水素水を飲むと痛風の症状改善と予防方法に!簡単にお酒を断つことも


この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。





特に男性のみなさんで痛風にお悩みの方はとても多くいます。

 

 

一般的に痛風の元凶として「飲酒(アルコール摂取)」が原因だと評されています。

 

 

確かに、これは間違いではありません!

 

 

症状を酷くさせる物質も存在しており、その「痛風を悪化させる物質と水素水」が深いコネクションがあります。

 

それが悪玉活性酸素と言われる攻撃性の高い重さのある物体で、細胞や遺伝子を傷付けて酸化させます。

 

 

また呼吸によって「酸素」を含有すると、2%は悪玉活性酸素に置き換えされますが、微量であれば体内で除外できます。

 

しかしイライラ感やお酒の生活習慣でも増大し、痛風を劣化させる悪玉活性酸素を急増。

 

そして抗酸化作用が手遅れであると、体中の細胞がサビて、痛風を生じさせます。

 

 

 

男性に多い「痛風」を改善する尿酸値低下の3つの方法

抗酸化力のある水素水を、常日頃から飲むことで悪玉活性酸素を無害な水に変えるとのことです。

 

そして水素水により無害になった水は排尿や呼吸により体外に放出されます。

 

 

一般的に痛風の症状改善や予防は、医薬品の摂取でも改良されますが、医薬品は腎臓の負担になり、過剰服用はご注意ください。

 

 

また痛風が乱されると腎臓に負担が加わり、腎臓病も招くので適切な治療が大切で、痛風改善には尿酸値を減少が大事です。

 

ちなみに、痛風は食べ物に含まれるプリン体を摂取の異常に摂取しにより、尿酸値が増加し発症しますが、改善方法はあると思いますか?

 

 

そこで尿酸値を下げる3つの方法として、次の方法があげられます。

 

 

尿酸値を下げて痛風の症状改善する3つの方法とは?

:「水素水を日頃から愛飲」

水素水で悪玉活性酸素を消除することで、血液のサラサラをサポート。

これによって、体内の血液循環(循環)を促すことで、ターンオーバーも向上させる。

:「アルコールの摂取を控える」

ビールなどのお酒(アルコール)を継続的に控えることで、体内の糖分に歯止めをかける。

また、アルコール依存症のケースでは水素水で「水割り」をする。

:「日常的に抗酸化物質を取り入れる」

日本の水素医学で「病の諸悪の根源」とも考えられている悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)を根絶する。

そこでこの悪玉活性酸素を除去する一番の物質が水素分子だと言われています。

 

 

どうでしたか?

 

このように痛風を予防する方法はいくつかあるのがわかりますよね。

 

もっとも簡単なのが水素水の摂取であり、多くの人が実践しています。

 

 

 

 

 

水素水を飲用することで痛風の症状(尿路結石)を改善

尿路結石は、痛風患者の約30~40%の人に見受けられる症状なのは心得ているでしょうか?

 

尿管に結晶が貯蓄できることで、側腹部から下腹部にかけて、とっても激しい痛みを覚えます。

 

また、40%に再発症状がみられ、入念に予防が大切。

 

尿路結石の原因として「酸性尿がでる」「尿量の低下」などの症状が存在するでしょうが、これらは水素水で改善がみられます。

 

水素水は、酸性尿の元凶となっている脂肪や糖分を抑止する働きがあり、水分不足の理由によりある尿量の低下も防衛してくれます。

 

つまり、尿路結石の防止も可能。

 

追究では糖尿病や脂肪、糖質(AGE)の抑制結果も。

 

また、糖尿病及び太っている人症候群患者の腎機能障害の治療をお手伝いすることになります。

 

 

 

水素水が「痛風」の症状改善にオススメされる理由とは?

水素以外の抗酸化物質は「ビタミンC・コエンザイムQ10、ポリフェノール」が見られます。

 

 

しかし、水素にはビタミンCの176倍の還元力が!

 

 

還元力とは、悪玉活性酸素を無害化させる働きで、これを少なくする抗酸化物質は大量です。

 

 

特に、水素水は他の抗酸化物質を上回る還元力を保有します。

 

また、水素水は凄まじい還元力で体の余すところなく届け、「痛風」の原因である悪玉活性酸素を掃除します。

 

 

 

病気を治そう!水素水でお酒やアルコール依存症状の治療

お酒の席などで「飲酒(アルコールを摂取)」する人は結構見られます。

 

世の中も変わってアルコール依存症による患者が年々増大し続けていることも事実です。

 

そしてアルコール依存症をテーマにした問題として、その習慣性にあると医学に関する研究によって記されています。

 

そこで水素水がその原因を断つキーポイントになるとして話題をさらっています。

 

あなたもご存じのように喫煙の習慣にしても、飲酒にしても一番の悪影響を及ぼすのはその習慣性ではないかと考えます。

 

すなわち

「吸わないと落ち着かない、調子が出ない気がする」

「お酒(アルコール)を呑まないともったいない」

「1日がリラックスできて終われない」

 

といったメンタル的な状態に追いつめられると専門家に思われています。

 

この習慣性は日頃から水素水を愛飲することで改善されていくと口コミでも評判です。

 

 

本当はとっても怖い!お酒(アルコール)の招く二次災害

「喫煙、飲酒」の習慣性は、常日頃に大きな障害がもたらされると考えらており、近しい事例においては「二日酔い」です。

 

水素水は二日酔いを防止に効果が期待でき、これはお酒を飲み過ぎたケースで起こる脂肪肝を防ぎ、肝細胞を保護すると記されています。

 

 

もっと重篤化すると「お酒を習慣的に飲む人」は度を越したアルコール依存症につながる危険を伴います。

 

つまり「タバコを常日頃から吸う人」は肺がんやCOPD(慢性閉塞肺疾患)が起こるリスクと隣合わせです。

 

この習慣性をなくすということは、スケールの大きい社会貢献の第一歩であるかもしれないですね。

 

また、毎日の「晩酌や喫煙の習慣」をなくすだけでなく、ドラッグの問題解決に役立つ危険もゼロではないではないでしょうか。

 

これらのことから水素水には「お酒(アルコール)、タバコ」を体内に入れてまう毎日の習慣性をなくすことです。

 

そして、これらによる二次災害から体を防護する可能性を引き起こすと思います。

 

 

 

お酒(アルコール)と水素水の工夫した飲み方とは!?

継続的にお酒を飲む人は生活に水素水を利用することが医学でオススメされます。

 

そして活性酸素を排除してあげることが水素医学でも推奨されています。

 

例えば、「ウイスキー、焼酎」が好きだという人は水素水で割って飲んでみるという方法があります。

 

このように「水素水で工夫したアルコール摂取方法」を利用することで二日酔いの予防効果もあり、理想的なドリンクとも薦められています。

 

体験談!アルコール依存症を改善した愛飲者の口コミ

水素水の体験談:その1

高濃度水素水を習慣的に飲み続けて1、2週間経ったぐらいから身体が軽くなったように感じたかな?

疲労を感じる事がちょっとずつ無くなっていった。

水素水の体験談:その2

毎日、日課のように飲まずにはいられなかったお酒(アルコール)が、水素水を常日頃から飲むように変わってから禁酒に成功(^_-)-☆

パソコンや読書、運動など意欲的なものに興味がわいてきた

水素水の体験談:その3

お酒を飲まなくちゃ精神的に安定しなくなっていたけど・・・・・

水素水を飲むようになってから少しずつ心が安定していきました(^^♪

気がついた時にはお酒が必要な生活から不安が解消された

水素水の体験談:その4

飲まずにはいられない、吸わずにはいることができないなどの習慣性が!!!!

でも水素水を飲むことで案外あっさりクリアできてしまった。

また、晩酌をしなくても夜は案外簡単に就寝出来るようになりました。

 

 

上記が水素水への口コミになっています。

 

どうでしたか?

 

このように口コミでも評判なようですね。

 

あなたも興味があれば、ぜひ水素水を愛飲してみるのも良いと思います。

 

 

 

水素水で「お酒・アルコール依存症状」の治療~まとめ

普段お酒を飲むタイミングが多い人は特にアルコールによる「二日酔い」などは、意識しておきたいところですね。

 

しかし、アルコールを過剰摂取してしまったら、「二日酔い」だけでなく、肝臓を痛めてしまう可能性も考えられます。

 

水素水にはこれらの症状を治癒するだけでなく、アルコール依存症の治療にも効果があると言われています。

 

機会があれば、一度アルコール依存の治療に水素水を採用してみてはどうでしょう?

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。