ルイボスティーでタバコを禁煙しよう!活性酸素の除去がカギになる?


この記事は4 分で簡単に読めます



禁煙による運動が推奨されていますが、まだ喫煙者(愛煙家)はたくさんございます。

 

そして禁煙したいけど必然的にタバコ(喫煙)がやめられずに頭を抱えている人も多くいます。

 

「禁煙に挑んでいるが何度も負けているという人」も多く、タバコの禁煙はとても困難であるというデータがあります。

 

さらに禁煙がうまく行っても「ニキチン」の摂取欲求は収まるということはありません。

 

そこで禁煙に方法としてルイボスティーに人気が集中しています。

 

 

 

まず知ろう!タバコ(喫煙)による禁断症状って何なの?

タバコの禁煙の際立ったウイークポイントが、ニコチンによる服用欲求です。

 

これはとっても厄介で禁煙に成功した人でも時々傷つけられる症状です。

 

そして、主な悪い所として「手の震え、貧乏ゆすり、体の震え」などの悪い点が伴います。

 

これに耐えかねて再びタバコを口にしてしまう人も多いのが真実としてあります。

 

タバコ(喫煙)は、感染防御力向上や美肌を支援する「ビタミンC」が崩壊することが注目を集めています。

 

 

特にヘビースモーカーであるほど、その分ビタミンCが破壊されて「風邪症候群症状、ニキビ、肌荒れ、カサカサ肌」に大変な目に会わされます。

 

 

さらに習慣的なタバコの喫煙生活は悪玉活性酸素が発症する原因とも思われています。

 

タバコの喫煙は、こちらの原因が肌の代謝を遅らせて「面皰、吹き出物、肌のカサつき」など、肌荒れの深刻化に結び付きます。

 

 

また、煙草の禁煙で成果が出たルイボスティー愛飲者の口コミレビューを見ると「禁煙してから肌がクリアーになった」との報告も多く届けられます。

 

 

 

怖すぎる!タバコを吸うと肌が汚くなりニキビの原因にも

ひとつの例として「煙草を吸う人」は「吸っていない人」と見比べてみてニキビ肌であったり、顔の血色(色味)が劣悪だったりします。

 

特に、女の人にとって肌の問題(肌トラブル、ニキビ、湿疹、乾燥肌)が美容の天敵です。

 

 

なによりメイクをしなければならない女の人にとって、ただでさえ肌に負担(マイナスに作用して)をかけています。

 

また、タバコ(喫煙)が元になる血管の収縮が引き起こります。

 

 

実は喫煙習慣は悪玉活性酸素の大量発生と深い繋がりにあり、この「悪玉活性酸素」は癌に見舞われる原因にも。

 

これは肌の劣悪化を招くだけでなく、タバコ(喫煙の習慣)する人の癌(ガン)が出現するリスクを各段に上げます。

 

 

 

ルイボスティーが禁煙方法に推奨(オススメ)される理由

タバコ(煙草)による喫煙もアルコールによる飲酒も気にされているのが、その習慣性なのだということは知っているでしょうか?

 

 

また、禁煙に痛い目に会う事例として中毒症状によるストレスが原因と聞いています。

 

 

ストレスは「悪玉活性酸素」が発症する容易にに繋がるという泥沼状態です。

 

しかし、ルイボスティーを体内に入れることで悪玉活性酸素を除去につながり、禁断症状によりけりストレスの悪影響を向上させることができます。

 

 

結果として、タバコの愛用(煙草)による喫煙の習慣性を断つことができると知識人に言われ、ルイボスティー医学でもオススメされています。

 

 

ルイボスティーでタバコ(煙草)の禁煙に成功した実例とは?

ルイボスティーの禁煙体験談:その①

大学時代からタバコがやめられず、幾度となく禁煙に取り組んできました。

 

でも、結局のところことごとく失敗しましたが・・・

 

ルイボスティーを飲むことになりから少しづつ煙草の本数が減り、半年後にはタバコの禁煙が期待できるようになってきました。

ルイボスティーの禁煙体験談:その②

毎日タバコを吸っていました。

 

妻が美容のためにルイボスティーを飲みなれていました。

 

私もルイボスティーを飲むようになってから何となく減っていき、気づいた時にはタバコが必要じゃなくなった

ルイボスティーの禁煙体験談:その③

ルイボスティーでタバコの本数が少なくなっていき禁煙に成果を挙げることができた。

 

なにより、タバコをやめるようになってから、食事が味が良いですし。

 

ルイボスティーのおかげで、日々の生活が180度変わりましたね。

 

おかげで、ご飯もおいしく食べれているのを感じます。

ルイボスティーの禁煙体験談:その④

常日頃からルイボスティーを飲むようにしました。

 

1カ月に喫煙しいた煙草の本数が大きく様変わりしていきました。

 

私は1日に30本くらいタバコを吸ってしまうヘビースモーカーでした。

 

ルイボスティーのおかげで、支障なくタバコを禁煙に成功できました。

 

 

 

どうでしたか?

 

悪玉活性酸素とニコチンの関係がわかりましたよね。

 

では次にこの悪玉活性酸素の恐怖についてしっていきましょう。

 

またルイボスティーの効果はこれだけじゃありません。

 

 

 

細胞を腐らせる悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)

悪玉菌である「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)」は強い毒性を持つ攻撃的な物質です。

 

これが細胞を酸化させることで「免疫機能の低下を招く」とも定義されています。

 

また、ルイボスティーに関する医学によると、この悪玉菌(悪玉活性酸素)はすべての病気の9割の原因でもあるという専門家もほど、問題にされています。

 

 

スーパーオキシドラジカル(SOD酵素)とヒドロキシルラジカル(悪玉活性酸素)の酸化力を対比させてみると、後者の物質が1000以上も酸化力があります。

 

しかし、活性酸素には善玉もあります。

 

この「善玉活性酸素」はみなさんの日常に絶対不可欠な物質で活性酸素を減少すると、ミトコンドリアの質を正常化する機能が消失してしまいます。

 

他にも、精子を作成したり、血管を丈夫にしたり、神経の機能にも善玉活性酸素は必要となります。

 

 

 

果物でさえ「悪玉活性酸素」の悪影響を受けることに!

悪玉活性酸素は細胞を酸化する力の強い酸素です。

 

 

実際の例を挙げてみますとリンゴなどの果物(フルーツ)を切ると表面がどんどん茶色く酸化反応を引き起こしていきます。

 

 

私たちで言うと呼吸と一緒で取り込んだ酸素によって細胞が酸化しますが、日々新しく細胞が作られます。

 

ですが、取り込んだ酸素のうち2%は体内で悪玉活性酸素に陥ってしまいます。

 

 

 

悪玉活性酸素を除去物質「ビタミンC」の恐い落とし穴

活性酸素を取り除く作用を「抗酸化作用」と言い、この成分を「抗酸化物質」と呼んでいるのです。

 

例えば「ゆず(柚子)、パセリ、レモン、ローズヒップ、グレープフルーツ」に数えられるビタミンCが人気を博すようになりました。

 

 

また、食品の原材料ラベルに「酸化防止剤(ビタミンC)」と表記されています。

 

これもビタミンCの抗酸化作用に伴うものですが、これには実は仕掛けがあります。

 

 

ビタミンCには身体を手伝う「善玉活性酸素」まで襲撃するという欠点もあげられます。

 

ちなみに善玉活性酸素は外部より潜り込んだ「細菌、カビ、微生物」等を殺菌する役割を持ち、免疫力にも影響を受ける必要な物質です。

 

 

そこで注目を集めるのがルイボスティー飲料です。

 

 

SOD様酵素は体内の悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル、ペルオキシナイトライト)のみを取り除くというプロセスを持ちます。

 

 

また、細胞の老化を防いでフレッシュな肌を保つとして特に女性の人を中心に美容分野で人気です。

 

 

 

刻一刻と迫る恐怖!悪玉活性酸が老化を早める諸悪の根源

上記で解説したように、活性酸素は悪いもののみならず、老化に深く影響を及ぼしているのは、細胞を酸化させる攻撃的な物質「悪玉活性酸素」です。

 

悪玉活性酸素が体の内側に増えすぎると適正な細胞や遺伝子にまで襲撃して細胞の機能を低下させます。

 

これが「老化、癌、動脈硬化、脳卒中、糖尿病」などの病気が生じる原因ともなるのです。

 

しかし、SOD様酵素は体内に入るとこの悪玉活性酸素と結合し、身体内から放出されていきます。

 

 

 

実は、危険な悪玉活性酸素の発生するタイミングとは?

私たちの健康にダメージをもたらすのが、病気の諸悪の根源とも発表されている悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)です。

 

逆を言えば、この脅威から身を守ることが、健康のキープにもつながります。

 

では、悪玉活性酸素は一体どのようなタイミングで発生するのでしょうか?

 

悪玉活性酸素が発生するタイミング一覧
激しい運動やスポーツなどの急激な体力消耗によって、体内に疲労が蓄積するタイミング
UVが肌(皮膚)に当たることによって、直射日光からの悪影響を防ぐためメラニン色素を生成するタイミング
排ガスの多い環境、副流煙などの空気の悪いところに行ったことによる急速的環境変化によるタイミング
睡眠不足(不眠症、睡眠障害)により全く疲労がとれずにおり、メンタル的及び肉体的疲労が味わったときのタイミング
喫煙(タバコ)や飲酒(アルコール)を口に入れた際に、体内に有害物質が潜り込んだときのタイミング
更年期障害や生理症状、PMS症状などによって、イライラ感やストレスなどによる精神疲労が積んだタイミング

 

 

どうでしたか?

 

このように様々な場面で悪玉活性酸素は発生しています。

 

そして刻一刻と私たちの体を蝕んでいます。

 

では次に悪玉活性酸素と善玉活性酸素の違いを知っていきましょう。

 

 

 

知ろう!「悪玉と善玉」活性酸素の役割の違いとは?

ここで認識しなければならないのが、活性酸素には「善玉と悪玉」があり、善玉は免疫力向上など生活に絶対不可欠な物質です。

 

 

一方で悪玉活性酸素は老化を速めたり、免疫機能を深刻化させます。

 

 

つまり、悪玉活性酸素のみ除去してなければなりません

 

ルイボスティーによって体内の悪玉活性酸素のみを取り除きます。

 

 

普段から常日頃からルイボスティーを体に取り入れることで健康でキレイな身体を維持できます。

 

 

 

悪玉活性酸素の対策にルイボスティーが推奨される理由

ルイボスティーには体内の善玉活性酸素を残し、悪玉活性酸素だけを根絶させる役目を担ってくれます

 

そして善玉活性酸素を体内に増加させることにより、体内のミトコンドリアの賦活化にもつながります。

 

 

ミトコンドリアが多いと悪玉活性酸素によるマイナスに作用してから身をまもり、体のシステムが良く働き、悪玉活性酸素が低減していく仕組みです。

 

 

「ご飯をせっかちに食べたり(早食い)、無酸素運動」は体内のミトコンドリアが頑張り過ぎてしまい、悪玉活性酸素が発症することが多くなります。

 

 

また「酒の飲みすぎやタバコ、睡眠不足。 安定しない生活、ストレス」は悪玉活性酸素を多く引き起こす要因になります。

 

 

他にも悪玉活性酸素は生活スタイルで発生しますが「ストレス・飲酒・激しい運動・喫煙」によって通常以上にたくさんの活性酸素が生じることで、これらが「悪玉活性酸素」になります。

 

 

 

ルイボスティーでタバコを禁煙してみよう!~まとめ

タバコの原因として習慣性があげられています。

 

しかし、その習慣性を断つカギとしてルイボスティーがアップしております。

 

またルイボスティーの飲用によって禁煙が成し遂げた事例もいくつも存在するでしょう。

 

なのでどこにでもあるルイボスティーの飲用による「習慣性」が、喫煙生活による「習慣性」を立てるのではないか?

 

と評判です。

 

ですがルイボスティーはその人気ゆえに、インチキ商品が多く並んでいるのも社会でで、取り込む際は、しっかりと確認することが大切だと考えます。

 

現在、ルイボスティー(SOD様酵素)に関する研究は進行中です。

 

また報告によるとこれからより「医療、美容、美肌、健康」などに結果を出せると評判です。

 

 

現段階では「若さのキープ、難病治療、美肌(ニキビ、肌の問題、吹き出物)」に力を見せてくれますが、これから難病治療にも戦力として働くでしょう。

 

 

なので、常日頃よりルイボスティーを愛飲するのが、美容と健康を手助けする一番近道な方法ではないでしょうか?

 

 

また、ひとえに活性酸素と言われていますが、活性酸素には善玉ち悪玉の2種類存在しており、老化や病気の原因である物質はこの「悪玉活性酸素」と言わけです。

 

 

ビタミンCなどの抗酸化物質は悪玉活性酸素だけでなく、善玉活性酸素も除去してしまいますが、ルイボスティー(SOD様酵素)は「悪玉」のみを取り去ってくれます。

 

 

なので、今からはルイボスティーがみなさんの生活をサポートする主流のドリンクになるかもしれませんね?

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?