パートのイジワルババアや職場のモンスターおばさんへの対処法とは?

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は5 分で簡単に読めます



あなたの職場にもこんな方はいませんか?

 

「陰口や噂話をしているモンスターおばさん」

「人の粗探しばかりして注意してくるモンスターおばさん」

「面倒なことを押し付けてくるパートの意地悪(イジワル)ババア」

 

パートのイジワルババア(モンスターおばさん)は身近にいます。

 

ではどうやって接したら良いのでしょうか?

 

 

職場いるパートのイジワルババア(おばさん)への対処法

もしも、どうにも軽蔑される女の子と親しく付き合っていかなければいけなくなってしまう場合は、それはかなりキツイことでしょう。

 

だって通常なら、自分と良い所の合う人達と時間をシェアしている方が人はうんと心地よさに気付くのが当たり前のことです。

 

でも、大人になると苦手や嫌いと言って、その人との関りを全く遠ざけることが許されないことも頭に入れましょう。

 

可能ならば関わり合いたくない女子と、上手に親しくしていく方法を修得する事の方がこの後に自分がストレスを少なくできることへつながってくれることでしょう。

 

では、人生経験の1つとして蔑まれる女の子と上手に一緒にいる方法のまとめ等を利用してみましょう。

 

 

 

「なるべくモンスターおばさんとは一緒にいない」

嫌われやすいお局様(糞ババア)に関しては、やはりそばにいるだけで何故かフラストレーションを溜めてしまうことでしょう。

 

自分にイライラすることが多いようなら極力親しくしていく時間を少なくするようにしたり、なるべく一時的な接触に留めることを意識することも時には要されるのではないでしょうか?

 

相手の何がどう嫌いかによりますが、もし仕事柄だけの社交ならまだギリギリのライン内で付き合う事が可能ならしっかり線引きして妥協することも必要です。

 

仕事上では上手く意思疎通をはかり、プライベートは一切シカトするなどけじめを出すことで、滞留したストレスを放散する場所を維持しましょう。

 

どうしても、我慢がし難い場合や割り切って一緒にいることも大変なときは、一緒いることを断念するもの重大な選択肢と言えるかもしれません!

 

ストレスで自分の身体を崩してまで嫌な人と付き合う理由はないはずです。

 

 

「パートのイジワルババアの存在を気にしない」

相手を気にしていては時間の無駄だと認識や捉え方を変えてみることだって重要でしょう。

 

きっとあなたの性格によっても変わるに違いありませんが、個人的な意見を述べるならば性格に元凶がある女性とは「こう言う人なんだ」と納得してしまう事の方が効率良く見えます。

 

苦手な人や拗ねている人はどうしても目立ちやすく、イライラしてしまうようですがそれでは逆にわざわざ自分にストレスをかけているもの同然。

 

そんな事に時間を惜しまずにいてはもったいなさ過ぎると感じませんか?

 

例え、相手から意味ありげなことを話されても「そーだねー」と口にして、後は何も気にかけないくらい多少太い神経に至った方が自分だって逞しくなれることでしょう。

 

気持ちの面でもず太くなることも人生でムカつかない為には肝心の技ではないかと考えます。

 

他人から評価の悪いお局様(糞ババア)のことはさほど構わず自分自身に時間を使用しましょう!

 

 

「無理にお局様(モンスターおばさん)と関係を持たない」

今まで考えてどうしても、相手のことを受け入れることに限界を感じるのなら一切閉鎖して、相手を近づけ無いようにする方法は最終手段として免れないことでしょう。

 

あなたの性格によるでしょうが、それが成せる人と出来ない人に分かれることもあります。

 

ですが考えようによってはそれが出来れば無駄にカッカすることなく済むでしょう。

 

だた、関係を持つことなく済むような一定の距離を維持できてる場合に限って可能な方法なので、あまり効果が出ないとも言えそうです。

 

職場など、絶対に関わらなければならない場において、一切関係を断つことは逆効果であなたの信用を失いかねません。

 

 

「直接対決!パートのイジワルババアへの不満を指摘する」

相手のことを考えることも重要な部分です。

 

どうしても、お付き合いしてくうえで相手のためにになると思案するのなら直接意見することも重要なのかもしれません。

 

人と深い関係に結び付くうえで相手の悪い部分を指図しながら育っていければ双方本当に信用できる関係を作ることができるかも知れません。

 

歳を重ねる毎に、人は人とぶつかることから避ける要素が強くなります。

 

人と争うことが毛嫌いして、引くことを会得していきますがそれでは新しく相互信頼を作ることからは遠ざかってしまうわけです。

 

もし、成人してから嫌いな人や相手の悪い部分に関心を寄せてしまう事があったら、勇気を出してきちんと相手に言い聞かせてみましょう。

 

それで相手が変わってしまってくれれば、きっと自分も貴重な人生経験が作り上げられたことになるはずです。

 

 

「お局様(糞ババア)の前でミスがないようにする」

悪口が癖のように出易い女子や、人を鼻で笑ることが好きな女子など本来その癖さえ出ない場合は後はそこまで然るべき性格だったりする人もいるでしょう。

 

私の友人でとても可愛い女性がいますが、男性に可愛がられてきたせいか自分の友達以外の女性にすごい辛口評価をするのでこちらは少々困ってしまう時があるのです。

 

それさえでなければ、他に心配ないように感じます。

 

もし、彼女の辛口評価が始まる前に話題を逸らしてしまう事が出来れば、きっと彼女はもっと性格のいい女性になれるでしょう。

 

こちら側でリードしてあげる技術を磨くことも、自分が快適な時間を生活するための方法なのかもしれません。

 

相手の悪い部分でも、自分次第でもしかしたら変えることが出来ればもっと友好な人間関係を作ることが出来るかもしれませんね。

 

 

「モンスターおばさんと距離をとって遠くで見守る」

ある一定の隔たりを保つことで頭にくる部分を見ずに済むでしょう。

 

それが、なぜか1度は仲良くなった相手なら、徐々にフェイドアウトしていくことが賢明でしょう。

 

全く知らんぷりをしては、相手も悲しい感覚に捉われるでしょう。

 

ですが、関わることで自分にイライラすることが多いのなら来た連絡に限っては返す、誘いは上手く断るなどして遠くで相手に変化が起こる事を願いましょう。

 

もしかしたら、相手も大人になる程性格が一変するかもしれません。

 

性格が変化すればその先にまた仲良くなれる機会が訪れるケースもあるでしょう。

 

一切塞いでしまうと、その後のチャンスも失ってしまいますから、出来れば距離を持つことが最善策なくかもしれません。

 

 

 

 

同性に嫌がられてしまう女は、本当にいったいどんなパーソナリティの持ち主なのでしょうか?

 

ということで30〜40代の女性200人を対象に「怒りたくなる女はどんな女?」

 

というご意見調査に触れみました!

 

 

職場にいるパートのモンスターおばさんのムカつく体験談

「非常識系ムカつくお局様(モンスターおばさん)」

無茶苦茶なエピソードが続々!

 

最後は読んでるだけでムカつく、度を超したウザすぎるお局様(糞ババア)たちをどうぞ!

 

「心のない人間。

自らの野心のために汚い手を用いて仕事を持ってる人。

リアルで上司ですが、営業の仕事で人のクライアントを平気でルールをおかして横取り……バレているのに隠蔽しようとしている」

(北海道在住_38歳_男性Kさん)

「ヒステリーで勝手気まま!!

朝の挨拶で『おはようございまーす』

と挨拶しただけなのに『語尾を引き延ばすな!』

と机を攻撃して怒鳴られたり、昼休みに気付かれないように話していたら

『私が生理で厳しくて横たわっているのになぜ喋るんだ! 黙れ!』と怒鳴られた」

(大阪府在住_32歳_女性Aさん)

「デブになってる女性に

『なんでデブになってるの?』

って問い掛けてた。

自己管理がなっていないんだねって言ってて目からウロコ。高校時代の話」

(埼玉県在住_29歳_女性Mさん)

 

理不尽だと考えれば見て見ぬ振りをすれば賢明だと思います。

 

ですが、実害が及ぶとなれば、たまったものじゃありません。

 

「理解不能系でウザすぎるお局様(糞ババア)」

お付き合いを100パーセントシャットアウトしなければ、近しい同性同士でも「自分はカヤの外に置かれた……」

と思っている人付き合いが引き起こされるのは言うに及ばない。

 

では見ていきましょう

 

「怖いママ友。

あれもこれも同一人物の話。

自分の子どもさんがやったことなのに、うちの子がしたと無実の罪を着せた。

真実が明らかになっても依然としてお詫びなし。

一流会社社員や有名大学出身の人が好きらしく、やたら目に入ってくる。

一緒にいたって同類になんか見当たらないのに……(笑)」

(神奈川在住_42歳_女性Fさん)

「付き合う男が元凶となり、お金が無い男と交際のあった時に、お金がらみで接触してきたり、ネズミ講をやらされかけた親友の女。

常日頃から味方でおいたにも関わらず、私が緊急事態の時は

「友達じゃない!!」

と自らの都合が良いときしか関心を持たない」

(千葉県在住_32歳_女性Sさん)

「顔を合わせるなり蹴る。

小さなグループで話を済ませていて自身だけ何も知らぬまま何もせず放ってけぼりにしていく。

仲間をと同行して集団でにらみをきかせる」

(茨城県在住_32歳_女性Fさん)

 

 

200人から拾い集めた逸話のうち選び抜かれた部分を掲載していますが、まあ送られてきたエピソードの長いこと長いこと!

 

蓄積しているものが存在するのでしょうか。

 

思い出してみただけで腹が立つということかも?

 

 

「プライド高い系ムカつくお局様(モンスターおばさん)」

パートのイジワルババア(モンスターおばさん)は「こういう性格だから」

 

とか意思の疎通のぶつかりがムカつく悪い影響を及ぼしている。

 

のであれば、嫌いであっても頭では認識できればというもの。

 

では見ていきましょう

 

「自らの自慢話オンリー。

人が傷付いている場合に不必要に傷つけるようなことを言う。

自分じゃ行動することなしくせに、命令だけは示してきて、一番にいないと不満。

息子の部活で顔を合わせた保護者仲間の鬼ババア」

(兵庫県在住_47歳_女性Sさん)

「自尊心だけがブロックして、年上だけど後輩になるのに命令を右から左に聞き流す。

失敗しようとも責任逃れの嵐。ウソつく」

(東京都在住_32歳_男性Mさん)

「一般庶民の自らのことを、なぜかお金持ちと勘違いの振る舞いを繰り返す!!!

自分の子供は褒め殺しにするが他人の子供は罵詈雑言を浴びせる。

余す所なく勘違いな人

(千葉県在住_32歳_女性Sさん)

 

自分とは全然異なる価値観に「見当がつかない」ということがホンネと言えそう。

 

逆を言えば、その人も面白くない女からムカつかれている可能性があるとも言えそうです。

 

 

「裏表極端系ムカつくお局様(モンスターおばさん)」

 

相手からどう感じられているのかを常に意識を集中させながらムカつかれないように・・・

 

そしてイライラしないように、平穏に暮らしていきたいものですね!

 

どうにも難しいけど。

 

「以前、仕事先にいた人間として失格な女。

上司には態度よく、無駄に残業してたため、仕事を終わらせ定時にあがっていたわたしが悪くハッキリ言われた。

事務所に女性が3人いましたが、思い通りにいかない理由が“私にはヨーグルトを渡してくれないから”

という、質の悪い発言に目からウロコでした」

(北海道在住_38歳_男性Kさん)

「自分と比べて先輩の人がいるところでは仕事をサポートしてくれるけど・・・・

先輩が存在しないところではさっぱり救いの手を差し伸べてくれないし!!!!

私のいないとするところで悪口を話された!!!

なので、嫌で仕事を辞職した」

(東京都在住_32歳_男性Mさん)

「自分好みで相手を振り回したり・・・

相手をじっくり見て自分より強い人には媚びるのに・・・・

自分より同じ立場かもしくは弱い立場には上から目線だったりの人!!!

(東京都在住_42歳_女性Sさん)

 

どうでしたか?

 

幾らかは自覚があったりすれば可愛げがあるかもしれませんが、完全に「自分が正しい」と考えていると、手に負えませんよね。

 

 

「勘違い系のウザすぎるムカつくお局様(意地悪ババア)」

 

たまにお目に掛かる高慢な女たちからどうぞ。

 

ただ、例外的なものとしてまったく理解の及ばない人もいるわけで……。

 

「知人のことを、まるで我が事のように豪語してくる人。

その知人についてこちらは一切分からないので、耳にしても話が侘びしい。

話にオチもなく、沢山の知人の話ばかりがダラダラと続くので苦痛」

(神奈川在住_37歳_女性Sさん)

「都会出身という理由で自分は一流だと勘違い!!

田舎出身の人たちを軽んじて見下す女

もう本当にウザすぎる!!!

殺意が芽生えることもしばしばあります!!!!」

(熊本県在住_44歳_女性Sさん)

 

その度合いが激しくなれば

「大嫌い」

「顔も目にしたくない」

という認識を抱きかかえてしまうケースも、人生に1人や2人は生みだされることでしょう。

 

 

「色気づいてる色情系ムカつくお局様(糞ババア)」

 

恋は揉めごとの火種って、ご存じの通り。

 

やっぱりこれに関する裏話もポツンポツンと集中しましたよ。

 

「かわいこぶりっ子。

男の人の前で媚を売る人は好きになれないので

ハッキリ言って白けてしまします。」

(群馬県在住_45歳_女性Gさん)

「大学時代の後輩。親しくするフリをして私の彼氏にアプローチし、告白した。

彼氏はふってくれたから良かったが……」

(東京都在住_36歳_女性Tさん)

「趣味のサークルで、リアルにキャバ嬢そのままのような振る舞いの年増女がいました。

よくありそうな話ですが・・・

サークルの男メンバーの多くが、その女の操り人形状態でした(笑)」

(熊本県在住_44歳_女性Sさん)

 

 

どうでしたか?

 

 

パートのイジワルババア(おばさん)の対処法~まとめ

1度毛嫌いししまうと、2度と仲を戻せないのが女子というものです。

 

でも、女性同士でも上手くやっていかないとダメなことは多くあるのが、女の世界の使辛い部分です。

 

会社の女上司やママ友、さらに姑など女同士は以前より色々と難しいのです。

 

そして女の性格は何だかんだとしつこいから、どんどん厄介なのです。

 

女に嫌われやすい女を学ぶことで私本人がその対象になることから遠ざけることが可能だと考えます。

 

なるべく女のいざこざには見舞われないほうがありがたいのです。

 

世の中上手く渡る為に必要なのは男性に愛されることより、2度と女性から嫌われないようにする事の方が最優先だと言えます!

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?