チャンパカの花言葉って何?花言葉の由来ってどこから来てるの?

この記事は2 分で簡単に読めます




チャンパカの花言葉って何だろう?

チャンパカの花言葉には歴史(由来)があるのだろうか?

 

 

そんな疑問がわいてきますよね?

 

 

一般的にチャンパカの花言葉は下記になります。

 

「心の癒し」

「甘いささやき」

「穏やかな香り」

 

ではさっそく見ていきましょう。

 

 

チャンパカの3つの花言葉の由来ってどこから来てる?

チャンパカの花言葉①「心の癒し」の由来

チャンパカと尋ねられれば、お寺や寺院など神様や仏様に影響を及ぼしているお話が多く出てきます。

 

神と富をシンボルしインドではウェディング結婚式やセレモニーに使用されています。

 

チャンパカはバリ島ではお供えのケースはとって大切な花です。

 

チャンパカの由来はしっかり認知していませんが、インドネシアの首都であるジャカルタの近郊の町の呼び名チャンパカ(Campaka)が問題視されいるのかなに相違ありません。

 

ちなみに、チャンパカはインド、マレーシアを原産とする常緑高木。

 

チャンパカを調べてみると、お寺や寺院など神様や仏様に影響を及ぼしているお話が多く出てきます。

 

 

チャンパカの花言葉②「甘いささやき」の由来

チャンパカはモクレン科の植物。

 

変わらぬままの状態でもエキゾチックで甘い香りを漂わせており、チュベローズ(月下香)などと同じく夜になると香りが強くなるという例えがぴったりです。

 

香りが理想的なことや外見上の可愛らしさなどから芳香剤兼装飾品としても活用されており、インドネシアやバリに旅行にしたことのある方だと懐かしい感覚に見舞われることもあるのだとか。

 

和名はキンコウボクと命名し、香料原料となる花は黄色~黄褐色色で、近縁種には花が白いギンコウボク(Michelia ×alba)も見られます。

 

漢字表記のケースでは、植物としては“金厚朴”と書く方が広がっているようですが、精油ほか香料としては“金香木”の方が好んで活用されています。

 

チャンパカの原産地は東南アジアやインドあたりのエリアです。

 

インドではヒンドゥー教で富と賑わいを司るとされる女神クシュミーの化身とされており、チャンパカそのものが富の象徴して喜ばれていたと称されております。

 

インドのほか東南アジアでも「聖なる木」として大切に考えている地域が多く、寺院に植えられていたり、神様への供物として取り扱われているそうです。

 

またインドや中国では伝統医療業界においても根・樹皮・花が薬として活用されています。

 

 

チャンパカの花言葉③「穏やかな香り」の由来

地に置く供物を「チャル」といい、下界の悪霊ブタカラに捧げる。

 

家の屋敷内にある寺や神棚、車の中などに置く供物をチャナンという。

 

天界の霊(神)に贈呈する供物である。

 

善なる霊、悪なる霊どちらにも平等にこのチュンパカを捧げるのである。

 

チュンパクは女性を思わせる。

 

淫らになってしまいそうな香りである。

 

人間は神に女性を捧げられないから、チュンパカにしたのだろうか。

 

初め、この花を選択しておいた人に、女性と神との交合がイメージされたのか、あるいは憑依の対象は女性だったのかわからない。

 

熱帯のこの花の匂いはスッキリした熱帯の朝とうだるような熱帯、魔物がきそうな夜の闇の中で、催淫術を利用しながら優しくバリ島を覆っているのである。

 

また この花の名前を人間の改名のときにつける女性も多い。

 

ひとつの例として、カーストの違うもの同士が婚姻した場合、女性はチュンパカと名づける。

 

 

 

チャンパカの花言葉って何?花言葉の由来とは?~まとめ

日本では「金香木(きんこうぼく)」と呼ばれ、古くから親しまれています。

 

神と富をシンボルしインドでは結婚式や儀式に活用されています。

 

チャンパカはバリ島ではお供えの時にはキーポイントとなる花です。

 

チャンパカの由来はしっかり認識ありません。

 

ですが、インドネシアの首都であるジャカルタの近郊の町のネーミングチャンパカ(Campaka)から来ているのかなと言っても過言ではありません。

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?