ストレスに効くハーブティーのおすすめは?睡眠や胃痛を効果的に治す


この記事は4 分で簡単に読めます



ストレスに効くおすすめハーブティーが睡眠や胃痛に有効

日頃から家庭や仕事場でストレスを溜めている方は多くいると思います。

 

そんなときにハーブティーを利用してみませんか?

 

実はハーブティーの成分はストレス解消して心を落ち着かせるリラックス茶としても人気です。

 

下記に「4つのストレス解消ハーブティー(心を落ち着かせるリラックス茶)」を紹介します。

 

 

ストレスなどで弱った心を回復するレモンバーム

レモンパームも落ちこんでもろくなった心を手伝います。

 

別名、メリッサともいい、南ヨーロッパを原産とするシソ科。

 

「長寿のハーブ」とも伝えられ、常日頃からメリッサティを飲めば長寿できると信じられてきたのです。

 

有効成分はポリフェノール、タンニン、フラボノイド、ロスマリン酸など効能としては、鎮静、抗うつ、強壮、発汗、消化促進、抗菌などが考えられます。

 

 

「不安や緊張に対して神経を穏やかに調整」

抗うつの代表的事例としては、不安や緊張、ストレスから起こるイライラなどメンタル面面に効果を発揮し、気持ちを心穏やかに整理してくれます。

 

ストレスで精神的に気が滅入っている方

先々が心配でたまらない方は飲むのをオススメいたします。

入眠障害にも有効で抗菌作用としては、アレルギーの予防にも。

咳だけでなく、高熱が出る辛く苦しい風邪症候群にも

 

そんなときにホットレモンパームのハーブティは効果が期待できます。

 

ティーには葉と花を用いますが、香りはレモンのよう…。

 

酸味もなく、スッキリした味で、レモンに似たシンプルな香り。

 

若い葉を摘み熱湯を注ぐだけで生のハーブティーの完成形!

 

一方で妊娠中の方の活用には、注意要です。

 

 

セロトニンを高めうつ症を改善するセントジョンズワート

主要成分はジアンスロン酸(ヒペリシン、ソイドヒペリシン)フラボノイド配糖体(ヒペロシド、ルチンなど)タンニン、精油と考えられます。

 

ですが、ここに含まれるヒペリシンが、脳内のセロトニンの量を調節して、うつ症状やイライラ症状を軽減していることというデータがあります。

 

その守備範囲は広範囲で、抗うつ、消炎、鎮痛、睡眠障害などを軽減する作用があります。

 

眼に分かりにくい心の状態を治療してくれる嬉しいハーブとして古代人の尊敬の念があります。

 

和名はオトギリソウといい、古代ギリシャ年代から「悪魔を祓うハーブ」と位置付けて親しまれてきたのです。

 

 

「不安や落ち込みの感情を和らげ活力を取り戻すハーブ」

脳内物質のセロトニンとは、情緒のバランスを調節します。

近年、このセロトニン不足が、うつが見られる原因という説が見られます。

 

セントジョンズワートの抗うつ作用に至るまでのさまざまな究明も行なわれております。

 

セントジョンズワートが、このセロトニン濃度を上げ、抗うつ作用を発揮し結果を残しています。

 

不安や悲しみに苦しんでいる時でもセントジョンズワートティーで口に入れると、セロトニン効果で落ち込んだ感情が軽減でき、活力が満ちてきます。

 

更年期、生理時のうつ症状にも効果があるといわれていますから、女性にとっても試したいハーブでしょう。

 

ティに使う部分は花と葉と茎ですが、味は若干苦味は存在しますが、サッパリとしていて飲みやすいハーブです。

 

ただ、効果が高いだけに、薬の併用の際は、医師の指示を受けた方がいいでしょう。

 

妊娠中の方も使用を避けるべきです。

 

 

パッションフラワーの「アルカロイド」は抗うつ薬

この「ハルマラ・アルカロイド」という成分は、近年では、抗うつ薬の一つとして活用されています。

 

ハーブに含まれる「ハルマラ・アルカロイド」という成分は、冠状動脈を強化する働きを持ち、心臓の働きをサポートします。

 

血行や細胞を阻害する活性酸素を除去し、細胞を活性化してくれるでしょう。

 

天然の植物性精神安定剤ということも可能なパッションフラワーは、優しく心の不調に向き合ってくれます。

 

 

「ストレス性頭痛・肩こりの緊張をほぐしてくれる」

パッションフラワーは、強い鎮静作用があり、古代からヨーロッパでは医薬品として加味されてきました。

 

ストレス性が元凶となり現れる「頭痛」「腹痛」「生理痛」「肩こり」等のような痛みを鎮静化してくれます。

 

特に、精神面での不安、イライラが理由の不眠に効果が期待でき、こうした緊張を和らげ和らげてナチュラルな睡眠へと導いてくれます。

 

こうした緊張による体のこわばりを鎮静化してくれるため、イライラも収まり気分も落ち着くでしょう。

 

生理痛も頭痛もストレスやうつ症状の原因にもなります。

 

パッションフラワーティは、そのような精神的緊張をほぐし、自然の眠りを取り込んで心を楽に解いていってくれるはずです。

 

 

神経性の心身の不調に働きかけるバーベイン

バーベインの主成分はアルカロイド、サボニン、精油、タンニンなど。

 

神経質、神経系統の不調に関して効果作用

精神面の疲労感からくるイライラとか恐れ

緊張、憂鬱などの負荷から来る不調た頭痛

 

これらに関して鎮静する作用があります。

 

鎮静作用の強いハーブは継続利用をしないほうが良いものも数多くあります。

 

ですが、バーベインは継続的に飲むことで、ストレス耐性がアップするというデータがあります

 

 

「PMS(月経前症候群に)の不安定さも緩和」

精神面への効能が高いバーベインは下記の効果があります。

 

ストレスによる過食に歯止めをかける効能

食欲不振などにも効き目があるといわれ心因性の食欲異常に実用的。

 

サポニンやタンニンの作用で消化を促す効能や肝臓の働きを強化する効果もあります。

 

過食や飲み過ぎの後にバーベインティーとして飲むとその効果も知られます。

 

そのほか女性に優しい機能も供えていて、女性のためのハーブと言えます。

 

一例として、ストレス性の子宮障害の改善とか、PMS(月経前症候群)の心身に生じる不安定さの緩和にもオススメです。

 

イライラする気持ちなどの精神的不調の緩和、過食ならびに食欲不振などの改善、また更年期障害の精神的不調等に対しても効能を発揮してくれます。

 

血圧が高めの方や妊娠中の方は、使用をやめた方がいいでしょう。

 

 

まだある!心が落ち着くリラックスハーブティー茶とは?

ストレスを解消する「ペパーミントハーブティー」

 

ペパーミントティーの精油成分には、イライラなどの気持ちを落ち着かせる鎮静作用があることが報告されています。

 

中でもストレスや集中力の低下などにも効果的と言われています。

 

 

爽やかなレモンの香り「レモングラスハーブティー」

 

一般的にレモングラスティーには「浮腫み解消や殺菌作用」などで認知されています

 

しかし、レモングラスの精油成分である「シトラール」には、イライラやフラストレーションなどの鎮静化させる作用があります。

 

 

幸福ホルモンを増やす「リコリスハーブティー」

 

リコリスにはストレス耐性を向上させる効果があります。

 

また幸福ホルモンの分泌をサポートすることで日頃から仕事や人間関係によるストレスから身を守る力がアップします。

 

 

肌荒れを解消する「マリーゴールドハーブティー」

 

マリーゴール(カレンデュラ)ティーには、直接的にストレスを解消する精油成分は含まれていませんが、ストレスの悪影響による肌荒れを予防します。

 

また近年では精油(エッセンシャルオイルアロマオイル)としても人気を集めています。

 

 

このようにストレス解消に効果的なハーブティーは多くありますが、できれば一つにまとめたいものですね。

 

今回はストレスを解消する用途を目的としたブレンドハーブティー(心を落ち着かせるリラックス茶)を愛飲してみました。

 

では見ていきましょう。

 

 

飲んだ!睡眠や胃痛に効果的なストレス解消におすすめのハーブティ

東京都_30代_看護師_T・Eさん

今回、ストレス解消ハーブティーブレンドをいただくことになりました。

個人的には、ストレスだけじゃなくて他にも魅力が!!!

ストレス解消ハーブティー(心を落ち着かせるリラックス茶)

今回については、「ハーブティーナチュラルリズム」から販売されているストレス解消や集中力の向上に役立つリフレッシュブレンドの口コミリポートをいたしました。

 

 

こちらは「勉強疲れ、日常的なストレス、集中力向上」などに効き目があるハーブを配合。

 

気分転換(リフレッシュ)をサポートする用途のハーブティーです。

 

極端に集中力や精神的な安定ってストレスのせいでキープされるのが大変ですし、「ストレスで全然身が入らない!!!」

 

 

なんてことも・・・・

 

 

家事で、慌ただしい毎日でイライラした日々が続いてるので、面倒くさいです。

 

さて、「集中力の向上に_リフレッシュブレンドティー」はいったいどんなテーストなのでしょうか?

 

これについては、気分転換(リフレッシュ)を考慮したベネフィットで配合されたハーブティーですね。

 

 

その中でも、ペパーミントやレモングラスの精油成分(香り)には、「精神力の向上やストレス解消」をアシストすることになりますね。

 

 

あと、ストレス解消などの気分をポジティブにする力を発揮してくれると、メディカル的にも立証されています。

 

また、カレンデュラ(マリーゴールド)にはホルモン様作用があるので、ホルモンバランスを調節する役目を果します。

 

 

なので、生理中のイライラにも一役買ってくれるのは、女性のみなさんとしてはとっても嬉しいかな。

 

ストレス解消ハーブティー(心を落ち着かせるリラックス茶)

 

「ストレス解消や集中力の向上に役立つリフレッシュブレンドティー」の成分表です。

 

「レモングラス」

「リラックス効果、ヒーリング、流行性感冒予防、浮腫み解消」

 

「ペパーミント」

「ストレス解消、口臭防止、胃痛緩和、風邪症候群予防」

 

「リコライス(リコリス)」

「幸福ホルモン強壮、ホルモンのバランス調整、胃痛鎮静」

 

「カレンデュラ(マリーゴールド)」

「月経痛沈静、胃痛軽減、肌ダメージ改善」

 

「ホウショウ」

「ストレス解消、睡眠障害改良」

 

「イチョウ」

「プレッシャーの沈静、鎮静作用」

 

「ゴタコーラ」

「リラックス効果、コラーゲン生産バックアップ、肌のプリプリ感修復」

 

「シベリアジンセン」

「抗ストレス作用、リフレッシュ」

 

ストレス解消ハーブティー(心を落ち着かせるリラックス茶)

 

今回も抽出時間5分:コップ300mlをファクターにしています。

お湯を注ぐと「ミントのような爽やかさとレモングラスの葉」香りが分かります。

 

そして、そのなかにツンと来るようなお酒の香しさが堪能できましたね。

 

なんとなくですが、「西洋の強いお酒を飲んでいるような」そんな雰囲気ですね。

 

 

ストレス解消ハーブティー(心を落ち着かせるリラックス茶)

では「集中力の向上とストレス解消に約アつリフレッシュブレンドハーブティー」を飲用。

 

 

ハーブティーにすると「すがすがしい気分のミントのようなテーストとトロっとした甘味も感じます。

あと、何処か「燻製(くんせい)」とウォッカを足したようなフレグランスも遊べるかな。

 

 

そして後味に、ミントの清涼感オンリーが口の中にそのままの状態です。

 

ちょっとトロミがあるのか?「ミント」のすがすがしい香りがペタっと口内ついているようなフィーリング。

 

 

ストレス解消ハーブティー(心を落ち着かせるリラックス茶)~まとめ

今回は、「ハーブティーナチュラルリズム」から販売されている集中力の向上とストレス解消に役立つリフレッシュブレンドティーの口コミリポートをいたしました。

 

 

リフレッシュ(気分転換)などの精神的なアシストする用途ををターゲットにしてブレンドしたハーブティー。

 

 

なのでストレスの溜まるような勤務している時や勉強中に活用できますね。

 

 

あと、ストレス解消への有用性も見受けられるので、長い期間のメンタル的なの疲労にも便利です。

 

なによりストレス症状は「老化や免疫機能低下」に陥ってしまうので・・・・・・・

 

長期的に、対策できる点では感動させられましたね。

 

 

 

今回、口コミしたハーブティーのお店の情報は下記をクリック。

 

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?