疲れに効果なし?水素水で活性酸素を除去して慢性的疲労を回復

目次一覧


この記事は7 分で簡単に読めます



私たちが日々、ストックしてしまうのが「疲労」です。

 

 

それは「身体的な」とイライラ感や憂鬱による「心理的」の2種類の「疲労」を持っている危険な症状です。

 

疲労が体内に蓄積すると「免疫力の低下、臓器機能の低下、ストレス症状、ホルモンバランスの乱れ」などの症状を起こします。

 

 

この事態に人は休んだりして疲労回復を心がけますが、実際的に心の洗濯する適切な方法はあるのでしょうか?

 

近年、水素原子には慢性的な疲労回復効果があり、取り扱われているのが水素水飲料です。

 

 

 

危険なことも!慢性的な疲労の原因を作る物質とは?

疲労の原因は「乳酸」だと思われていました。

 

肉体的運動することで体内で分解しきれなかった糖の一部が乳酸に変化し、筋肉の回復を遅らせます。

 

そして、乳酸が血中に放出されて脳に移動すると、脳に疲労を告げ知らせるシグナルとなり、脳の疲労物質にも。

 

しかし、疲労の原因はこれだけでなく、活性酸素も原因だと、日本水素医学でも掲示されています。

 

 

 

疲労は日常的に蓄積しています!原因となる物質とは?

わたしたちが生きる為に主要なエネルギーを生成するのは細胞内のミトコンドリアです。

 

しかし、呼吸によって体内に取り入れた酸素を利用して、エネルギーと同時に悪玉活性酸素を作りだします。

 

普通なら、本来備わる抗酸化作用によって悪玉活性酸素は除去します。

 

ですが老化などすることでこの作用が劣化していき、酷く疲れていきます。

 

これが「年を取ると疲れやすくなる」という由縁の一つでもあります。

 

 

 

怖い!疲労の原因である悪玉活性酸素による悪影響とは?

抗酸化作用よりも体内に蓄積する悪玉活性酸素が一定量超過したら、細胞組織を破損させます。

 

さらにエネルギーの生成に携わる機能を持っているミトコンドリア機能も減退します。

 

 

このように、駆除しきれない悪玉活性酸素が溜まった酸化ストレス状態が疲労の原因との報告も。

 

 

これが、免疫力の低下や臓器機能の低下も招くというのが一般的です。

 

 

 

すごい!水素水の慢性的疲労を回復するメカニズムとは?

疲労の原因とになる活性酸素の中に「ヒドロキシルラジカルとペルオキシナイトライト」が存在します。

 

これは強い酸化力を持ち、細胞を酸化させトータルな身体の反応に衰退させます。

 

 

そこで活性酸素を効率的に取り除けるオンリーワンの物質が水素分子です。

 

非常に優れた抗酸化作用を保持する水素分子は、酸化力の強い活性酸素を除去し、長い間続く疲労が蓄積するのメカニズムを防ぎます。

 

 

悪玉活性酸素による、酸化ストレスを適正化して疲労をストックしない体質になる物質として水素分子がオススメです。

 

 

 

慢性的な疲労の回復に水素水がオススメされる理由とは?

抗酸化物質としてビタミンCやコエンザイムQ10もあります。

 

特に水素分子には、抗酸化作用だけでなく、細胞の隅々(脳や血管にも)に侵入した活性酸素を取り除きます。

 

これが、水素水が疲労回復にオススメされる理由です。

 

 

さらにビタミンCやコエンザイムQ10は善玉活性酸素も除去しまいますが、水素水は悪玉活性酸素のみを取り除きます。

 

 

 

飲めばOK!水素水が慢性的な疲労の原因を無毒化とは?

疲労の原因を除去するプロセスは水素が細胞を衰退する悪玉活性酸素と融合します。

 

そして体内で水(H2O)に作り変えて体外に排出さえ、エネルギーの代謝をお手伝いします。

 

また、水素水を飲むと疲労の大元となっている悪玉活性酸素を毒抜きします。

 

さらには代謝機能も向上し疲労回復もより効果を見せてくれます。

 

 

 

水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防してくれる!

水素水医学(論文)で、病気の9割に罹患する原因に言われる「活性酸素」の発生する理由にストレスが存在しています。

 

現代社会にとってストレスを抱えずに暮らしていける人はいないでしょう。

 

また、イライラ感は重大な病気である、「ガンや脳梗塞」を引き起こす背景にもなります。

 

なので将来に向けて水素水の効果を利用し、活性酸素を根絶させることが推奨されています。

 

常日頃から時間に追われて、睡眠時間も削って、アクティブに働くような生活に取り組んでいると、体はどんどん錆びて免疫機能低下や肌の劣悪化に陥ります。

 

これは、常日頃の忙しさからストレスが溜まります。

 

それを用いて体内で発生する「悪玉活性酸素」活動量が繁殖することが要因の一つと言われています。

 

さらに、ストレスによる疲労が溜まるほど、「悪玉活性酸素」を除去する力がダウンするそうです。

 

 

 

ストレスの副産物「悪玉活性酸素」は切り離せない関係?

人間をはじめ、世界中の多くの生物は酸素を組み入れてエネルギーを発生させています。

 

しかし、自分達が生活で酸素(O)を呼吸などによって活用している以上、身体内で「悪玉活性酸素」という物質が約2%ほど生じます。

 

長い年月、この悪玉活性酸素の害を受けていると、細胞や組織が酸化され(さび)てしまいます。

 

なので常日頃から水素水を飲用し悪玉活性酸素を除去し継続することが、これらの症状から脱出する理想的な方法であったりします。

 

 

 

水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防します。

人間は「心理、肉体」に不快な状態が、続くと副賢皮質からコルチゾーンという一種のストレスホルモンが生み出されると細胞の劣化や血の流れを妨げる悪玉活性酸素に陥ります。

 

さらに、血管を収縮し血圧を急上昇すると同時に血糖値も上向かせてしまいます。

 

血圧の上昇は「酸素の運搬」、そして血糖値の上昇は「糖分の運搬」に繋がりがあります。

 

結局のところ、血圧と血糖値の上昇は、人間のエネルギー源となる酸素と糖分が物凄い勢いで身体に運搬されることを表しています。

 

そういったものが病気や老化につながる主因になると考えられます。

 

老化の速度を遅らせ、病気を食い止めたり進行に歯止めをかけるには、悪玉活性酸素を増やさない日頃の生活を心がけることが必要です。

 

その悪玉活性酸素を除去する物質として水素分子が推奨されています。

 

 

 

実は危険!ストレスホルモンが発生してしまうと!?

人間は、内面的にも肉体的にも不快な状態が継続していくと、副官皮質からコルチゾーン(ストレスホルモン)が分泌されます。

 

 

これによって血管が圧縮され「血圧」が上昇し、同時に「血糖値」も引き上げられてしまいます。

 

 

「血圧」の上昇は酸素の供与に、「血糖値」に上昇は糖分の供給に深い関連性があります。

 

 

この二つの上昇は、エネルギー源となる酸素と糖分が物凄い勢いで体の全身に供給されることを指し、水素水はこの原因を一から取り除きます。

 

 

 

恐ろしい「ストレス症状」が発生するメカニズムとは?

あなたの身体はストレス症状に襲われると、それを改善しようと臨戦態勢になり、これは激しい運動をしたとき同じ様に変わります。

 

そして、激しい運動を行うと、身体は疲労感が現れます。

 

すると酸欠状態に陥り、身体は急激に酸素を摂取しようしてしまい、いっそう悪玉活性酸素が体内で引き起こされます。

 

これにより、血圧が上向きになると一時的に血液の流れが速度を増して血管が収縮し、すぐに酸素欠陥に結び付いて「酸欠状態」になります。

 

またストレス症によって悪玉活性酸素も体内で発生させやすくなってしまうので、より自体は重症化していき、出口の見えない状態に陥ります。

 

 

 

ストレスは悪玉活性酸素が好む状況を作るので要注意!

ストレスホルモンは腹立たしい状態を改善しようと臨戦態勢に位置します。

 

これが長く続くと、寧ろ体は緊迫状態をほぐそうとします。

 

そうなると、酸素を必要とされている状態(体内の酸欠状態)から酸素が膨大な状態へと急激になってくるのです。

 

これがよりより一層の悪玉活性酸素が好む環境を作ります。

 

 

悪玉活性酸素を増やす原因は多くあげられています。

 

例えば下記です。

不均衡な食生活の乱れ

タバコや大量の飲酒

過激なスポーツ

太陽光に含まれる紫外線

 

このように、さまざまな根本原因があります。

 

しかし、それだけではなくストレスもキーポイントとなる要因のひとつ。

 

ストレスで引き起こされる悪影響は代表的なメカニズムには、以下のようなものがあります。

 

ストレス症状が招く4つの悪影響

ストレスを受けると、ストレスに応戦する「副腎皮質ホルモン」が生み出される。

この分泌と分解の過程で、活性酸素が生じる。

継続的に感じているストレスは、「抗酸化ビタミン」ともいわれるビタミンCを大量に支出。

このことで「免疫力低下、疲労蓄積」など様々なマイナスに作用します。

緊張が続くと血管が縮まり、瞬間的に血流が邪魔をされる。

そうして、血管が拡張したときに、血液が激しく流れると、大量の悪玉活性酸素が発現する。

ストレスがあると高血糖になりやすい。

この状態も、悪玉活性酸素が増える一因で、常日頃から影響を齎してしまう誘因になります。

 

どうでしたか?

 

このようにストレスは様々な悪影響を及ぼしてしまします。

 

そこで、ストレス症状の対策として水素水がオススメされているのです。

 

ではもっと詳しく見ていきましょう。

 

 

 

水素水がストレス症に推奨される優れた理由とは?

ストレスは悪玉活性酸素を発生にとどまらず、抵抗する力低下にもつながり、病魔に冒される可能性を高めます。

 

とある実験で、一定期間狭い所に監禁し、ストレスを与えたマウスに水素水をあげると、落ち込んでしまった記憶力は見事に向上したそうです。

 

 

このようにストレスと悪玉活性酸素は濃密に関係し、これは人間に一つもメリットもありません。

 

重く見られる症状ではないと思いますが、これが蓄積されていくと「肌荒れ、免疫力低下」などのトラブルに結び付いてきてしまいます。

 

 

他にもストレスは気付いていないうちに感じ、それによる悪玉活性酸素も一緒に発生し、「不眠症、下痢、胃痛、腹痛」など多くの症状に巻き込まれることもあります。

 

 

なので、日頃から水素水を飲用し、悪玉活性酸素を根絶することは健康へのどこにも負けない近道となるでしょう。

 

また近年、長期的な肩こりに悩む方が増加しています。

 

実際的な症状として下記のようなことがあります。

 

「肩が石のように固まる」

「肩の上に重い荷物が乗っかるような感じ」

 

これらの症状が見られます。

 

「しんどい肩こり」がマッサージでも解消しない人は、根本からじっくりと肩こりのもとを解消するのは必要です。

 

水素水には肩こりの根本的な原因を取り除く効果が注目されています。

 

 

 

今では、「肩こり」は誰もが悩むポピュラーな国民病?

「日々のパソコン仕事(デスクワーク)」

 

「家事労働と休日は子供をずっと抱っこして肩に重苦しい感じ」

 

など方ころはの原因は日々あり、また数多くの人が肩こりに困惑しています。

 

さらに重症化すれば頭痛や眩暈などの症状も発生させます。

 

つまり肩こりはすでに国民病としても言い過ぎではないほどの病です。

 

 

 

肩こりの主な原因は「疲労物質の蓄積」によるもの!?

人間の身体は首や腰に負担が加わりやすく、とくに肩は腕や重い頭を支持しているので、常に筋肉が緊張している状態に。

 

この筋肉の緊張状態が続くと、「疲労物質」が溜まり、血管を圧迫して血流の流れが酷くなります。

 

 

血管が圧迫されると酸素や栄養成分が供給されず、肩こりに結び付きます。

 

これが重篤化すると蓄積された疲労物質により、末梢神経が傷つけられて炎症を起こて「肩のしびれや、強い痛み」に繋がります。

 

 

 

肩こりの「痛み、腫れ(炎症)」を広げる物質とは?

肩こり「痛み、腫れ」などの物質は筋肉の炎症によって生み出すと考えられるのはご存知でしょうか?

 

 

以前は、疲労によって蓄積する「乳酸」によるものだと理解されていてました。

 

近年の検証で「悪玉活性酸素」が炎症を広げるという報告を見い出すことができた。

 

その論文には「肩こりの痛みや腫れの要因となるのは乳酸だが、炎症を重症化するのでは悪玉活性酸素である」とも指摘されています。

 

 

 

肩こりを悪化させる「悪玉活性酸素」の発生原因とは!?

水素水の「肩こり、筋肉痛」解消(緩和)効果とは 呼吸で口に入れた約2パーセントの酸素は活性酸素に。

 

微量であれば構わないのですが、蓄えられると悪玉活性酸素へと変化して、これは「ストレスや、お酒、たばこ」でも増加。

 

10代~20代の頃は、悪玉活性酸素に張り合う抗酸化物質が行動的に作用します。

 

しかし、加齢に伴い抗酸化作用が衰え、活性酸素が年々蓄えられると老化が進み、「若返りの水」と呼称される水素水は悪玉活性酸素を還元します。

 

 

 

ミトコンドリアが「肩こり、筋肉痛」解消のカギ!?

水素水はエネルギー回復を担うミトコンドリアを増やす効果があります。

 

このミトコンドリアの減少も「疲労物質の蓄積」に直結します。

 

水素水の性質こそが「肩こり」の改善に効果が望め、肩こりの元凶になっている「疲労物質」が低減します。

 

 

エネルギー回復を担うミトコンドリアが活発化し、血液循環が好転するため、肩こり解消に役立ちます。

 

 

医学大学の研究によると、水素水を飲むと「血流上昇や血管膨張」が促されるという臨床実験の結果が!

 

つまり「水素水が、肩こりの元凶となっている血液不良改善に効果を発揮するから」という証拠になります。

 

また体内のミトコンドリアの減少に伴う、老化の原因となる悪玉活性酸素が増加も阻止します。

 

 

 

水素水が「肩こり」の改善に期待できる8つの理由とは?

水素水の特性に悪玉活性酸素を還元する高い抗酸化力があげられ、また細胞をサビに結び付ける攻撃性の高い酸化物質です。

 

さらに肌細胞や遺伝子細胞の衰えさせて加齢現象や疾患を招きます。

 

検証では「肩こりは年のせい」の理解は大きな間違いと指摘されています。

 

肩こりに限らず90パーセント以上の老化に陥る原因は「悪玉活性酸素の増加」が元になっております。

 

 

水素水の飲用によって期待できる8つの効果とは?

「血行の促進に」

水素水を体内に入れることで、停滞した血流の正常化することで、血行を促進して、代謝を良化されます。

「肩こり、ダイエットサポートや脂肪の燃焼」をサポートします。

「体内の毒素をキレイに」

血液の潤滑を妨げている活性酸素の除去して、体内の毒素や老廃物をキレイにします。

顔や手足などの浮腫み(むくみ)を解消する効果が期待できます。

「肌を若返らせる」

肌の劣化(老化)や免疫力を低下させるヒドロキシルラジカルを除去します。

そして、「ニキビ、吹き出物」を予防する美肌サポートを良化してくれます。

「疲れた体を回復」

忙しい仕事や人間関係などにて、日ごろから蓄積した疲労を癒してくれます。

このことで、翌日の疲労蓄積体質を改善する効果が見られます。

「ストレスの解消に」

脳の血液の潤滑を手を貸すことによって、ストレス解消(イライラ)緩和や不眠症を改善。

また、知的能力の向上させて「勉強、仕事、睡眠」の効率を良くすることもできます。

「いつまでも健康を維持する」

細胞を劣化(老化)させてしまう、悪玉活性酸素「ヒドロキシルラジカル」を取り除きます。

これが、若さのキープ(エイジレス効果)が若い体をサポートします。

「腰痛の軽減に」

腰痛を改善させる効果があり、体験談でも、中高年を中心に人気です。

また、肩こりなどの筋肉の炎症を鎮静して、疲労回復や肩こり、筋肉痛改善に効果を見せてくれます。

「新陳対象をサポート」

代謝を改善することで、体内の毒素や老廃物の排出を促すしてくれます。

また、体内毒を排出する効果があり身体の内側から美容をサポートする効能が肌の不調を解決します。

 

 

どうでしたか?

 

このように水素水には8つの効果が期待できます。

 

 

しかし水素水を飲むにあたって水素水濃度が非常に大切なんです。

 

 

 

「肩こり・筋肉痛」の改善に期待できる水素濃度とは?

水素水の「肩こり、筋肉痛」解消(緩和)効果とは 水素水は悪性活性酸素による肌細胞への害を鎮静化するので、傷跡も残りにくくします。

 

 

しかし、一般的に言って水素濃度0.7ppm以下の水素水は効き目がありません。

 

 

近頃では水素水サーバーの普及によって自宅でも手軽に高濃度水素水が飲用できます。

 

さらに「水素風呂、ガス吸入」など、楽しむ方法が随所に広がっています。

 

 

 

通販ブログでショップ専門店で推奨される水素水商品とは

いくら水素水が「肩こり・筋肉痛」に効果的であったとしてもすべての水素水が有効なという結果にはなりません。

 

水素分子は非常に小さいので、容器によっては水素が消えてしまい、水素濃度が薄れていってしまっている物もあります。

 

特にペットボトルやアルミ缶容器に含まれている水素水は、水素分子が容器を通過してしまいます。

 

 

なので、一番安全な商品は「水素水サーバー」と言われていますが、アルミパウチ容器など水素の排出を控える容器の水素水商品もあります。

 

 

 

水素水で運動(スポーツ)後に水分補給すれば疲れない!

肌の不調やダイエットサポートなどの女性の美容をサポートし、また口コミでも流行しているのが水素水です。

 

さらに、水素水は美容だけなく、パーキンソン病の治療や癌(ガン)防止などにも寄与しており、医学的にも提唱しているところもあります。

 

近年では、ダイエットに関する運動後(スポーツ)の後に水素水で水分補給することがオススメされています。

 

ダイエットサポートや健康生活の維持として適度な運動や激しいスポーツを利用する人は多数います。

 

確かに、ダイエットサポートや体調管理するために「適度な運動やスポーツ」は医学的な立場からも推奨されています。

 

一方で「体を動かす」ことは、多くのエネルギーを消費または生成することにもなっていくのです。

 

 

現在の研究では運動やスポーツから、体内に悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジラル)が生じてしまうことが指摘されています。

 

 

この悪玉活性酸素には体中の細胞を劣化させて、錆びさせてしまうという負の要因でもあります。

 

 

 

運動やスポーツによって発生する悪玉活性酸素とは!?

体を動かすということは、それ分に要求される「酸素や栄養成分」を活用することになります。

 

 

また、体調管理やダイエットサポートとして「適度な運動やスポーツ」が推奨されています。

 

 

確かに、健康やダイエットサポートに「バランスの良い運動やスポーツ」は大切ですが、必ずしも魅力だけでありません。

 

同時並行で大量のエネルギー消費や生成の過程で多くの悪玉活性酸素が形成されます。

 

 

この悪玉活性酸素があなたの主体である細胞を劣化させることで「疲労蓄積、免疫力低下」などの健康的に害となる要因にもなります。

 

 

美容面でも「ニキビ、シワ、ほうれい線、タルミ」などの肌トラブルを引き起こしてしまい、そこで対策として水素水に注目が集まっています。

 

 

 

運動後の水分補給に水素水がオススメされる理由とは?

水素水で運動(スポーツ)後に水分補給 スポーツや運動などに必要な「酸素やエネルギー」を消費または生み出すと、悪玉活性酸素が発症します。

 

しかし、水素水を水分補給に活用する事によって、水素分子が体に悪影響を及ぼす、原因物質を取り除きます。

 

 

水素は粒子が宇宙で一番細かく、身体全体の隅々まで浸透して全部の悪玉活性酸素を無毒化してキレイにします。

 

また、取り過ぎても体が不必要と感じ取ったら呼吸や利尿などによって体外に排出され、副作用が全くないことのメリットの一つ。

 

 

水素水を利用したスポーツインストラクターの口コミ

ダイエットや健康にはバランスの良いスポーツや運動は絶対に要されますが、同時に肌や体調がなんとなく優れなくなりました。

 

目的のために運動やスポーツをしても、同時に美容や健康が不調に陥るのであれば役に立ちません。

 

そこで、水素水を水分補給として活用して、肌も体もみるみる回復していきました。

 

つまり水素水を水分補給として活用することで、すべての問題が解決できたのです。

以前スポーツインストラクターをされていた記事ではこの様なことを口述していました。

 

つまり、水素水と運動(スポーツ)は最強の取り合わせとも言うことができるということ。

 

水分補給として水素水を用いることにより、すべての問題が解決します。

 

水素水を水分補給として活用して、スポーツや運動によって生じる悪影響を未然い防止出来るといわけです。

 

 

 

水素水で活性酸素を除去して慢性的疲労を回復~まとめ

仕事や家事、子供の世話などで疲労を積み重ねさせていますが、10代~20代の頃は抗酸化力や活性酸素を消除する抗酸化酵素が存在します。

 

 

しかし、30代から加齢現象とともにこの動作が低下し、疲弊を溜めやすくなります。

 

 

これが言い換えれば「加齢現象」という事象ですが、もともと人間は老化ともに疲労回復が遅くなります。

 

 

そこで、水素水は体内の活性酸素と結び付き悪玉活性酸素を無害な水(H2O)に体内で改変して体外に押し出す疲労回復に優秀なドリンクです。

 

なので水素水を愛飲することが、蓄積した疲労を回復するどこにも負けない方法と言う専門家もいます。

 

症状から体を守るベストな物質が水素分子で「水素水、ガス吸入」など多くの飲用法があります。

 

しかし「水素ガス吸引・吸入」は実効性があるですが、「水素ガス」を直接体内に取り入れるため保安性が懸念され、副作用も通達されています。

 

 

普段、家事や仕事に追われる暮らしを送ると知らない間に体に負荷をかけてしまっています。

 

 

また肩こりや筋肉痛なのど「筋肉疲労」と思われる症状は加齢とともに治り辛くなっていきます。

 

 

なので日頃から水素水を摂取することによって美容や健康だけでなく「筋肉疲労」に役に立つ予防も生活において必要。

 

 

そこで、水素水の効能は肩こり(筋肉痛)の改善だけでなく、ニキビや肌の問題も調節します。

 

ニキビや吹き出物、かぶれの多くは炎症によるモノです。

 

こうした肌のトラブルの改善にプラスに働くのが水素水で、時代も変わって女性を中心に美容ドリンクとして愛飲されています。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?