水素水で風邪やインフルエンザを予防!効果的に飲むタイミングも紹介

この記事は4 分で簡単に読めます



水素水とは「ミネラルウォーターや水道水」などの水に水素を溶かしたもの。

 

この水素には高い還元力があり、悪玉活性酸素を無害な水に変える力がります。

 

近年では「風邪やインフルエンザ」にも効果的として注目されて、また水素水愛飲者から多くの報告も。

 

 

 

水素水が風邪やインフルエンザ予防に注目される理由とは

美容や健康への効果が注目されているのが水素水で、健康をサポートに役立つと言われていますが、具体的にどのようなメカニズムなのでしょうか?

 

 

実は、水素水の還元力は抗酸化力が高いと言われるビタミンCやビタミンEの何倍にも。

 

さらに水素分子は宇宙で一番小さな物質です

 

 

同じ抗酸化物質の「ビタミンCやコエンザイムQ10」が入り込めない体の隅々まで浸透。

 

 

そして免疫力を低下させる悪玉活性酸素を残らず除去して風邪やインフルエンザの予防に役立ちます。

 

免疫力が向上させる体質改善することで、風邪やインフルエンザにも負けない身体づくりをサポート。

 

 

水素を身体に摂り入れ悪玉活性酸素を根絶することで細胞の活性化に結び付きます。

 

弱っている細胞を賦活化させることにより免疫機能を向上を推進します。

 

 

こういったナチュラルプロセスから水素を取ることで風邪症候群にかかりにくい身体になり予防に変化すると考えられます。

 

 

風邪やインフルエンザの原因となる物質とは!?

私たちが日常的に呼吸や食事を行っています。

 

 

これは大事ですが、同時に細胞を劣化させる悪玉活性酸素が発生し、これこそが、体内の細胞を劣化させて免疫力の低下を招く要因です。

 

 

また、この物質には体内の血液の循環を妨げることで血行を悪くします。

 

 

そして、疲労を蓄積させることでより免疫力が下がり「風邪やインフルエンザ」を招くと悪循環を招きます。

 

悪玉活性酸素はその強い酸化で身体の健康によい細胞を襲撃し、カラダを錆びさせてしまいます。

 

 

免疫機能が低下をしている状態は風邪に陥りやすい身体であるといえます。

 

 

 

免疫力低下の原因「悪玉活性酸素」は日ごろから発生!

風邪やインフルエンザなどの感染症の要因ともなる免疫力の低下を招くのが悪玉活性酸素です。

 

 

普段から私たちは呼吸によって酸素を体内に取り入れて生きています。

 

このときに取り込んだ酸素の一部が細胞を劣化させる悪玉活性酸素になります。

 

また、この物質は「生活習慣、ストレス、大気汚染、食品添加物、喫煙」によっても増加し、体内の細胞を傷つけて抵抗力や免疫力を低下させます。

 

 

つまり、日常的に私たちの免疫細胞は脅かされているともいえます。

 

悪玉活性酸素が身体を錆びに繋げることで老齢化を促進させたり、病床に伏せやすい身体に一変させてしまいます。

 

活性酸素が増加する状況として呼吸を行う、ストレスを受ける、不節制な生活など様々な誘因が存在します。

 

 

水素水が血液をサラサラにしてより免疫力を向上

本来、体には悪玉活性酸素から身を守る抗酸化力が微弱にも備わっています。

 

しかし、生活しているなかで大量に発生することから対処しきれず、少しずつ細胞を脅かしています。

 

 

そこで水素水は細胞を脅かす悪玉活性酸素と体内で結合して無害な水に変えて体を守る力があります。

 

また血流の流れを潤滑にする働きもあることから、血液がサラサラになり全身を巡ることで酸素や栄養成分の配分を効率化させます。

 

これが体の機能向上をサポートします。

 

 

 

飲み合わせも!水素水と水素サプリで風邪予防に効果的!

水素とは抗酸化作用に優れているという性質があります。

 

人は暮らしを送っているだけで常にカラダの内側で活性酸素を起こします。

 

活性酸素には2種類存在しています。

 

「体を助ける活性酸素」

「体の悪影響になる活性酸素」

 

この2種類が存在します。

 

 

善玉活性酸素は強い酸化をも保持しており免疫機能の役割を果たしいて、体外からのウイルスや細菌などの支障を来すものが体内に入り込んだときに攻撃をし根絶やしにする役割を所有しています。

 

 

悪玉活性酸素が繁殖すると細胞の効き目が弱くなるので免疫機能が低くなります。

 

水素は悪玉活性酸素のみに作用をし、除去をしてくれます。

 

 

 

水素水と風邪薬の飲み合わせは平気?飲むタイミングは?

まず水素水と風邪薬の飲み合わせですが、これは全く問題ありません。

 

気軽に摂取しましょう。

 

 

水素水を飲むタイミングは「朝と夜」の2回に分別して飲用がオススメ。

 

1日1回体内に取り入れる場合なら「朝・夜」のタイミングが賢明でしょう。

 

過去に施された動物実験の結論としてから、水素水は活性酸素が生じる前後に、挟むように飲むと効き目を見せることが示唆されています。

 

 

こうした飲み方は結果的に整合性があり、合理的なのです。

 

 

水素水に効果に気がつくタイミングは1ヶ月内

 

 

初めて水素水を飲用する人の中には、効果の有無を確認するためにどれくらいの期間試せばよいのか知らないまま。

 

そんなお悩みを抱えている人もいらっしゃるかと考えます。

 

水素水の効果を感じ取った人の約90%が1ヶ月以内にある程度の効果を身をもって感じられています。

 

初めて飲む人は、1ヶ月くらいお試し期間を設け、自身に水素水が適応するのかどうか探り当てると間違いないでしょう。

 

 

水素風呂は風邪予防に効果あるの?水素ガス吸入は危険?

風邪の予防に水素風呂が効果的なのか?

 

疑問に思いますよね。

 

一般的に風邪予防に利用するのであれば、水素風呂ではなく水素水や水素サプリがオススメです。

 

水素風呂も効果が期待できないわけではありませんが、水素風呂は肌に作用するので「ニキビ肌やシワ」対策として用いられます。

 

また水素ガス吸入(吸引)も現代段階では安全性が懸念されており、眩暈(めまい)や吐き気などの副作用が報告されています。

 

 

このように風邪やインフルエンザの予防を目的とするのであれば、水素水の飲用が良いでしょう。

 

 

 

水素水で風邪やインフルエンザを予防!~まとめ

特に冬場などの免疫力が低下しがちな季節は「風邪やインフルエンザ」などが大流行。

 

人によって年に数回も体調を崩すという方もいらっしゃいます。

 

 

それには悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジラル)による免疫細胞の劣化が原因です。

 

 

しかし同時に悪玉活性酸素の対策をとることで、免疫力の向上に役立つということも言われています。

 

現在、注目されているのが水素水というわけです。

 

なので、日ごろから水素水を愛飲することで、健康的な生活をサポートすることが出来ます。