竜胆(リンドウ)の効果がスゴい!代表的な4つの効能と口コミを紹介

この記事は2 分で簡単に読めます




竜胆(リンドウ)の効果にはどんなものがあるのでしょうか?

 

実は、とっても優秀な4つの効果があることが知られています。

 

では、さっそく見ていきましょう。

 

竜胆(リンドウ)の効果がスゴい!代表的な4つの効能

「胃痛・胃もたれを緩和する効果」

リンドウの有効成分(ゲンチジン、ゲンチオピクロシド)には、苦味が存在することから「苦味成分」とも称されております。

 

この薬効(効能)は健胃作用や胆汁分泌働きが期待できるとされています。

 

この苦味成分によってお腹がペコペコである時や食事中などの「胃痛、胃もたれ」や食欲不振に効果が期待できます。

 

また胃酸過多症、腹痛など消化器系の不調にもパワーを発揮してくれるとされています。

 

 

「胃腸を整えて便通を促進」

リンドウ(竜胆)には、胃の調子を正常化することによって、胃の不調による「便秘症状または宿便症状」などに効果があります。

 

このことから近年では女性にも推奨されているハーブティーや漢方として注目を集めており、少しずつ愛飲者が増えている美容茶でもあります。

 

ハーブティー(お茶)として利用するのも推奨されており、1日にコップ2杯~6杯くらい程度の愛飲でも効果はあります。

 

 

 

「食欲不振を改善する効果」

消化促進作用や健胃作用は食い過ぎによる胃もたれ、胃痛などの症状を鎮静化します。

 

さらに「食欲不振」などの消化器系トラブル(症状)の改善にも役割を果たします。

 

竜胆(リンドウ)の健胃作用は日本でも遠い昔から扱われております。

 

ハーブティーだけでなく、漢方などの薬理的にも評価を集めているほど高い薬効(効能)が期待出来ます。

 

自生分布である日本に於いては、強力な薬効(効能)があると認知されています。

 

その根はかむと強い苦味が感じられ、健康茶や漢方でも重用されています。

 

消化促進効力が期待できるとして薬草(メディアルハーブ)としても盛り込まれ、食べ物の消化を促します。

 

さらには胃もたれ、胃痛などの症状を正常化する効果的です。

 

 

 

「喉の不快感を緩和する効果」

喉の炎症や不快感、腫れによる痛みに見舞われるときは、この根(ルート)を砕いたリンドウハーブティー(竜胆茶)として飲むと痛苦がとれます。

 

一般的にブレンドハーブティーや漢方などの薬用の一部として頻繁に適用されております。

 

活用する際は、乾燥させた根茎と根を利用して、これを水で煎じて飲用されると思います。

 

また粉末状にしたものも取り扱われています。

 

 

「抗菌作用や胆汁分泌促進作用」

 

竜胆(リンドウ)には胆汁分泌促進・抗菌・健胃・腸管運動促進・消炎作用など。

 

公共的には、胃腸のトラブルである消化不良や食欲不振を対象に、その治療目的で活用されています。

 

そのハーブは生長すると30~60㎝もの長さになり、淡黄色の長く伸びる根茎がひげ状に生育していきます。

 

 

 

実際に漢方茶を飲んだ!リンドウ(竜胆の花茶)を口コミ

千葉県_40代_主婦_A・Sさん

今回飲んだ、この竜胆(リンドウ)の漢方はとっても馴染みやすくて、日本人好みと言った印象でしたね。

 

この竜胆(リンドウ)の漢方はさわやかな草木とやわらかい土を混ぜたような香りなかにほのかな渋みも感じることができます。

 

苦味が飲みにくいと感じる人はカモミールなどと一緒にすると飲みやすくなります。

 

まったく抵抗なく新参者も人も飲用適いますし、なによりも健康をサポートする効果が秀逸であるので、驚異的です。

個人的に便通に対する促進効果と浮腫(むくみ)解消効果をなでる事ができたと感じます。

 

薬効の強い竜胆(リンドウ)の漢方なので体に異常を感じたら使用量を調整するか使用自体を避けた方が良いでしょう。

 

また、妊婦(妊娠中)も気をつける必要がありますね。

 

 

竜胆(リンドウ)の効果効能と口コミ~まとめ

今回、竜胆(リンドウ)の花について紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

 

実際にリンドウは非常に優れた効能を持つことからお茶や漢方などに利用されていますが、同時に用法用量は正しく守るべきでもありますね・

 

また妊娠中(妊婦)は赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性がゼロとは言い切れないので、控えておいた方が良い花でもあるので、しっかり注意しておきましょう。

 

ちなみに、竜胆(リンドウ)の花言葉が怖いと恐れられているのはご存知でしょうか?

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?