水素水ダイエットで本当に痩せたいなら飲み方や効果的な摂取量が重要

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は3 分で簡単に読めます



多くの女性は日ごろからダイエットを意識していますよね?

 

体型維持するために努力している人もいます。

 

一部の口コミやウェブログでは「水素水はダイエットに効果ない(痩せない)、逆に太った!」との報告も。

 

 

水素水はダイエット効果なし?逆に太った口コミブログを見てみよう

東京都在住_25歳_事務職_T・Aさん

 

はじめまして。

 

水素水はダイエット効果があると友人にオススメされたので、さっそく色んな水素水を愛飲。

 

 

水素水は体質を改善しますが、一部では「水素水はダイエットに効果ない(痩せない)」とも・・・・・

 

 

水素水は「シビアすぎる食事制限」をなくす方法で支障なく痩せる究極の医薬品とも言われています。

 

内面からきれいに痩せる究極のダイエット法と言われています。

 

味は普通の水って感じですが、これでダイエット効果があるなら良いかな~

 

っと思って愛飲していました。

 

 

基本的な飲み方は1日に500ml以上を継続的に愛飲するようにしていました。

 

 

水素水のダイエット効果を期待して、飲み続けること3か月後・・・・

まったく変わっていません!むしろ2kg太ってしまいました。

 

なぜ?

 

どうやら友人の話だと水素水を飲むだけではダイエット効果はなく、痩せないみたいですね・・・・・

 

 

 

では、この人はなぜ水素水で痩せないのでしょうか?

 

 

実は水素水には正しい飲み方やタイミング、摂取量があるのです。

 

 

さっそく見ていきましょう。、

 

 

水素水ダイエットで痩せた効果的な飲み方と摂取量とは?

「その①:運動前に水素水を飲む」

 

運動前に水素水を口に入れると、より多くの悪玉活性酸素を低減できます。

 

「悪玉活性酸素」は体に害をもたらす酸素で、激しい運動がこれを増加させ、疲労蓄積され身体がだるく感じてしまいます。

 

しかし、水素水の活性酸素が除去により「疲労回復、毒素排出」に役立ち、デトックス効果やダイエットサポート効果が上昇します。

 

 

「その②:常温の水素水のほうが効果的」

 

「冷水」は飲みやすいですが、お腹が弱い人は「常温」の方が体に優しです。

 

逆に「冷水」は内側から身体を冷やして「むくみ」の原因になり、代謝も落ちます。

 

「むくみ、代謝の低下」は毒素が蓄積されるので、ダイエットサポート目的で水素水を使用するなら常温で飲むと良いでしょう。

 

また、常温は軟水の硬度が100度以下が飲みやすいと人気です。

 

 

「その③:1日500ml程度の飲用でも効果的」

 

水素水は副作用がなく、飲み過ぎても余分な水素分子は体外に排出されます。

 

確かに水素自体には悪影響はないのですが、水分の摂り過ぎは浮腫み(むくみ)に繋がり、これが代謝低下につながり、ダイエットを妨害します。

 

水素水は一日500ml程度でも十分有効で、特に入浴中に水素水を飲用するとより効果的です。

 

水素水を利用したダイエットには、体の毒素である「悪玉活性酸素」を減少させ、体内の巡りを潤滑にする効果がります。

 

 

このように口コミブログでわかるように「水素水にはダイエット効果はない!」との意見も

 

ですが、ダイエット効果があるとの意見も寄せられています。

 

では水素水のダイエット効果に関する根拠を見ていきましょう。

 

 

 

水素水のダイエット効果を解説!痩せるメカニズムとは?

ダイエット方法に正しい方法が存在します。

 

実は悪玉活性酸素は「運動、エクササイズ」の副産物として絶対について回ります。

 

 

そこで水素分子は悪玉活性酸素を除去し、体への負担を軽減し、とくに水素水を運動前に飲むと、より脂肪燃焼効果が向上します。

 

このように水素水のダイエット方法は、体重増加を防ぎ、リバウンドしない体質改善します。

 

 

また水素水を積極的に摂り入れて体内に水分が増加すると、一時的にサラサラの状態に。

 

 

水素分子が加わると悪玉活性酸素を還元し、水に変えて体外へ排出します。

 

そして体内循環が促進されることで基礎代謝が向上し、痩せやすくリ太りにくい体質に変わります。

 

 

余分な水素は体外に排出されるので、過剰摂取による副作用(嘔吐感、腹痛、頭痛)の心配もありません。

 

 

 

効果ある!水素水で痩せる体質になる5つの理由を紹介。

「新陳代謝促進の向上サポート効果」

 

水素水を飲むことで酸化した「ドロドロの血液」が、「サラサラした血液」へとターンオーバーします。

 

これにより身体の新陳代謝が向上され、ダイエットサポート効果が手にはいります。

 

しかし、あくまでもダイエットサポートであり水素水でダイエット効果はない(痩せない)です。

 

これは「水素水がダイエットに効果ない(痩せない)」と言われる理屈です。

 

 

「血中コレステロール吸収抑制して脂肪燃焼をサポート」

 

体重が増えやすく体重が減りにくい体質の人は、基礎代謝の低下が原因として定義されています。

 

基礎代謝の悪化すると食事が消費されにくいので肥えやすくなりますが、水素水はこれらの体質を改善します。

 

水素水によって「水素分子」が体中に浸透すると、血液中のコレステロールの吸収を抑える効果が見られるでしょう。

 

そして、脂肪をエネルギーに変える循環を活発にして脂肪の燃焼を促します。

 

 

「便秘や宿便解消してダイエットをサポート」

 

水素水には身体の酸化につながる悪性活性酸を身体の外に排出することができます。

 

そして、内臓の働きが促進され、便秘や宿便を解消します。

 

さらには「代謝の向上、脂肪燃焼、便秘改善」によって健康に良いダイエットができます。

 

ミトコンドリアを活性化させてダイエットサポート

 

水素分には抗酸化作用だけでなく、細胞内のミトコンドリアを活発化させて脂肪がより効率よく燃焼するようにサポート。

 

一般的に、この内臓脂肪の燃焼には「ウォーキング、ジョギング、エアロビクス」が効果があります。

 

水素水はこの有酸素運動よりもさらに効率的に燃焼してくれると医学的に報告されています。

 

 

「運動(スポーツ)による慢性的な疲労を軽減」

 

疲労しているときは、朝と晩の水素水風呂に浸かって自身のボディケアをすることで、首や肩の凝りなどの(肉体的筋肉疲労)に効果を発揮します。

 

私たちが健康的に暮らしていくには「善玉活性酸素」も必要!

 

生活に運動を取り入れて「善玉活性酸素」が働くように水素水を味わい身体の環境の調整が運動(スポーツ)の役目です。

 

 

 

怖い!加齢(老い)がダイエットで痩せにくい体質に!?

人間は加齢に伴い抗酸化物質が減少して、体内で悪玉活性酸素が急増します。

 

それが身体内のコレステロールや中性脂肪などの脂質を酸化すると「過酸化脂質」に蓄積にも。

 

油に例えると、「何度も使って茶色に変色した油は、ベトベトになり付着すると取り去りにくくなります。」

 

つまり、この現象が「痩せにくい体質」が生まれる原因に。

 

ダイエットには適度な運動も必要なになる可能性があります。

 

しかし運動を取り入れると、体内に取り入れる酸素が増すので、身体に多くの悪玉活性酸素が発生が発生することに!

 

そこで水素水は悪玉活性酸素を取り除き、ダイエットを成功のために運動をサポート。

 

 

 

 

従来のダイエットの落とし穴!間違ったダイエット方法

食事制限療法によるダイエットは栄養不良状態で食事をすると、少量でも体が栄養を吸収して、リバウンドの原因に!

 

また運動によって酸素を過剰に体に取り込むと悪玉活性酸素が発生につながり、老化を早めます。

 

なので運動の質や負荷と、悪玉活性酸素の量に着目することが肝要。

 

つまり悪玉が発生しにくい運動とは負荷を負わせすぎず、望んでいる身体になります。

 

負荷をかける運動は理想とは逆で、理想的な身体づくりは運動中の悪玉活性酸素の発生を抑制すると考えられます。

 

そこで、悪玉活性酸素を除去する水素水のダイエット効果に注目が集まります。

 

 

 

そこでダイエットに効果的な水素水選びのポイントとは?

最近は手軽に水素水を購入出来ます。

 

しかし、ペットボトルや水筒容器で飲み場合、水素が逃げるためすぐに飲みきるのが条件。

 

また、水素はとても小さい物質で、消費者の手元に届くころには水素が抜ける「インチキ商品」も数多く売りに出されます。

 

なので、水素水を選ぶ注目点としては、水素水サーバーもしくは水素水キットが一番安全です。

 

 

 

水素水はダイエット効果なし?太ったとの口コミ~まとめ

結論、水素水を飲用するだけではダイエット効果はありません(痩せません)。

 

なので、あくまでもダイエットをサポートする飲料としてとらえる方がよいでしょう。

 

この誤認こそが「水素水はダイエットに効果ない(痩せない)」と考えている理由。

 

しかし、ダイエット法や健康法の一つとして「適度な運動」があげられています。

 

ですが運動によって発生した悪玉活性酸素が体内に溜めこむと美容や健康に負担を掛けるため本末転倒です。

 

「運動」をダイエットメニューに取り入れるのであれば、悪玉活性酸素の除去を心がけることが、ダイエットの円滑に有効。

 

そして、体内の循環が改善されると、代謝が上昇して内臓脂肪が燃焼します。

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?