職場の意地悪ババアやおばさんの特徴と対処法は?会社のくそばばあが嫌い

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は4 分で簡単に読めます



あなたの周りにも職場の意地悪ババアやおばさん(会社のくそばばあ)がいませんか?

 

思わず、うざすぎで嫌い!なんて考えてしまうことも。

 

では、さっそく見ていきましょう。

 

 

大嫌い!職場の意地悪な糞ババア(おばさん)の特徴とは

基本にあるのは話していることの大半が上司に関しての陰口。

 

とにもかくにも話すのが好む。

こっちが手いっぱいでもシカトして言って来る。当たり前ことだが逆の際は怒鳴られる。

勤務している時の8割は言葉を発してるイメージ。

 

 

自己中で、自らに取り組む事が多くなることでは『サポートしてよ!』という。

相手が苦悩して手助けするように言うと『何でもひとりの力で出来る様して!』

と場所をわきまえず事務所内に鳴り渡るぐらいの大きな声を出して叱責する。

 

 

自分自身が昼食に行く時は気付かぬうちにサーっと行く。

他の人が行く時には『一声かけてよ』とデタラメな事を気にせず言う。

直接話を持ちかけてくる状況もあれば、置いて手紙みたいにデスクに挟んであることもあり。

 

 

間違えてた時に謝らなかったら上司に告げ口する。

言うまでもなく自分がミスを犯したときは謝らない。

 

 

自分の気に入った人には温かい言葉をかけて、むかつく人にはつまらないミスで怒鳴り散らす。

しかもクライアントの方にも。

 

 

ではこんな職場の意地悪ババアやおばさん(会社のくそばばあ)とどうやって向き合ったらよいのでしょうか?

 

見ていきましょう。

 

 

職場(会社)の意地悪ババアや糞おばさんの対処法とは?

「職場の意地悪ババア(おばさん)の嫌いな理由を探す」

相手との人付き合いをもっと容易くしていくためには、まずは好きになれない相手のことや、自分との関係を客体的に位置づけることです。

 

数多くの人が、嫌いな相手の成すこと全部が嫌だ、「存在」自体が嫌いだと全面否認しがち。

 

ですが、ウンザリするきっかけは、実は相手の「言動」などの一部とも言えます。

 

車が壊れて止まったとしましょう。

 

この理由は車本体ではなく、どこか一部がダメになっているだけなのに、車全体に影響を及ぼしてます。

 

嫌いな相手との関係は、どこか一部が無秩序になってしまい、それが関係全体の要因となりてしまった、というプロセスができます。

 

これを改修していくために、まずはダメになっている箇所や原因を探し出していきましょう。

 

「あなたはなぜその人が嫌いなのか?」

 

故障箇所、原因を把握するために、職場の意地悪ババアやおばさん(会社のくそばばあ)の特徴や嫌いな点をリサーチしていきましょう。

 

 

「嫌いな会社のくそばばあの良いところに探す」

原因を突き止めたら、その件とは違う、嫌いな人の良いところを探すように焦点を当てていくことが重要です。

 

相手にして対して

 

「高慢なところが嫌い」

「チームの統率を重視してない」

 

という考えを持っていると、私たちはどうにも、そのことばかりが目に付くもんです。

 

これは私たちの脳の機能が素因となっていて、所定のことを意識していると、その部分に無意識に(いくら嫌いでも)注目して情報をピックアップしてしまうのです。

 

あなたの脳は、自分がより強く認識していることをアクティブに探してくれているだけ。

 

ですが、それが、あなたに好きか嫌いかはまでは理解できません。

 

であるからこそ、嫌いな人のことを回避しよう、嫌いだとピントを合わせていればいるほど、本当はやり過ごしたいことを、引きつけてしまうのです。

 

 

「気にしすぎはNG。職場の意地悪ババアといつも通り接する」

嫌いな人がいると、それのみで冷静になれないものですよね。

 

であるからこそ、自然にふるまうことに気を付けてください。

 

嫌いな人・好きになれないところを気に留めるほど、相手の嫌な部分を探し出そうとします。

 

 

結果、自分の考えで相手の存在は次から次へと拡大していき、嫌いな感情も増大させることと思います。

 

自然に振る舞うために、以下の2点に気を付けてみてください。

 

嫌いという感情を混入しないこと

嫌いな感情をもち合わせたままでは、「苦手な人の言ったこと」というのみで、先入観に陥ってしまい、相手の言葉や行動をもって正しく見れなくなっていきます。

 

当たり前のことをいつものようにすること

挨拶や御礼をはじめ、あなた自身が普通に周囲の人たちと触れるように関与する、という意味です。

特殊なことをする義務はなく、理に適った関与をするだけだと、割り切ってみてはどうですか。

 

 

「職場の意地悪ババアへの接点を持たない、増やさない」

嫌いな相手の前では、嫌な緊張状態やイライラが生じるかもしれません。

 

そこで、無理やりでも何とか好きになろう、嫌いな思いを取り除こうとするよりも、割り切ったお付き合い方を徹底的に行うことも1つの方法です。

 

コミュニケーションには、むこうとの信頼を組み立てる方法もあれば、その逆も見受けられます。

 

敢えて嫌われることは不要ですが、接する機会を最少にする方法をいくつかお勧めいたします。

 

会話を引き延ばさない

会話を極端に伸ばさないようにする為には、相手の話を促さないことを表しています。

 

共通点・共通の話題を持たない

会話をむやみに伸ばさないためには、相手の話を促さないことが必要です。

 

自己開示をしない

自己開示をしあうことで、人と人は相互信頼を深めることが実現できます。

 

プライベートな話や踏み込んだ話はせずに、また相手にも尋ねないことで、あなたに適度な距離をキープすることができます。

 

 

「意地悪ババアに嫌われる態度の背景には訳がある」

人は、自分自身のことを「役立つ存在」だと考えていたい。

 

(そして)人は第三者からも自分のことを「役に立つ存在」と容認してほしいと考える。

 

人を認めないことで自分を上げて、より役立つ存在だと承認されたい

 

自慢話ばかり行うことは、それによって人から「素晴らしい」と称賛や羨望を手にしたい

 

何かある度に体調を崩すことで、周囲から気遣ってもらいたい

 

そういう風にして、自分の存在価値を確認しようとします。

 

いびつになった満たし方かも知れないが、人はそこまでしても許可されたいのです。

 

自己重要感が充分でなくなると、それはつまり存在することにさえ自信を失くしてしまう。

 

 

 

「相手の嫌いな一面から自分が会得することもある」

 

良いも悪いも、あなたの言動や態度が、相手の言動や態度に影響されて映っているという意識があります。

 

(その逆で、あなたが他者の言動・態度を映しだしてしまう、といったことも影響してます。)
心理学ではこれを「投影」と言っています。

 

「鏡の法則」という書籍がかつて人気になりましたので、覚えている方もいるかもしれません。

 

抵抗感がある相手の態度が、自分の態度を映しだしている、と考えると我慢ならないかもしれません。

 

ですが、自分が第三者からどう映っているかは、他人しか予測できない。

 

 

良い事に携わっている人からは、それを見習い、悪い事をしている人からは、自分にも正すところがないかに見いって改める。

 

 

「人の振り見て我がふり直せ」という旨のことわざもあるように、他人に影響されて自分が磨かれます。

 

 

自分を育成するためだに見なすと、嫌な相手の存在は自分の欠点をわざわざ見せてくれているのだ、と捉えることが適うのではないでしょうか。

 

 

 

このように対処法は色々ありますよね?

 

自分がやりやすい対処法を実践してみましょう。

 

では、実際に職場の意地悪ババアやおばさん(会社のくそばばあ)と接している方たちの意見を聞いてみましょう。

 

 

 

みんなどうする?職場の意地悪ババアやおばさんの対処法

では実際に皆さんはどんな対処法を行っているのでしょうか?

 

体験談を聞いてみると意外な投稿が返ってきました。

 

会社のくそばばあが嫌い!職場の意地悪ババアやおばさんの特徴と対処法について知っていきましょう。

 

 

東京都在住_28歳_Mさん

仕事の知識を増して下手をうたない(一度ミスすると大袈裟に言われる)

 

まっすぐに応答する(かといってエラそうにする訳じゃない)

 

世間話し、自慢話しをされた時はニッコリと、聞くのは何も考えずに。

 

腹立つ事言われたとしても顔に出さない、また逆にナヨナヨくよくよしない。

 

私は自分の親くらいの方を日々相手にしていますが、本当に心暖かい人もいれば、いちいちウンザリする人もいます。

 

お互い、腹わた煮え繰り返っても何も考えず努力しましょ~

 

 

 

千葉県在住_23歳_Sさん

わたしの仕事先の場合、20~30近く年が離れますので、「老人介護だー」

 

と思って耐え抜いてます。

 

何か嫌味耳打ちされたら、その場は、「はーい」とか、「アドバイスとても嬉しく思っています」

 

とか口にしておけば本人は喜ぶので(勿論腹の中では「アッカンベー」ですよw)、極力波風は立て無いように努めてます。

 

ストレス発散は、飲み屋通いに趣味を作って引きずら無いようにしています。

 

神奈川在住_32歳_Kさん

低反発ウレタンマットになったつもりで,やんわりと受けとめて優しく返す。

 

そして後はそりゃなかったことに。。。

 

「ここまで年をとるだけでしようがない。性格だからどうしようもない」

 

と諦めて,過剰にリアクションを示さないことがストレスをた蓄えない一番の方法だと思いますよ。

 

キツイ言い方をする奴。

 

感じ悪い奴はシカトです。

 

 

それがベストです。

 

千葉県在住_32歳_Hさん

ババアは仲間同士でか群れることが多い生き物なので辛抱強く耐えることが必須です。

 

どうしても内容がひどいならば上司に相談を持ち掛けるのがよいでしょう。

 

その人も 昔 そういう事が在ったではないでしょうか。

 

そのウップンを今晴らしのような扱いしているのでしょうか?

 

下手に 反対の意思を示すと今後 眼の仇にされかねません。

 

此処は グッと堪えて 黙って低素振りでやり過ごしましょう。

 

それと、いずれ二度と同じミスしをしない事。

 

同じ事は 100パーセント遣り遂げればいいのです。

 

基本的に 付け入られる注意を怠らない事。

 

学んで その オバサンを追い抜いてましょう。

 

千葉県在住_27歳_Oさん

ババアはあなた自身で会社を辞めさせることは不可能なので、これからは自分の発想を変えましょう、その方が、自分のためです。

 

今、そのババアにムカつく要因は何なのでしょうか?

 

何か、くどくどと注意してくるとか、何でも割り込んでくるとか、電話の声がうるさいとか、何かウザい事を言うとか、いろいろと思うのですが、そういうことを一切、無視、もしくはシカトするどうでしょうか?

 

そのババアがあなたの上司でないのでしたら、別に批判される立場でもないはずですから、スルーしちゃっても組織上では職務違反にはならないでしょう。

 

それよか、そのババアのことは、あなた以外の社員さんも、うっとおしい奴と感じているのですから、全員がスルーしてやれば、そのババアも居処が無くなるなんです。

 

群馬県在住_25歳_Hさん

要は、そのババアの態度をまともに受け取るから、腹が立つし、うっとおしいと思うことなので・・・

 

「あのババアはそういう疾病なのだ」

 

と全く気にせず、クールに見るようにしていけば、気に掛からなくなるはずです。

 

そうです、「あのババアは私には関心ない、赤の他人なのだ」、と思えば良いと思います。

 

現実世界、それでなくともトゲを含んだ時代ですが、自分で工夫すれば、不安だったこと、イラッとすることが、気にならなくなることもいくつも存在します。

 

そのような迷惑な人への対応としては、あえて、目にしないようにする、右から左に聞き流すようにするというのも、自分を守る上では有効的な手段だと考えますが。

 

あなた方の大人の対応や、性格、配慮は、この先も先に考えてください、大切なプラスですから。

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?