フィーバーフューの副作用と安全な摂取量(飲み方)をすべて解説!

この記事は5 分で簡単に読めます



 

フィーバーフューは天然のハーブとして以前から評価を集めている植物です。

 

植物由来であるのなら安全に見られがちですが、現実的に悪いところはないのでしょうか?

 

では、フィーバーフューの副作用について見ておきましょう

 

 

 

あなたは大丈夫?フィーバーフューの副作用をすべて解説

「キク科の植物アレルギーによる副作用」

 

フィーバーフューはキク科の植物です。

 

キク科の植物として、ブタクサやハルガヤがサンプルとして考えられます。

 

これらに関しましては夏から秋にわたって花粉を飛ばす性質があげられます。

 

なので、この花粉が舞う時節に花粉症の症状が現れるケースでは、フィーバーフューでもアレルギー反応を示す怖れがあります。

 

また、ヨモギやタンポポ、カモミールもキク科植物です。

 

こちらの飲食物を口に入れた際にアレルギー反応が発生する方も、フィーバーフューの利用は自粛した方が安心です。

 

 

 

「過剰摂取や空腹状態の時の飲用による副作用」

フィーバーフュー 多量や空腹時の摂取は控える

 

天然ハーブに知られている症状ですが、一度に多量に摂取し過ぎると次のような症状が生じる事があります。

 

胸やけ

吐き気

胃のむかつき

下痢

発疹

頭痛

 

また空腹の状況は吸収が良化したり、胃を刺激する事があるそうですので、何か食べた後で成分を体内に入れることを目標にしましょう。

 

 

「血液凝固防止薬との飲み合わせはNG」

フィーバーフュー 血液凝固防止薬との飲み合わせはNG

 

フィーバーフューには、出血時に血を止める「血液凝固」を防ぐ働きを示してくれます。

 

血液凝固防止剤(アスピリン・ワルファリンなど)と併せて使うと、より一層血が出てしまうことが想定されます。

 

なので、手術や歯科治療の時には出血が止まりにくくなることも考えられるので、摂取は打ち切りましょう。

 

また、直前まで飲んでいた際には、必ず医師にその実情を告知するように気を付けて下さい。

 

 

「フィーバーフューが体質的に合わない方への副作用」

フィーバーフューの成分がアレルギー反応以外にも体質的に合わない人もいます。

 

具体的な症状として下記のような事例が口コミされています。

 

胃の不快感(胃痛や胃もたれ)

 

カラダの中の倦怠感(疲労感)

 

血液の抗凝固剤への反応

 

これらの副作用が口コミでも報告されています。

 

 

 

「妊娠中、授乳中、子ども(乳児)への副作用」

「フィーバーフューのお茶は妊娠中の使用は控えて下さい」という表記が考えられています。

 

その理由までは書き綴られておりませんが、フィーバーフューの成分に子宮刺激作用があるからです。

 

妊娠中(妊婦)のフィーバーフューの摂取はやめるようにするといいでしょう。

 

また、子どもや授乳中に関しての影響はハッキリした事が明快になっていないため、摂取は遠慮しておきましょう。

 

 

「肝臓に障害がある方への副作用」

肝臓の薬物代謝に影響を及ぼすこともあります。

なので、肝臓に何か疾患を保持している場合は適用しない方が安全です。

 

 

 

医薬品やサプリとの併用(飲み合わせ)による副作用も

一般的にフィーバーフューは安全なハーブではあります。

 

下記のような成分効果がある「医薬品やサプリメント」と併用(飲み合わせ)してはいけません。

 

「解熱鎮痛剤」

アスピリン

アセトアミノフェン

 

 

「血液凝固防止薬(血栓防止薬)」

ワルファリンカリウム(ワーファリン)

アスピリン(バイアスピリン、バファリン81mg)

塩酸チクロピジン(パナルジン)

硫酸クロピドグレル(プラビックス)

 

 

フィーバーフューに抗血小板作用があるため、これらの効果がある医薬品やサプリメントと併用すると出血傾向が高くなる危険性がある。

 

持病をお持ちで病院に通われている方は、かならず担当医師の指示を仰ぐようにしましょう。

 

またハーブティー(お茶)だけでなく、フィーバーフューサプリを愛用している方も注意が必要です。

 

 

フィーバーフュー茶の副作用のない安全な飲み方や摂取量

水1リットルに対し小さじ1〜2杯(3g~6g)を入れ、3分ほど煮出します。

 

苦味が強いお茶という訳で、抽出時間が長いと非常に飲みづらくなってしまうので気をつける必要があります。

 

煮出す時は、ポットに少しだけのお湯を注ぎ、一度フタをして10分程度蒸らした後に、再び残りのお湯を注いでください。

 

そのままですと、有効成分を抽出しにくいためです。

 

良く知られているハーブティーとは違って苦味の強いお茶ですので、シングルよりもブレンドしたり、はちみつで甘みをつける方が摂取しやすいでしょう。

 

 

ブレンドにオススメなハーブとしてカモミール、オレンジピール、ペパーミント等が挙げられます。

 

また、ルイボスティーなどの香ばしいお茶と合わせても美味しいままでいただけます。

 

 

 

これらの条件をふまえてフィーバーフュー茶の副作用と味を口コミ!

今回、私は上記の飲み方(摂取量)を参考に「フィーバーフューハーブティー茶」の副作用と味に関する口コミ体験をさせていただきました。

 

 

古代ギリシア時代から、偏頭痛や生理痛等の激しい痛みを和らげる目的で、葉を煎じたり、生の葉を噛んで食べる等の方法で、愛用されてきたとても長い歴史を持つハーブです。

 

 

フィーバーフューはの近年「髪をフサフサにする育毛効果(効能)」があると言われ、男性に人気のハーブティーです。

 

 

では、いったいどんな風味なのでしょうか?

 

ドライハーブからは、ハーブのような草木の香りの中に、どことなく土のような香りがありますね。

 

 

強烈な医薬品のようなので、好みがはっきりと分かれそうです。

ちなみ、有効成分「パルテノライド」は、過剰に分泌されると頭痛などの問題を引き起こす、セロトニン(脳血管収縮作用を持つ物質)の放出を抑制する働きを持つことが分かりました。

 

このハーブティーが偏頭痛などの血管の収縮を抑えることで、ズキンズキンとくる激しい痛みを和らげてくれるのです。

 

 

 

 

お湯を注ぐと、樹木のような爽やかな香りの中に、どことなくツンとするような刺激臭が感じられます。

あと、ほのかな渋みもありますね。

 

 

フィーバーフューが、ハーバリストの間だけでなく、世界的に認知されるたきっかけは、ある新聞に掲載された記事でした。

 

1978年、イギリスの新聞紙上に、フィーバーフューの葉を使って偏頭痛(片頭痛)が治ったという女性の記事が掲載されました。

 

 

ハーブティーとして飲用すると、医薬品のような香りの中に、土っぽい渋みのある強烈な苦みの味はあります。

 

これは、飲みにくい味と思う人が多そうですね・・・・

 

 

「良薬、口に苦し」という言葉がぴったりと思えるほど、苦みのある味と風味です。 確実に初心者向けではない気がしますね。

 

ちなみに副作用に関しては特に感じることはありませんでした。

 

ちなみに、フィーバーフューには、生理活性物質のバランス調整をすることにより、偏頭痛(片頭痛)の激しい痛みや発作に伴う吐き気・嘔吐、光過敏症などを鎮めることが分かっています。

 

 

 

「フィーバーフューティーの副作用に関する口コミリポート~まとめ

今回、私は「フィーバーフューティー」の口コミリポートをさせていただきました。

 

風味は、非常に苦いので、味はとっても飲みにくいハーブティーですね。

 

薬効が優れているので、薬のような感覚で飲まないと、飲みにくい気がします。

 

なので、どうしても飲みにくいときは、カモミールティーとブレンドするか、使用量(摂取量)を控えるようにするのが一番でしょう。

 

副作用に関しては、上記で解説しているフィーバーフュー茶の安全な飲み方を参考にすれば問題ないと思います。