血尿が出たり止まったりするのは疾患かも!真っ赤な鮮血は危険な病気

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は3 分で簡単に読めます



血尿が見られた場合、どんな原因が挙げられるのでしょうか?

 

その血尿は男女や年齢で違うものなのでしょうか?

 

血尿が出たり止まったりするのは疾患であり、中でも真っ赤な鮮血は体からのSOS信号です。

 

主なものをピックアップしてみましょう。

 

 

 

年齢や男女で違う!血尿が出たり止まったりする疾患症状

「乳幼児・子どもの血尿」

幼い子供たちのケースでは、血尿が起こる男女差はあまり見受けられません。

 

乳幼については、腎盂腎炎、膀胱炎などの尿路感染症がほとんど。

 

なので、腎奇形による血尿が発生することも考えられます。

 

 

「学童(小学生)の血尿の原因」

慢性腎炎による血尿が発症する年齢です。

 

血尿にとどまらず、蛋白尿が出現するならば、慢性腎炎がないかどうか診療します。

 

急性糸球体腎炎が発症する可能性があり、蛋白尿、尿量不足、身体的なむくみ、急に体重が増加したケースが想定されます。

 

アレルギー性紫斑病と見なされる病気の時に血尿があります。

 

 

「成人男性の血尿の原因」

尿路感染症、慢性腎炎等のような感染症も見られます。

 

ですが、年齢が少し高くなれば、膀胱癌、腎癌、前立腺癌等々の悪性腫瘍の可能性が上昇します。

 

尿路結石が伴う年齢になっています。

 

 

「成人女性の血尿の原因」

尿路感染症、慢性腎炎などの感染症も見受けられる。

 

ですが、中年以降の女性のみなさんに多く注視される膠原病による腎炎の比率が増加します。

 

年齢が高くなれば、膀胱癌、腎癌などの悪性腫瘍比率が上がり、血尿と性器出血と判明しにくいこともあります。

 

性器出血であるのなら、子宮癌などの女の人特有の臓器のがんケースがあります。

 

 

上記のように年齢だけでなく、男性や女性でも血尿に至る原因が違うことがわかります。

 

では、実際に血尿に見舞われた時に疑うべき、症状を知っておきましょう。

 

 

 

真っ赤な鮮血は病気!?血尿が出たり止まったりする原因

 

「尿路結石」

「尿路」とは腎臓からぼうこうまでの尿の通り道のことです。

 

尿路のどこかに結石ができることがあり、これが尿路結石という病気です。

 

 

「膀胱炎(ぼうこう炎)」

尿路感染症のひとつです。

 

細菌などを通して尿路が炎症に見舞われ、血尿が出るかもしれません。

 

抵抗力を下げたときには「急性ぼうこう炎」に罹患しやすくなります。

 

例えば、ストレス、やり過ぎた疲労、病気などのときは感染防御力が落ちるので注意が必要です。

 

 

「腎細胞癌(がん)」

腎臓は血液をろ過して尿を作る仕事を担う内臓です。

 

腎臓にさせられる癌は、腎実質に可能である「腎細胞がん」と、腎盂(じんう)にできる「腎盂がん」にカテゴライズされます。

 

腫瘍が巨大化すると血尿が出ることもあり、そうして気付くケースがあります。

 

 

「ぼうこう腫瘍」

ぼうこうは尿を蓄えておく仕事をします。

 

ぼうこう腫瘍は良性のものがあまりなくて、ほとんどが「ぼうこうがん」です。

 

ぼうこうがんの初期症状では血尿がたくさん見つかります。

 

 

「腎盂または尿管がん」

腎臓は、尿を生産する「腎実質」と、尿が凝集する「腎盂」から発生しています。

 

尿管は腎臓とぼうこうの中に於いてある、尿が通過する両サイド一対の管です。

 

腎盂と尿管は「上部尿路」と呼称されていてますが、ここに発症する腫瘍。

 

この腫瘍、がんの影響でも血尿が見られます。

 

 

「尿道腫瘍」

ぼうこうから産出されるまでの尿がある通り道が「尿道」なのです。

 

ここにできる腫瘍が尿道腫瘍になります。

 

尿道腫瘍でもやはり血尿が出現するという見方ができます。

 

排尿困難、夜間頻尿なども同時並行で見られる動きが見られます。

 

 

「前立腺癌(がん)」

前立腺は男性にのみ見られますから男性しか生じません。

 

しかし前立腺がんが増加したため用心が必要な病魔です。

 

血尿も存在しますが、尿のトラブルがたくさんのことが特徴だと言えます。

 

 

「特発性腎出血」

ある程度の原因で腎臓の血管が裂けて出血。

 

それが尿路に流れ込んで血尿が現れます。

 

検査しても誘因があまり知らないケースがあります。

 

 

「腎盂腎炎(じんうじんえん)」

腎盂に細菌が入れられて炎症を起こす病魔です。

 

男女で対比させれば、女性の罹患(りかん)率が大幅に高い。

 

なので、女性は意識して下さい。

 

 

 

血尿が出たり止まったりする原因は疲れやストレスの事も

血尿が発生する原因は感染症、腫瘍、結石などバラバラですが、疲れやストレスに起因することも考えられます。

 

 

これは、疲れやストレスのみが根本的な原因になって血尿が発生するよりも、疲れやストレスにより膀胱炎等々の感染症に陥ることが多い。

 

 

もともとの腎炎が悪くなりやすくなったり、尿路結石が生じたりという観点から、血尿が発症するものという事も。

尿道と膣はずいぶん近いので、女性の方々のケースでは生理中に尿に膣からの赤血球が加味されてしまい、血尿のようにが発症してしまうというようなケースも。

 

 

そのため、月経中の検尿検査で血尿の有無を検証するのは苦痛です。

 

検尿検査時には月経中で存在することを医療施設に伝え、示された通りに検査を行なって貰うようにして下さい。

 

 

 

ストレスや疲労が原因でも血尿が出たり出なかったりする

実は、過労血尿は直接的に、疲れや睡眠不足などの生活のストレスが原因というわけではないと医学的に言われています。

 

 

これは、ストレスによって免疫力が低下。

 

 

感染症や疾患が生じているということであり、尿路に何かしらの問題を抱えている場合が多いです。

また、血尿が2日や3日で止まる場合は問題ありません。

 

 

しかし様子を見て1週間以上も血尿が続いている状態のときは、お医者さん行くことがオススメですね。

 

 

 

診断しよう!こんな出たり出なかったりする血尿は危険。

:「出始めに血尿する場合」

1週間~2週間以上も継続して、血尿が続いてしまう場合では、膀胱より下の尿の出口付近で出血していることが多いと言われています。

 

この症状から、男性の場合は前立腺などに問題があるのかもしれません。

 

もしくは尿道炎が疑われているようです。

 

:「終わりに血尿がする場合」

排尿の終わりに血尿してしまう場合。

 

腎臓から膀胱までは特に悪い問題はないということだと医学的に言われています。

 

ですが、この場合には腎臓には異常が見られませんが、腎臓ではなく膀胱に問題があることが懸念されています。

 

この症状から、膀胱炎が疑われています。

 

:「排尿のしているあいだ、ずっと血尿する場合」

排尿しているあいだ、ずっと血尿している場合。

 

膀胱、腎臓、尿管からの出血している可能強いがあります。

 

しかし、2週間以上も連続して血尿している場合は原因は癌(ガン)である可能性もあります。

 

中でも腎臓癌や膀胱癌、男性であれば前立腺癌などの可能性もあるので注意が必要です。

 

もしくは、尿路結石という可能性もありますが、一般的にストレスで腎機能が低下していることもあるとそうです。

 

 

どうでしたか?

 

結果として「睡眠不足・ストレス・疲労」は血尿の諸悪の根源と言っても過言ではありません。

 

ストレスの原因を取り除くのは難しいので、日常的にストレス解消を見つけるのが効率的でしょう。

 

 

 

 

血尿の原因や疲労やストレスだったら日常的に解消しよう

生活しているとどうしてもストレスって溜まりますよね?

 

実はストレスや疲れによる血尿って、下記のように日頃ちょっとしたこと意識するだけで解消できるんです。

 

:「意識的にトイレに立つ」

気持ちが高揚して緊張した状態が続くと、ストレスが蓄積ます。

 

そこで、一時的に緊張を解くために、尿意や便意の程度に関わらず、気分転換にトイレに立ちましょう。

 

深呼吸や軽い体操などをすると尚良いと言われています。

 

でも、これは女性には敷居が高いですね。

 

あと、トイレで行う必要があるのでしょうか?との意見もあります。

 

:「ガムを噛むようにする」

特にガムなどの食べ物を噛むと、あごの筋肉が伸び縮みします。

 

この動きが脳に刺激を与え、リフレッシュ効果が得られることになります。

 

ガムは噛む回数が自然と増えるため、間接的にダイエットサポートになります。

 

TPOをわきまえる必要はありますが、ガムを噛むことで日頃からストレスを解消できる簡単な方法でもあります。

 

:「サプリメントを摂取する」

最近では、寝つきの悪い人への睡眠導入サプリメントなどが販売されています。

 

ストレスへの耐性を身に着けるようなサプリメントが人気です。

 

サプリメントであれば、手軽に摂取することができますし、ストレスは睡眠障害やうつ病を招くこともあります。

 

そこで、サプリメントが重宝されており、これらの症状を改善するとしてメディアで注目されたのがこちらの商品です。

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?