のサイクルを修復にキープし、フラボンによって、抗ウイルス・抗菌作用を持っており炎症に歯止めをかける効き目を発揮します。

 

そしてキトサンによって、抗酸化作用があるというのが本当です。

 

 

 

実際に「ハニーブッシュティー(お茶)」を飲んで口コミしてみた!

 

今回「ハニーブッシュ」の口コミリポートをさせていただきました。

 

ハニーブッシュはルイボスティーと同じくらい、美容と健康をサポートするハーブティーです。

 

 

しかし、原産地がルイボスティーと同じなためルイボスティーの仲間と思われていますが、 じつは全く別の植物からとれた全く別の飲み物です。

 

では、いったいどんな風味になのでしょうか?

 

 

ハーブの香りはルイボスティーのような中国茶っぽい香りに、酸っぱい香りが加えられて様な印象です。

 

 

蜂蜜(ハチミツ)のような香りと言われていますが、個人的には中国茶っぽい感想ですね。

ハニーブッシュは日本には比較的最近輸入されたものですが、アフリカでは19世紀初旬から、風邪の治療薬として重宝されてきました。

 

また、抗ウィルス、抗酸化 キサントンによって、ウィルスにも抵抗力を持った体を作ります。

 

 

体が酸化していくことも防ぎます。

 

体の中の毒素を排除する力も持てるようになります

 

 

 

お湯を注ぐと、フワフワ~~っと酸っぱい香りと中国茶のような香りが、広がっていきますね。

 

ちょっと漢方のような香りも感じられますが、けっして不快な香りではありません。

 

 

女性が飲用すれば、月経の周期を整える 植物性エストロゲンによって正常な月経周期になるような身体になっていくでしょう。

 

同時に骨粗しょう症の予防にもなります。

 

 

ハーブティーとして飲用すると、ドライハーブの時の香りと変わらないですね。

 

強いていうなら、酸っぱい香りもありますし、どことなくフローラルな風味もあるかな。

 

 

でも、ハチミツのような甘い香りと言われていますが、「紅茶と中国茶」の中間のような香りです。

 

 

どことなく、ほんのりと漢方のような風味もありますかね。

 

 

 

感想は?「ハニーブッシュティー(茶)」飲んでみた口コミ~まとめ

今回「ハニーブッシュ」の口コミリポートをさせていただきました。

 

風味に関しては、「蜂蜜(ハチミツ)のような甘い香り」と言われることが、多いです。

 

しかし、個人的には蜂蜜(ハチミツ)のような香りは全く感じられませんでした。

 

どことなく酸味のある紅茶っぽいので飲みにくいハーブティーではないかな?

 

ノンカフェインなので、 一日中いつでもお好きな時に飲めて、 就寝前もおすすめです。

 

 

あと、妊娠中やお子様にも飲まれているそうですよ。

 

 

 

寝る前でも安心できるハニーブッシュの飲み方とは!?

ハニーブッシュはノンカフェインドリンクのため、睡眠前に飲んでも大丈夫。

 

カフェイン飲料を飲むことで目が醒めてしまう…

 

という事もないのでゆっくりと深い眠りに向かうことが可能だと考えます。

 

 

また、上記のようにタンニンも少ないからお子様達と一緒に飲用したり、妊婦さんがほっと一息つきたいという場合にも一押しです。

 

味もすっかりとして飲みやすいので熱いので口に入れても良し、アイスで摂取しても良しのハニーブッシュ。

 

 

レモンも入れてレモンティーのようにして口にしても良いですし、牛乳を入れて摂取するなど楽しみ方は千差万別。

 

 

夏のシーズンであれば冷やしてアイスティーとしてご賞味頂いても良いでしょう。

 

自分の飲み易いように味や環境を整え、より楽しくハニーブッシュを採用していきましょう。

 

 

 

知ろう!ハニーブッシュティーはルイボスティーとは違う

よくルイボスティーの類では?

 

と考えられるハニーブッシュですが、本当のところ全くの別のもの。

 

 

ハニーブッシュもルイボスと変わらず南アフリカ原産の植物。

 

ですが、フィンボスと呼称される植生地域で自然に生えている植物の事で、”サイクロピア“という学名がついています。

 

 

ハニーブッシュは、そのフィンボスで生育するサイクロピア種だろうともトップクラスのグレードである”インターメディア種”を収穫。

 

花や茎、葉っぱを細部にわたってして乾燥、発酵に結び付ける事によって茶葉の色はダークブラウンへと変化させます。

 

結果としてハニーブッシュオリジナル性の高い甘い香りも発生するのです。

 

ハニーブッシュの香りはテンピノールやゲロニオールに加えて芳香成分を一緒にしております。

 

その言葉の出所にもあるようなはちみつのようでそしてバラのような香しさがしていると言います。

 

 

成分としてもノンカフェインで低タンニンと、妊婦さんは当然の事乳児からご年配の方、あらゆる年代的の方が安堵して飲めるお茶です。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたにオススメのハーブティーや紅茶はコレかも!?こちらをチェックして自分だけのお茶を見つけよう

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?