ヒソップの効能を医師が推奨!その香りを精油やハーブティー茶で体感

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は3 分で簡単に読めます



ヒソップ(ヤナギハッカ・柳薄荷)はハンガリーを原産とする高さ50cmほどの草木。

 

同じヒソップでもホフク性のものからとれる精油(エッセンシャルアロマオイル)は成分構成が異なっており、刺激の強いケトン類が含まれません。

 

医師がオススメするのはズバリ「ヒソップの精油成分」です。

 

その芳香はほんのりと甘くスイートな香りと、ハーブのピリっとしたスパイシーな香りが混ざり合った精油成分です。

 

 

 

医師もオススメする香り成分!ヒソップ精油オイルのアロマ効果とは

「心への効能」

「不安やイライラなどに」

「不安や心配、緊張」の不安定な精神を正常にし、イライラなどの高ぶった気持ちを解消する効果もあります。

このことから、ヒソップの精油を利用したアロマテラピーには「緊張して眠れない不眠症」にも効果があります。

 

「生理中の気分のムラに」

「生理中の気分のムラ」・「更年期障害」による乱れた精神を整える効果があります。

近年では、更年期障害にも効果があることから、中高年の女性にも人気を集めている精油でもあります。

その香りには生理中の「イライラ、緊張、心配、ストレス」を緩和(解消)する効果があり、医師もオススメしています。

 

「悲しみや傷心に」

ヒソップの香りは、特にメンタル面に働きかけ、悲しみや傷ついた心を癒す効能があります。

このことから「嫌なことを言われて気分が悪い日」、「失恋などによる落ち込み」などの気分の沈みにはアロマテラピーがオススメです。

近年では、スキンケアとしても利用できることが認知され始め、ヒソップに精油(エッセンシャルオイル)をマッサージオイルとしても利用されています。

「体への効能」

「ダイエットサポートに」

ヒソップの精油(エッセンシャルアロマオイル)を利用して芳香浴には血行を良くし、脂肪を分解しやすい体質にしてくれます。

ヒソップは体内の脂肪の燃焼サポート(溶解)する効果のある精油とも言われ、ダイエットに関する効能も注目されています。

このダイエットサポートにもつながる効果が、多くの女性に注目されている理由でもあります。

 

「風邪の初期症状に」

「咳(せき)や喉のイガイガ」などのつらい風邪の初期症状を鎮める効果が期待できると言われています。

その葉をハーブティーとしても利用され、風邪を伴う呼吸器官系の症状を緩和する効果もあると言われています。

 

「イボ取りの治療に」

最近では、腫れやおでき(イボ)の治療に利用できる薬用ハーブに使われ、(精油)はマッサージオイルにも使用されています。

このことから、健康をサポートする精油(エッセンシャルオイル)としても注目されています。

他にも、生理中のむくみも解消することから女性にオススメされているハーブです。

「肌への効能」

「傷口の治療サポートに」

切り傷や擦り傷などの炎症を抑えてくれことで、古くから民間療法に利用されてきたという歴史があります。

また、ヒソップの精油(エッセンシャルアロマオイル)には抗炎症作用があることから「アトピー症状改善」、「傷の修復作用」に効果があるといわれています。

 

「体臭の軽減にも」

ヒソップ精油オイルには、体臭を改善してくれるデオドラント効果(消臭効果)があると言われています。

古くからヨーロッパではよく知られたハーブで、その薬効の中にデオドランド効果があることから、神聖な寺院を清浄していました。

また、リフレッシュさせるために利用されていました。

もともと、ヨーロッパに導入されたのが10世紀ごろで、ベネディクト会の修道士たちのあいだで、リキュールの成分のひとつとして酒造に使われていたそうです。

 

 

どうでしたか?

 

 

このページからもわかるように非常に優れた効果を持っていることが理解でき、医師もオススメするのが納得です。

実はヒソップの精油はダイエットにも効果的なんです。

 

では見ていきましょう。

 

 

医師もオススメする脂肪燃焼効果!ヒソップ精油でダイエットしよう

ヒソップの精油(エッセンシャルアロマオイル)は、ストレス解消や不安、心配などのメンタルサポートに利用されています。

 

 

近年では血行を促進することで脂肪の燃焼をサポートするダイエット効果があると、多くの女性に注目されています。

 

 

ヒソップの精油オイルの効果的な使い方として、アロマディフューザーに精油を5滴~8滴ほど加えた芳香浴がオススされています。

 

精油の有効な使い方として、体を動かす前(運動前)、体の機能の活動が再開する寝起きなどに芳香浴するのが一番効果的だと専門家の意見もあります。

 

 

また、ハーブティーと併用することで、よりダイエットサポート効果が期待できます。

 

 

 

医師が唱える!ヒソップ精油オイルの目安摂取量と使い方

医師が推奨しているヒソップ精油オイルの1日の目安摂取量は多くても20滴程度だと言われています。

 

 

またシソ科アレルギーの人は注意が必要。

 

 

体質的にヒソップ精油オイルが受け付けない方は1日に4~7滴程度が良いでしょう。

使い方としてはアロマディフューザーを利用した芳香浴がおすすめです。

 

中にはボディマッサージオイルとして利用する人もいますが、肌に合わない人もいるので必ずパッチテストを行うようにしましょう。

 

 

 

「ヒソップ精油(エッセンシャルオイル)」の詳細

学名 Hyssopus officinalis
科名 シソ科
原産国 ドイツ、イタリア、フランス
採取方法 ヒソップの全草の水蒸気蒸留法
香りタイプ ハーブ系
香りの特徴 シソ科ハーブ特有の爽やかなでフレッシュなハーブの香りの中に、ヒッソプ特有のやんわりとして甘さとスパイシーさが感じられる芳香です。
ノート トップノート
作用まとめ 強心、強壮、去痰、駆虫、駆風、血圧上昇、解熱、収斂(しゅうれん)、消化促進、消散、殺菌、頭脳明晰化、鎮咳、鎮静、通経、発汗、皮膚軟化、利尿、癒傷、ダイエットサポート
ブレンドにおすすめの精油 アンジェリカルート、オレンジスイート、タンジェリン、メリッサ、ラベンダー、ローズマリー

 

 

この精油にはどんな口コミが寄せられているのでしょうか?

 

愛用者の意見も知っておくべきですよね。

 

実際に見ていきましょう。

 

 

ヒソップの精油している愛用する方から投稿された口コミ

東京都_20代_会社員_Kさん

ローズマリーのようなスパイシーなハーブの香りが、爽やかな印象を与えてくれると思います。

 

森の中を歩いているような感覚かな。

 

 

もともと、寝つきが悪く、布団に入っても全く寝付けずに朝を迎えるなんてこともよくありましたが。

 

ヒソップの精油を利用してからぐっすり眠れるように。

 

育児や家事に追われ、拍車をかけるような気を使う人間関係に気が付いたらストレスで胃が痛くなってしまいました。

 

でも、これでアロマテラピーするとかなり症状が改善されていいですね。

 

 

おかげで寝つきも良くなりましたし、胃痛にも即効性があるようにも感じます。

 

ヒソップの精油は気持が落ち込んでいるときに元気にしてくれます。

 

あち、ヤル気が沸々と湧いてきてびっくりです。

 

父は、呼吸器が弱くて、家の中で動くにも苦しそうでぐったりしていましたが、ヒソップを焚いたら元気に動いていました。

 

父に聞いたら、苦しくて心が折れていたそうですが、頑張ろうという気持が湧いてきたと言っていました。

 

精油の効果を実感しましたね。

やっぱりすごい!!

 

生理中は、肌が荒れやすいだけでなく、手足が浮腫み(むくみ)ます。

 

 

特に朝の寝起きに顔がパンパンになることも・・・

 

 

最近では毎日のようにヒソップのエッセンシャルオイルで寝る前にアロマテラピーしていますが、かなり効果ありですね。

 

 

あとダイエットサポートに効果的な商品を探していたら、このヒソップの精油(エッセンシャルアロマオイル)に出会えましたが、可もなく不可もなく。

太りやすい体質なのですが、今のところ現状維持なので効果は出ているのかもしれませんね。

 

 

ピリっとした刺激的なスパイシーな香りと、清涼感のある葉の香りがクセになりますね。

 

 

なんとなくですが、食欲抑制にも効果があるようにも感じますね。

 

 

 

ヒソップをお茶にしよう!医師が一押しするヒソップのハーブティー

近年では、ヒソップは精油(エッセンシャルアロマオイル)だけでなく、ヒソップのハーブティーも多くの女性に利用されています。

 

 

一般的にハーブティーとして利用される際は、「喉のイガイガ、咳(せき)」などによる、風邪の初期症状緩和に人気を集めています。

 

 

香りには、気持ちを落ち着かせる効果があります。

これが「ストレス解消や緊張や不安」などの精神的なサポートにも注目され始めています。

 

このように、ヒソップの精油(エッセンシャルアロマオイル)を利用した芳香浴としてだけでなく、ハーブティーとしても愛用されています。

 

精油と一緒に利用すれば、よりダイエットサポートにつながります。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?