月見団子は愛知県名古屋市が一番!面白い形で美味しいって評判です

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は2 分で簡単に読めます



月見団子は地域によってさまざまな形。

 

ですが、なかでも「愛知県名古屋市の月見団子」が一番だという評判もあります。

 

では、さっそく「愛知県名古屋市の月見団子」を見ていきましょう。

 

名古屋では、十五夜を「芋名月」と言って、その当時収穫される「里芋」に品定めし型を受け取ったお月見だんごを華やかにする恒例が存在するのですよ。

 

 

三色団子が長形のこちら(愛知県名古屋市の月見団子)は、ういろうと同じ素材で造られていると言われています。

 

取り敢えず、里芋を見通しを立ててこういうシルエットだと言われていますが、なぜこの3色なのか?このページで解説していきます。

 

コミックやイラストで世の中に出回っている「お月見団子」を調べてみると、カラーは白くて、フォルムはまん丸。

 

 

しかし一般的に月見団子は下記のような形です。

ピラミッドのように山盛りな形式の…という認識だと思われますが、名古屋っ子から見ればそれは思い込みのなかだけのお月見団子。

 

 

お月見団子は全国各地によって相違があり、白くてまん丸な点は関東、意外と関西になるとお餅があんこで包装されて赤福状に変容したりするようで。

 

 

しかし愛知県名古屋市の月見団子は、シルエットはしずくでコントラストは3色。

 

長期間に亘ってこれといって変な感覚も異なる先入観も覚えいなかったけど、正直なところその形でその色は…よく見たら良い感じのものだった…。

 

 

 

実は「愛知県名古屋市の月見団子」は団子の味じゃない

愛知県名古屋市の月見団子が他の月見団子と異なっているのが噛みごたえと味です。

 

そもそも、お月見団子と称されているにもかかわらず、名古屋のお月見団子は材料も味も団子だとは言えません。

 

 

ういろうと一致する原料品で作ってあります。

 

つまり、東京でいうところの「すあま」です。

 

 

なのでちゃんと甘いんですね。

 

 

ピンクは彩りがついているだけなので白とピンクは大差はない味ですが、茶色だけは黒糖でありまして味が異なる所があります。

 

スタンダードなおだんごは白玉粉を活用していることが多いだと思われますが、名古屋のしずく型お月見だんごは、“米粉”で作ってあります。

 

 

名古屋名物“ういろう”とそっくりですね。

 

 

お砂糖も入ってるので淡く甘めにモチモチとしています。

 

黒いおだんごは黒糖が扱われているのでかすかにほろ苦い感覚もしますよ。

 

 

どのような様子でしたか?

 

10月4日を名古屋で生活する方は、ぜひ本年度のお月見には、このしずく型のおだんごを差し出して食べてみた方が良いですよ。

 

 

 

愛知県名古屋市の月見団子はしずくの形で色は3色が定番

名古屋のお月見団子が何かと言ったら「しずく型」です。

 

しずくを更に細長く伸長させた感じのデザインです。

 

名古屋は十五夜を「芋名月」と呼称しいて、里芋を供えていた結果に由来してこのスタイルと呼ばれているのですが、里芋の形と言うより間違いなくしずくですね。

 

里芋のニュアンスだったものがデフォルメを行っていった等等しょうか。

 

さらに、まるで3色団子のと同様「白」「桜色」他には緑…というわけじゃなく「茶」の3色でまかなうのがオーソドックスとなっています。

 

 

この茶色なとところが里芋由来をよく確認できますね。

 

店先で商取引されているお月見団子も確実にこのタイプですし、住居ではこどもの時代にお母さんが手づくりして貰ったお月見団子もこの方法です。

 

まだ小さかった頃はお決まりの白丸のお月見団子は、どこに通えば取れますのだろう?

 

と思いがけないことだとイメージしているものですし、地域の特性の違いだとは分かって見受けられなかった。

 

 

 

由来は?愛知県名古屋市で今の月見団子ができたワケ。

名古屋のお月見だんごは「しずく型」、野菜をかたどっているピクチャーブックやTV番組に見えてくるお月見だんごって白くて丸い。

 

そして、ピラミッド形に積まれていますよね。

 

 

どうやら全国的にはこちらが一般的なお月見だんごだったようです。

 

では、名古屋のお月見だんごは?

 

 

本年度の十五夜は、9月25日だと言えます。

 

「中秋の名月」とは、旧暦の秋(7月・8月・9月)のうち、合い間の旧暦8月15日(=9月25日)だと考えます。

 

月見いう意味はお団子ですが、日本国内にはその形もバラバラです。

 

中部ゾーンより西はサトイモ型と言われています。

 

これとは別にまん丸にしたり、アンコグルグル巻きにしたり。

さる事ながら雀おどりは、今までサトイモ型。

 

味の結局、プレーンな白とコッテリの黒糖味の2ジャンルです。

 

お団子に加えてに、すすき・かぼちゃや、芋なども一緒になって装飾すると尚更いいそうです。

 

やっぱり、もともと365日での収穫神様に付き添いえするルーティンですからね。

 

いろいろ大人気にしましょう。

 

そういう理由でお団子の数も、12か月でのお礼をこめて一年間で12個で、うるう年だけは13個にすると聞きます。

名古屋でお月見だんごといわれるのは、たくさんの人が画像のようなしずく型で白、茶、桜色の3色のものを思い起こします。

 

名古屋生まれ名古屋育ちの筆者も、間違いなく小さなころからこのおだんごを何のちぐはぐな感じもなく口に入れていました。

 

このポピュラーでない形は、実は“里芋”の形を模したものなんです。

 

仲秋の名月には、米など秋の収穫に感謝の気持ちし、お礼の気持ちを込めておだんごをお供えしています。

 

ですが、名古屋では“十五夜”のという事を“芋名月”と命名して、里芋を献上していたことからこのシルエットになったと思われます。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?