ルイボスティーは何にいいの?何に効くの?19の効果をすべて解説

この記事は3 分で簡単に読めます




多くの女性に愛飲されているルイボスティーは何にいいのでしょうか?何に効くのでしょうか?

 

疑問に思いますよね。

 

 

実はルイボスティーにはすばらしい効果をいっぱい秘めていたのです。

 

 

では見ていきましょう。

 

 

 

ルイボスティーは何にいいの?ルイボスティー何に効く?

「熱中症の予防に効く」

ルイボスの茶葉には、ナトリウムやミネラルが豊富に配合。

 

なので、単純に水を飲むより、はるかに効率的かつ健康の上で失った栄養素をプラスできるでしょう。

 

その他、亜鉛、鉄分、マグネシウム、カルシウム、カリウムといった栄養成分が適正なバランスで含有されているため、体内のミネラルバランスを適正に保ち、夏バテ防止効果にも望めそうです。

 

 

「アトピーを改善にいい

ルイボスティーがアトピー性皮膚炎で異常反応によって生み出された活性酸素をスムーズに撤去。

 

乾燥肌が発生する「過酸化脂質」も軽減され、皮膚炎がかなり鎮静されていくというわけです。

 

また有効成分「亜鉛」の影響で、皮膚細胞の新陳代謝が促されるため、グングン皮膚を正常に戻していきます。

 

 

「花粉症に効く」

ルイボスティーの有効成分「ミネラル」が身体中の細胞を賦活化させ、抗酸化作用を持つSODと互いに作用しあって免疫機能が改善して症状が緩和。

 

また、ルイボスティーのポリフェノールやケルセチンが、アレルギー反応が発生するヒスタミンを抑制。

 

クシャミや鼻水などに悩みを持った花粉症もルイボスティーを飲用することで症状の鎮静。

 

 

「妊活に効果的」

ルイボスティーに含まれている亜鉛やミネラル、ポリフェノール等といった成分は、卵子の質を高くする効果を有し、排卵周期を安定化させて妊娠しやすいボディに近づけます。

 

エストロゲンの量の数が増加することで子宮内膜が厚みを増すので、受精卵を迎え入れやすく変化するのです。

 

 

「アンチエイジング・美肌をサポート」

ルイボスティーに含まれる「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」という名の抗酸化成分(酵素)が、皮膚の加齢をゆるめツヤがある美肌に。

 

活性酸素を除去し、体の免疫力をアップさせて細胞の新陳代謝の助長させます。

 

愛飲者からは「肌荒れが改善し、若返った!」と大好評。

 

 

「安眠効果」

ルイボスティーに含まれているフラボノイドには、ストレスを阻む効果が高く、医薬品にも内包されているほど。

 

そして栄養成分(亜鉛、マグネシウム、セレン、ビタミンB1・B2など)が、身体内のエネルギーを活動的にします。

 

そのためカラダが温まると気持ちがリラックスし、寝つきやすくします。

 

 

「ダイエット」

ルイボスティーに含まれているSODという酵素は、身体の毒素を流し去るデトックス効果が見られます。

 

そのため老廃物で一杯になることなく、胃や腸の働きを順調に保護することで脂肪が落ちやすい体を作り、有効成分「マグネシウム」に腸内の水分を集合させる働きが。

 

ダイエット中に陥ることが多い便秘も解決も促進。

 

 

「むくみ・冷え」

ルイボスティーには亜鉛などのミネラルが多く入っており、体内でエネルギーが発生して体温を高くします。

 

リンパや血の流れを円滑にさせて、老廃物や余分な水分を流し去るデトックス効果があるため、冷えや浮腫でお困りの人に、特別推奨です。

 

 

「更年期に効く」

ルイボスティーに含まれる亜鉛には、黄体形成ホルモンの働きを賦活化させることで、エストロゲンの分泌を増進させる効果があり、フラボノイドにはストレスを阻止する働きがあります。

 

さらに豊富に含んでいる栄養素のお陰で、更年期障害特有の症状を僅かであろうと抑えられるとのこと。

 

 

「水虫に効果的」

ルイボスティーのSODという抗酸化成分により、抵抗力や感染防御力がアップします。

 

なので、水虫の元凶となっている白癬菌(はくせんきん)の寄生を阻止します。

 

薬を塗って白癬菌を排除しようとしても、撃滅させるには長きに亘りしんどいです。

 

そこで身体の抵抗力や感染防御力が向上すれば、皮膚の内側からも白癬菌により働きがあります。

 

 

「風邪の初期症状に効く」

抗酸化作用があるから知られるルイボスティーは体温を上げて免疫力を正常化させれば、風邪予防にもダイレクトに影響します。

 

風邪予防にルイボスティーを飲むならホットがイチ押し。

 

 

「二日酔いに効果的」

ルイボスティーは、アルコールがアセトアルデヒドに分解されてできる活性酸素を除去しくれます。

 

またミネラル分が多量に組み込まれているので、肝臓の働き(アルコールの解毒)をサポートしてくれます。

 

つまりルイボスティーは二日酔いの原因をたくさん解消してくれます。

 

 

「生理痛にの軽減に効く」

ルイボスティーには抗酸化物質であるSODという酵素が含有され、生理痛の原因(プロスタグランジン)が辛い痛みが発症する活性酸素を除去して細胞の新陳代謝を促進させてくれます。

 

新陳代謝が進むことで血行が正常化されて体温が上がり、辛い生理痛の原因の1個である冷えの改善に結びつきます。

 

 

「糖尿病・痛風に効果的」

ルイボスティーには食後の血糖値上昇を抑止する働きがあることを耳にしたことありますか?

 

ルイボスの茶葉に含まれているピニトールという成分が、インスリンと同じような効果を見せるというリサーチ解答があります。

 

糖尿病や高血圧症病を患っている方が、長期間ルイボスティーを飲んだところ、血糖値が安定したといった実例も見られます。

 

 

「利尿作用が体内の毒素を排出」

ルイボスティーに含まれるカリウムには「利尿作用」があります。

 

カリウムが持つ利尿作用により、体の血の流れが快方に向かうと、ターンオーバーが正常となり、浮腫や冷え防止・ダイエット効果となります。

 

利尿作用によって、体内の老廃物を流し去るため「体を内側から綺麗にする効果」があり、老化防止も見込める。

 

 

 

「貧血に効果的」

ルイボスティーには吸収の邪魔になるカフェインやタンニンがほとんど含有されていないため、合理的に鉄分をプラスすることが可能になります。

 

ルイボスティーには100gあたり約10gの鉄分が組み込まれていますので、1日に2~3杯飲んだら鉄分を取り戻すことが可能。

 

 

 

「男性の不妊に効果的」

男性の不妊にルイボスティーの成分においては男性特有の悩みに役に立つ効果もあるようです。

 

亜鉛が包含されることで、精子を増やす役割を果たし、男性の不妊にも使えます。

 

 

「加齢臭・体臭を軽減させる」

加齢臭の原因「ノネナール」は、活性酸素と過酸化脂質の増加により、脂肪酸が過酸化脂質を分解して作り流れます。

 

活性酸素さえ低減ししまえば、加齢臭なんて恐怖感なし。

 

 

 

「腸内環境を整えて便秘・下痢を治す」

ルイボスティーの効果効能「便秘・下痢」

 

ルイボスティーが便秘や下痢に効果をもたらす要因は、含有されているSOD(酵素)が腸内を除去して、善玉菌の働きをパワーアップします。

 

また、ルイボスティーに含まれているマグネシウムには、腸内の水分を集合させる効果もあることから、固い便でも柔らかいくする効果が認められるのです。

 

 

 

ルイボスティーは何にいいの?何に効く?~まとめ

ルイボスティーは何にいいの?

ルイボスティーは何に効くの?

 

そんな疑問はこのページをご覧になって理解できたでしょうか?

 

ルイボスハーブティーは多くの効果がありますが、一気に大量に飲むことで症状が変わるわけでもありません。

 

1日のコップ5杯~7杯くらい毎日愛飲することで、気が付いたら症状が改善されているといったケースが多いです。

 

 

では興味があれば関連記事も見ていきましょう。

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?