ユキノシタティー(雪の下茶)の効能とは?8つの効果がスゴすぎる!

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は2 分で簡単に読めます



ユキノシタティー(雪の下茶)の8つの効果効能とは?

ユキノシタの効能(薬効)を紹介!お茶や手作り化粧水の効果

「免疫力を向上させて風邪を治す」

古来から外用薬として親しまれたユキノシタでございますが、健康茶としての効能も実証されています。

 

茶菓の有効成分は、カリウムの仲間である硝酸カリウムと塩化カリウムです。

 

この二成分には、咳(せき)を落ち着かせて熱を下げる効果があります。

 

またウイルスに関しての抵抗力をパワーアップするので、風邪の予防にオススメできるとされています。

 

 

 

「扁桃腺や咽頭炎の症状を改善する効果があります」

葉のしぼり汁にはポリフェノールの仲間であるのベルゲニンが無数に配合されています。

 

ポリフェノールには抗菌作用や抗酸化作用があるということも考えられます。

 

しぼり汁を切り傷ややけど、しもやけ、虫刺されの跡に塗ると快復への願いが持たれます。

 

また抗菌作用から耳垂れ、中耳炎の快復効果に望めます。

 

しぼり汁や乾燥させてしまった葉を煎じて飲用することで扁桃炎や咽頭炎、風邪の予防にも力を発揮すると掲示されます。

 

 

 

 

「うつ病に関わる自律神経系のトラブル改善」

うつ病は、ユキノシタ茶で治ると評判です。

 

ユキノシタが自律神経失調症に効果的なことから、うつ病に関する調査をしたところ、被験者は軽度のうつ病の特徴の一つ午前中のつらい衰弱から1週間で抜け出せたのです。

 

このようにユキノシタ茶には神経系のトラブルも解消する効果があることが証明されました。

 

 

 

「中耳炎や膀胱炎などの炎症を鎮静化する」

ユキノシタ茶には抗炎症、殺菌作用があるのはご存知でしょうか?

 

これが「中耳炎や喉の痛み、喉の痛み、胃炎、膀胱炎」などを快方に向かうという効果を頼りにすることができます。

 

その他、カリウムを豊富に含むので浮腫や尿量減少に効果的な作用なども併せ有します。

 

 

「利尿作用が体内毒素の蓄積を防いでくれている」

ユキノシタに留まる主な成分はカリウム、アルブチン、ポリフェノールの仲間であるベルゲニン等があります。

 

カリウムは身体全体の余分な塩分を体の外に排出する利尿作用を促進する効果を発揮します。

 

ついでにアルブミンはメラニン合成を抑制し美肌に力を見せてくれると想定されます。

 

 

 

「解毒作用やダイエットサポート効果」

ユキノシタ茶に含まれ、解毒作用を持つペルゲニンには体内の健康に悪影響を齎す毒を分解する性質が存在するのです。

 

インスリンを活発化させ脂肪の蓄積に歯止めをかけるので、ダイエット効果も望めます。

 

このほか、浮腫の解消や、幼児のひきっけ改善等についても効果を発揮します。

 

またユキノシタ茶のオススメされている飲み方(作り方)として、ブレンドに利用したハーブティーの飲用が好ましいと言われています。

 

 

「喉のイガイガや気管支炎(喉の解熱トラブル全般など)」

ユキノシタハーブティー(雪ノ下茶)の効能効果には抗炎症作用や解熱作用が付随しています。

 

この作用が熱を伴う風邪や気管支炎、扁桃腺のはれなどの症状の緩和の手助けとなっています。

 

また、「喉のイガイガ、気管のトラブル」にいい働きをするほど様々な効能があります。

 

実ははるか古来より日本に於いては民間伝承治療や薬草(メディカルハーブティー)に利用されてきました。

 

 

「毒素を排出するデトックス効果がむくみ解消」

塩化カリウムや硝酸カリウムなどを含んだ利尿促進する成分が含有されています。

 

これが体内の余分な毒素や老廃物を排出するデトックス効果を挙げることが出来ます。

 

この理由によって「体内の浄化やむくみ解消」に力を発揮し、多くの女性を悩ませている浮腫み症状にピッタリのハーブティー(お茶)です。

 

 

 

 

ユキノシタ茶(ハーブティー)を一番効果的に飲む方法

抗炎症作用や殺菌作用がほしいケースは、なるべく効果が短時間で出る空腹時に活用するようにします。

 

その他、美肌やむくみなどに用いるケースは、タイミングに制約は見受けられないから、それぞれのタイミングで取り入れるようにします。

 

抗炎症や殺菌、むくみの改善などで活用する状況があるなら、その度毎に症状がある時に一日2~3回考えて使うようにします。

 

それ以外、美白や美肌目的で使用するときには、体内の美白効果が活発になる夜間に適応するように、夕食の前後に取り入れることを目的にしましょう。

 

 

 

効果があるユキノシタ茶(雪ノ下茶)の1日の摂取量とは

ユキノシタの効能(薬効)を紹介!お茶や手作り化粧水の効果

一般的にユキノシタ茶の効果がある1日の摂取量として1回分2g~4gをコップ1杯~4杯(500ml~700ml)で飲むのがオススメ。

 

これがユキノシタ茶を飲んで効果が期待できる目安の摂取量です。

 

ユキノシタ茶の風味は、爽やかなハーブと日が当たったような柔らかい土の香りが楽しめるお茶です。

 

ですが、風味自体はさほど強くないので、シングルティーとして愛飲すると物足りないという人もいます。

 

おいしく飲める抽出時間として、ティーパックを5分~10分程度、お湯を入れたコップに浸すと良いでしょう。

 

 

 

ユキノシタハーブティー(雪の下茶)の効能効果~まとめ

ユキノシタはユキノシタ科の常緑の多年草で、その栄養成分「硝酸カリウム」は食品添加物として知られています。

 

硝酸カリウムの毒性に関しては、「過度な利用でなければ毒性はない!」と専門家の意見が一いしています。

 

現在では、ハーブティー(お茶)としても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

ネーミングに由来は「ユキノシタ(雪の下)」、葉に雪が積もって「雪の下に葉」があることから呼称されますが、他にも説が存在しています。

 

また別名を「ミミダレグサ」と呼称される「本州、四国、九州」など広範囲に自然に生えているハーブです。

 

実はユキノシタは化粧水にすると非常に優秀な効果を齎してくれるのです。

 

興味があれば関連記事も見てみましょう。

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?