月見団子を食べる由来とは?子供の盗み食いが許される理由はなぜ?

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は2 分で簡単に読めます



月見団子を食べる理由と由来を解説!食べるのはなぜ?

月見団子を食べる由来とは?子供の盗み食いが許される理由はなぜ?

お月見は、元を正せば収穫や豊作を祝うイベントなんです。

 

サトイモや豆類を月にお納めして収穫に歓喜するもの。

 

お天道様と一緒のようなもので月も見事な実りのシンボル。

 

 

古くなった文献を確認してみると、平安時代からすでにお月見はあったことが認識しています。

 

収穫を歓喜する心のうちは、月の呼称からも納得。

 

旧暦の8月の初め(新月)から数えて、15日目と符合する十五夜(満月)を「芋名月」と呼称されます。

 

今回に関しては10月3日がそれに該当します。

 

それらの他にも、旧暦の9月の最初から13日目の十三夜を「豆名月」「栗名月」と呼称します。

 

個々人で、収穫時期を確認しながら呼称されたんだよ。

 

農作業と月って、親密なつながりにあります。

 

古風な人も、僕らがまじまじと見ていたのと一緒の月を目にしていました。

 

収穫に有難く感じて、今年は団子だけではなくてサトイモや豆も一緒にお供えしましょう。

 

 

 

月見団子を盗み食いを子供だと許される!その理由は?

月見団子を食べる由来とは?子供の盗み食いが許される理由はなぜ?

普段、仏様などのお供えを子どもたちが断わりもなく口にしたりすると、おとなに怒られちゃうけど、お月見の時に関しては別。

 

ちびっ子達がお供えをこっそり召し上がっても大人から怒られないと言われています。

 

これは古くから知り合いの家で供えた団子を、おチビちゃんたちが味わって歩くという慣例もあったと聞きました。

 

つまり月見団子をお供えするのは「子供にも食べて欲しい」との通説もあると言われています。

 

ピラミッドと勘違いするような山形に団子を盛るのも根拠があり、団子の先端が「霊界」に通じると考えられてきたからと言われています。

 

団子を通して、収穫の感謝の気持ちを月に伝えていたと考えられています。

 

霊界と通じたい時には、このようにお供えものを中空に高く積んできたり、吊るしたり行っていました。

 

これをアンテナと表現する方もいます。

 

 

 

嫁入り前は月見団子を食べてはいけない!その理由は?

月見団子を食べる由来とは?子供の盗み食いが許される理由はなぜ?

『嫁入り前の娘は断固として口に入れてはいけない』

 

なんて神話が在り得ますが、これは「白くて丸い団子の形が妊婦と勘違いするようなことから」というロジックが有力のようです。

 

説明しようのない伝説ですが、そのように言われれば結婚前にそれはちょっと迷惑ですね・・・

 

つまり、月見団子って単に

 

「旨味のある!思う存分食べる!」

 

ってとは関係なしにてお月さまへの御礼を表したものになりました

 

 

 

月見団子を美容目的で食べる人も!その理由とは?

月見団子を食べる由来とは?子供の盗み食いが許される理由はなぜ?

月見団子は一般的に米粉が原材料として使われております。

 

なので、カロリーも少し抑制されており、お肌にも素晴らしいそうです。

 

近年では、豊作だけでなく、ダイエット目的や美肌効果を期待して食べている人も一部ではありますがいます。

 

では、詳しく見ていきましょう。

 

 

 

「血糖値の上昇が緩やかで太りにくく腹持ちがいい」

月見団子を食べる由来とは?子供の盗み食いが許される理由はなぜ?

皆さんの身体は食料品を召し上がると血液内にバイタリティーになる糖質が血糖値として増加する。

 

これらが沢山になると糖質の形がトゲトゲ状に成長しているため傷つくことを差し止めるために、インスリンと思われる成分が出て細胞内に運び栄養という形で燃焼するようになります。

 

ですが、血糖値が急に増え始めると細胞が処置できないので残存している分は体脂肪として積みこんでしまう。

 

米粉はこの作用が遅く効率よく長くバイタリティーとなるため腹持ちがよく、割かし体脂肪になりにくいため脂肪がつきにくい。

 

また米粉にはカロリー制限に仇敵である

 

食欲増進の働きがある「グルテン」は含有されない。

 

油の吸収率が低レベルなので揚げ物でもデブになりにくい。

 

小麦アレルギーと同じが無い。

 

 

ことから摂り過ぎ予防や油料理の衣などにも適しているため現在注目されているのです。

 

 

 

「月見団子は腸内環境をスムーズにして美肌に効果的」

月見団子を食べる由来とは?子供の盗み食いが許される理由はなぜ?

米粉はお米の成分で出来ているためビタミンCとは違った全てをバランスよく摂り入れできる為に、腸内環境を正常化させやすい効果があります。

 

このことからいつの間にか肌も好転することが結果的に生じている。

 

そのため小麦粉でつくるパスタやスイーツよりも米粉で作ったほうが食べるたけで、自然と栄養成分をバランスよく体内に入れます。

 

なので最終的には身体中にいいことが沢山なるのです。

 

 

 

なぜ15個?月見団子を15個食べる理由(由来)とは

月見団子を食べる由来とは?子供の盗み食いが許される理由はなぜ?

「十五夜」だから…お月見をする日は、主に旧暦の8月15日の夜。

 

当日は別名「八月十五夜」といい、結局のところ「中秋の名月」は当日という性質があります。

 

十五夜とは満月の別名。この「十五夜」に因みまして、月見団子は15個並べるのがレギュラーとなっています。

 

中秋の名月に満月を愛でる傾向が見られますが、満月になる前の月を愛でることだってあります。

 

旧暦9月13日に月見をする慣行がある土地も存在して、こちらは「九月十三夜」と言われています。

 

このときは、「十三夜」にちなんで、月見団子は13個並べるのが正しいポイントだと想定できます。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?