水素水の効果で花粉症が治った?活性酸素が花粉症やアレルギーを招く

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は4 分で簡単に読めます



水素水の効果の一つに「辛い花粉症対策、喘息(アレルギー症状)」の鎮静効果があげられています。

 

花粉症は「アレルゲン」が身体の内側に入ると、異物を「くしゃみや、鼻水」などで、身体の外に押し流します。

 

多くの人が悩まされる花粉症やアレルギー症状ですが、水素水はどんな効果を与えてくれるのでしょうか?

 

 

 

水素水がつらい花粉症対策(アレルギー対策)をサポート

病気の根源とも言われる「悪玉活性酸素」を除去する効き目のあるドリンクとして「水素水」が人気です。

 

これに関して実際に、水素水で花粉症対策(アレルギー対策)に役立ちます。

 

 

水素は最も高い抗酸化力があり、活性酸素と結び付き中和して、無害な水に変える優れた性質が。

 

 

また本体、水素は気体で異常に摂取しても身体に害がなく、余分な水素は、体外に排出されます。

 

 

つまり、「水素(H2)+活性酸素(O2)=水(H2O)」となるように、水素は化学反応を起こし、花粉症を悪化させる「悪玉活性酸素」のみを除去。

 

 

 

飲み合わせは平気?花粉症対策する水素水の安全性とは

水素水で花粉症対策は医薬品と違い、副作用が無いというメリットも。

 

また水素水としての利用であれば、余分な水素は体外に排出されるため花粉症を緩和する医薬品やサプリとの飲み合わせも可能です。

 

花粉症の薬に処方される抗ヒスタミン剤があります。

 

 

これは「くしゃみ・目の痒み・鼻水」症状を抑えます。

 

しかし、根本的な花粉症(アレルギー症状)の改善には結びつきません

 

 

花粉症の改善には、水素水で活性酸素を取り除いて直接的なアレルギー体質の改善がもっとも有効です。

 

 

 

 

水素ガス吸入が花粉症やアレルギー緩和に最適な理由とは

水素は一般的に水素水としての利用が主流になります。

 

ですが、水素水を粒子として体内に取り込む「水素ガス吸入」も花粉症対策の一つです。

 

また水素ガス吸入として水素を取り込むことで、体内に浸透しやすく体の隅々まで水素を浸透させる効果があります。

 

花粉症を招いている活性酸素(悪玉活性酸素)をすべて体外に排出する効果があります。

 

しかし一方で危険知られているのも事実。

 

高すぎる水素濃度が「吐き気や眩暈(めまい)」などの副作用を感じたとの報告も寄せられています。

 

 

 

知ろう!体内で悪玉活性酸素が増加すると辛い花粉症に?

体内で悪玉活性酸素が増殖するとアレルギー反応に対抗する抗体である「lgE」が低減し、花粉症に。

 

これは排気ガスやタバコ、ストレスの理由により、身体に異物が侵入でも増えます。

 

 

農村部より都市近郊のほうが排気ガスが多いので、花粉症の発症数も上昇します。

 

 

花粉症は悪玉活性酸素の増加が理由で、これを取り除くと抗体「lgE」が増加して症状を抑えます。

 

異物が入りこむと、異物を倒そうと白血球中の食細胞から、活性酸素が作成され、体内に悪玉活性酸素が増殖!

 

つまり辛い花粉症のときに身体の具合が悪くなるのは、悪玉活性酸素が体内で莫大になるからです。

 

 

そこで花粉症対策(アレルギー対策)の悪影響を与える悪玉活性酸素の除去に効果的な水素水が評判です。

 

 

 

切り離せない!活性酸素とアレルギー症状の因果関係とは

炎症は細胞の酸化を引き起こし、炎症とは外敵から身体を守る防衛機能のことをさします。

 

例えば「アレルギー性皮膚炎、花粉症(アレルギー症状)」の炎症によって細胞が酸化すると、細胞は炎症を劣悪にします。

 

 

さらに、症状が悪化すると酸化する負のローテーションに陥ります。

 

この酸化と炎症のサイクルが老化を進展させる悪い影響を及ぼしてます。

 

また、これは広い範囲に亘る病気につながると、水素医学(論文)では考えられています。

 

 

花粉症やアレルギー症状に限らずですが、現在の研究で病気は「酸化、炎症、免疫」の3つの単語で語れます。

 

日本水素医学(論文)や専門家は、花粉症だけじゃなく、多くの病気の原因に「悪性活性酸素」と密接した繋がりがあります。

 

 

実際に、悪性活性酸素が細胞を酸化されると、免疫力が低下して病気になりやすくなると研究でも裏付けされています。

 

逆に、水素水を取り入れることで「辛くてしんどい花粉症対策(アレルギー対策)」になると証明されています。

 

 

 

花粉症の原因「悪玉活性酸素」を除去するメリットとは?

悪玉活性酸素を除去すると身体の本来持つ免疫機能や抗酸化力を高めることにつながります。

 

そして、治癒力が戻り、自力で病気と対抗でき、その体質改善に最も優れている飲料が水素水です。

 

 

「花粉症に対するヒスタミン剤」は一時的に症状を抑えるだけ!

 

つまり、花粉症を悪化させる原因物質の「悪玉活性酸素」を除去できず、本質的な問題解決にはつながりません。

 

 

現在「悪玉活性酸素」のみを除去できる水素水で花粉症対策(アレルギー対策)が注目されています。

 

医学の世界で水素に関する効果が認められ、現在では全国で90箇所以上の病院で水素治療が受けられます。

 

 

そして、今も水素水の研究が続行できており、これから先はさらに可能性が拡大するでしょう。

 

医療機関の場合、「点滴・注射・外用」などでピンポイントで水素を供給できます。

 

さらに、自宅でも利用出来、高濃度水素水ほど多くの活性酸素を還元できるのでより効果的。

 

水素によって免疫バランス化が改善され、花粉症(アレルギー作用)が弱まります。

 

 

水素水の効果で花粉症が治った口コミ体験談

東京都在住_32歳_主婦_T・Aさん

 

私は花粉症で悩んでおり、特に春先などの花粉が飛んでいるシーズンは外出がとても苦痛だった。

 

当時は、妊娠中だったので花粉症の薬を飲めず、季節が過ぎるのを待つしかありませんでした。

 

ちょうどその時ママ友に水素水のことを聞き、産婦人科の先生からも許諾が出たので、水素水を試しに買い取り。

 

届いた水素水を早速飲みつけてみましたが、味と見た目はミネラルウォーターと一緒で、「本当に効果あるの?」

 

と疑問を抱いていました。

 

 

 

しかし、産婦人科の先生も水素水は、お腹の赤ちゃんにも良いと口にしていたので、安心して体内に取り込んでいました。

 

驚くことに、飲み続けて2週間で、「目の痒みと鼻水」が治まってきて、水素の効果を肌で感じました。

 

さらにママ友から水素水は、パックにもなると聞きました。

 

鼻水のせいでカブレてしまっていた所にパックをして寝たら、翌朝鼻下のカブレが治まり、水素水の凄さを感じています!!

 

 

他にも、美肌効果もあるので、それにも期待しています。

 

水素水で花粉症体質が改善されましたし、今後は美肌効果に期待です。

 

 

どうでしたか?

 

このように水素水の効果は花粉症やアレルギー症状を緩和してくれます。

 

興味があれば飲んでみましょう。

 

 

 

 

最後に!花粉症が時期によって引き起こす植物が違う。

辛い花粉症はスギ(杉)やヒノキ(檜)のイメージが強い。

 

 

ですが、夏や秋の植物で鼻炎の症状が現れる例も多く、近頃「通年病」と言われるのは知っているでしょうか?

 

つまり、「辛い花粉症対策(アレルギー対策)」は365日で行う必要性も!

 

 

これに関しては、夏や秋の花粉症を知らない人も多い。

 

 

「花粉症の季節(時期じゃない)」と思い込み、風邪と判断し、何の対策法もしない人もいます。

 

 

思いがけず、つらい鼻炎はスギ・ヒノキ以外の花粉による症状なのかもしれません。

 

2月-5月は「杉(スギ)の花粉」

 

飛散時期は「2月-5月」。飛散量が多く、日本で最も多い花粉症の原因とも言及されているほど、女性~男性まで殆どの人を悩まさせいます。

 

飛散距離が長く、ごくわずかな飛散量の北海道・沖縄を除き、全国で発生してくるほど、被害状況は広範囲にも及びます。

 

鼻アレルギー、目、のど、皮膚の症状も。

 

 

3月-5月は「檜(ヒノキ)の花粉」

 

飛散時期はスギより少し遅れて、「3月-5月」。

 

スギと同じく飛散距離が長く、広範囲で発症被害が寄せられています。

 

スギ花粉症と合わせてヒノキ花粉症を持つ人も多く、重症化しやすく、その症状を「鼻水、鼻づまり」だけでなく、目の痒みも引き起こしてしまいます。

 

症状もスギ花粉症と同様。

 

 

8月-10月は「ブタクサの花粉」

 

飛散時期は「8月-10月」。

 

日本ではスギ、ヒノキに次いで多い花粉症。

 

背が低い草花で、飛散距離が短いため、近づかなければ防ぐことができます。

 

また、基本的に杉(スギ)や檜(ヒノキ)の花粉とは違って被害状況が低く、馴染みが無い花粉でもあります。

 

しかし、症状は奥が深く、「鼻、目の症状のほか、喘息(ぜんそく)」が生じる原因にもなります。

 

 

 

あなたも勘違いしている?「風邪と花粉症」の違いとは

多くの人が「花粉症と風邪」の症状を勘違することも。

 

また、誤解による医薬品の使い続けると症状が悪化することもあります。

 

自分の症状と見合わせてみましょう。

花粉症(アレルギー症状) 風邪(細菌感染症状)
原因 植物の花粉「杉(スギ)、檜(ヒノキ)・ブタクサ、カモガヤなど ライノウイルス、 アデノウイルス、 RSウイルス、 コロナウイルスなど
発熱 あっても微熱程度 重度の発熱症状がある
鼻水 サラサラしている、水っぽい サラサラ鼻水~ネバツキや黄ばみがある鼻水
くしゃみ 何度も連続して出ることが多く、リズムがある 出ることはあるが、何度もではなく、不定期
鼻づまり 症状がひどく、両方の鼻の穴が詰まる 両方同時に、鼻づまりが起きることはない
目の痒み しょっちゅう「ある」 全く、または殆ど「ない」
症状継続時間 花粉が飛ぶ、継続 数ヶ月に及ぶこともある 長くても「1か月~1ヵ月半」程度
天気と関係 晴れや風の強い日に 症状がひどくなる 天気に関係なく症状がある

 

 

どうでしたか?

 

よく勘違いされやすい症状ですが、全く違います。

 

まずは自分の症状と照らし合わせて判断してみましょう。

 

 

 

水素水の効果(効能)で花粉症が治った?~まとめ

水素水は花粉症対策(アレルギー対策)に効果的ですが、研究は今もまだ続けられ、これからも広大化していくと専門家に言われています。

 

現在は、美容や健康サポートに認められ、少しずつ「癌治療、パーキンソン病、糖尿病、脳梗塞」に役立っています。

 

そして、水素水に関する研究が実施されています。

 

これによって、花粉症に限らず「難病、重病、奇病」の治療も出来る可能性を保有しているのが水素水なのかもしれませんね?

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?