レモングラスハーブティー茶の5つの副作用や飲み合わせは危険!

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は2 分で簡単に読めます



多くの女性に人気を集めているレモングラスハーブティー(お茶)ですが、実は危険な副作用があるのはご存知でしょうか?

 

では、いったいどんな副作用を持っているのでしょうか?

 

さっそく見ていきましょう。

 

 

レモングラスハーブティー茶の5つの副作用が危険!

「レモングラスハーブティーを子供への飲用は避けましょう」

現代社会において、レモングラスティーは子供に飲ませるのは避けるべきと指摘されています。

子供にとってレモングラスの精油成分は刺激が強力。

レモングラスの精油を大量に誤飲した子供が副作用を起こした例もあり、気を付ける必要があります。

一般的に、レモングラスティーは子供に飲ませるのは勧められないと公表されています。

子供であれば、レモングラスの精油成分は刺激が強く、レモングラスの精油を多量に誤飲した子供が亡くなられた例もあり、気をつけましょう。

 

 

「妊娠中は様子みながら飲用しましょう」

妊娠中や授乳中の女性のみなさんは、レモングラスティーが体質に合うかの見極めを誤らないために、スタートは薄目に作ったものを飲用。

そして体の具合を観察したの方が良いでしょう。

レモングラスが母乳の出に実効性があるなどの逸話もあります。

現実的には、妊娠中や授乳中の女性にレモングラスがどんなような影響力をもつのかについて、充分な論理的究明は記されていません。

他の茶葉とブレンドしてレモングラスの効能にプラスすると、アレルギーなどの副作用のリスクも減り、問題なしに飲用することができます。

 

 

「レモングラスティーのアレルギー症状が起こる」

かなりほとんど無いことですが、体質により、レモングラスティーでアレルギーが起きるである可能性もあります。

 

アレルギー症状には、皮膚のかゆみやかぶれ、胸の痛みや狭窄、喉の腫れ、息苦しさなどがあります。

 

もしそういう点の症状が出て来たケースは、飲用をお控えください。

 

 

「授乳期間中に飲むと副作用になる可能性も」

レモングラスが母乳の出を良くするなどの逸話もあります。

 

ですが、現在のところ、妊娠中や授乳中の女性にレモングラスがどのような効果をもたらすのかについて、満足な科学的研究はされていません。

 

そういう理由から、妊娠中や授乳中の女の人達は、レモングラスティーが体質に合うかを識別するために、まず第一に薄目に作ったものを摂取して、体調を観察した方が理想的でしょう。

 

あるいは、他の茶葉と組み合わせてレモングラスの効能を食い止めると、アレルギーなどの副作用のリスクも減り、安穏飲むことができます。

 

 

「レモングラスティーと医薬品の飲み合わせは大丈夫?」

一般的にレモングラスハーブティーと医薬品やサプリメントなどの飲み合わせに関する副作用は報告されていません。

 

ですが、レモングラスティーといえど立派な栄養成分が含まれているハーブティーでもあります。

 

なので少しでも体調に変化があるときは飲用するのを控えておくのがオススメですし、特に妊娠中や授乳期間中は気をつけておきましょう。

 

少しでも体調に違和感がある場合は、使用量を控えるようにするか、もしくは摂取自体を取りやめておくのが賢明だと考えられます。

 

 

 

レモングラスハーブティー茶の5つの副作用~まとめ

こんなに何種類もの効能があるレモングラスですが、なにか副作用ってあるんやろか・・・?

 

一つ不安があることと言えば、子宮の収縮作用があるという所。

 

妊娠中の方、とにかく妊娠初期の方は服用法・量を意識した方がおすすめですね。

 

ただ適度に飲用することで感じられるプラスの面も何種類も存在しています。

 

レモングラスを多量に使うベトナムやタイのママさんも生気溢れるお子さん出産してますからねー。

 

一口でも口にしちゃダメ!というようなことではなく、過剰な摂取だけは控えて下さいね。

 

妊娠中のおかあさんは注意していただきたいが、その他にはセンシティブな副作用はないようです。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?