アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来は?魔除け儀式が関係?

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は5 分で簡単に読めます



アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来は?魔除け儀式が関係?

わが国では馴染みがありません。

 

ですが、伝言される最新情報をご覧いただいていると、仮装しているおチビちゃんたちが、

『トリックオアトリート!』

と言って、大人からお菓子をもらっているほほえましいシーンが広がっています。

 

このアメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来はなになのでしょうか?

 

閲覧しいきましょう。

 

 

 

アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来とは何?

アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来は?魔除け儀式が関係?

なかなか日本には浸透していないような気もしますが、アメリカでハロウィンの日はちびっ子たちがお菓子をもらいにいくという文明があります。

 

 

ハロウィンでお菓子を配る由来はもともと魔除け儀式の考えです。

 

外をブラブラしている霊たちが御家庭の中に入ってしまわないように、お菓子をプレゼントすることで元の世界へ後戻りしてもらうためだそうです

 

 

ハロウィン祭りでお菓子を届けているのは、ちびっ子たちです。

 

ビックリすると思いますがこの子供たちは、お化けに見立てて、近所の家にお菓子を取り戻しに行くことから生じています。

 

 

ハロウィンにお菓子を配るのは魔除け儀式を意味する!

上記のことからわかるようにハロウィンはお菓子を配るのは魔除けの儀式が現代風にオマージュしていることになります。

 

ここで1つルールがあって、お菓子を受け取りにいくところは所構わずはなく、近所の家ということになります。

 

子供たちに何十キロもの道のりの家まで行くわけには出来ないで、便宜上でしょう。

 

そして仮装したチビちゃんたちに、大人がお菓子をばら撒くことになりますが、実はこれ厄除けの儀式だと想定できます。

 

日本国内で言うとお盆みたいなのです。

 

 

やはり、よくないことは起きて欲しくないと願うものです。

 

それをストップさせるために、大人たちはやってきたおちびちゃん達にお菓子を配って、自分たちに酷い目が生じないようにしているのです。

 

 

何ともお菓子を渡す子供たちがまぶしいので、そこまで意味がしっかりとしたのが予想外をついてますよね。

 

それも当たり前のことで、お菓子をばら撒くときにチビちゃん達が口にしているあの言葉『トリックオアトリート!』がそうしていると思われますよ。

 

 

 

そもそもなぜ子供に渡すのが「お菓子」になったの?

アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来は?魔除け儀式が関係?

ハロウィン祭りにお菓子を届けていますが、よそのものだとNGなのでしょうか?

 

ひとつの例としてPS4とか今の子供は、ゲーム関心を持っている子もほとんどではないでしょうか。

 

それは冗談で、こういった高いものを周囲の人の子供にプレゼントする人はいないでしょう。

 

このお菓子ですが、ちびっこに丁度いいご馳走は、お菓子なのです。

 

だから、お菓子を配ってチビちゃん達にご馳走しているということなのですね。

 

それでも自分自身にのご馳走はPS4だとぶっちゃける子供もいそうなように思います。

 

そんな自宅があればいっぺんにいいから拝みたいものですが、100パーセントないでしょう。

 

 

 

ハロウィン祭りでお菓子を子供にあげる正しい方法とは?

アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来は?魔除け儀式が関係?

おチビちゃんたちが、大人にお菓子を渡すときに絶対いうキーワード。

 

そう『トリック・オア・トリート』です。

 

実は、トリック・オア・トリートと言われる時にお菓子をプレゼントするときにですが、大人たちが答えを示すフレーズがあります。

 

この言葉よく忘れやすいのでお気を付けください。

 

そのフレーズは『Happy Halloween!』となります。

 

よく子供が足を運んできて、何も言うことなくお菓子をあげてはいお仕舞いという人もいらっしゃるので、必ずこのフレーズを子供に答えを返してあげましょう。

 

せっかくやっているにも関わらず、何もないとダメダメなものです。

 

アクションを起こすとその取り組みに返すのが行儀作法ともいいます。

 

元気よく『Happy Halloween』と答えてあげましょう。

 

これは英語から来ていており、明記すると『Trick or Treat』となり、日本語に直すと、『いたずらかお菓子』を指します。

 

そして自然な日本の言葉に正常に戻すと、そう、『お菓子をくれないと悪戯しちゃうぞ』になってきます。

 

なので、大人たちは悪戯されないようにお菓子を届けています。

 

とにもかくにもこのフレーズを言わないと、大人たちはお菓子をもらえませんので悪しからず。

 

いつ見てもこの状況でいう子供たちは、微笑ましいものですよね。

 

 

 

子供に喜ばれるハロウィンであげる簡単なお菓子は何?

アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来は?魔除け儀式が関係?

欧米のハロウィン祭りで配っている人気のあるお菓子

 

配るお菓子には取り決めがないので、基本的にはお気に召していただけるものでいいでしょう。

 

ただ注意点としてハロウィンでお菓子を子供にあげるのは欧米や海外の文化です。

 

日本でお菓子をあげるの場合、顔見知りの場合や保育園や学校でのイベントだけにしましょう。

 

では下記にハロウィンで子供に喜ばれるお菓子を紹介します。

 

キャンディ

チョコレート

クッキー、ビスケット

マシュマロ

グミやゼリー類

 

ハロウィン祭りらしくかぼちゃを用いたものでもいいですが、渡すお菓子なら、季節的にスイートポテトもおすすめですよ。

 

 

余談!ハロウィンが日本で広まった由来はなぜでしょう?

アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来は?魔除け儀式が関係?

本来はハロウィンには収穫祭やケルトの1年の終わりの日といったケースがあります。

 

ですが、日本中の考え方は「仮装をしてかぼちゃを飾る」という点でしか拡散されていないのは、下記の5つが由来です。

 

1992年の事件:日本人留学生が、ハロウィンの仮装をして勘違いして別の家を訪れ、強盗と勘違いされて銃殺された事件。(ハロウィンの名前が拡散する糸口となった?)

 

1997年から:ディズニーハロウィン、川崎ハロウィンがスタートして、原宿ハロウィンや六本木ハロウィンと市民権を得ていきじわじわと拡散されていった。

 

SNSの誘発効果:風評が驚くほど広がりやすくなり、「それなりのイベントをする日」という印象になった。

 

ディズニーランドを代表するテーマパークが「ハロウィン」を祭りごとの題材としてピックアップ

 

日本では服装に至るまでの自由度も高いので「仮装」に関し「良い出来事」という価値観を意識しやすかった

 

このような5つの要因が日本で流行っている由来なのではないかとも言えるでしょう。

 

日本は四季が目に見えているため、時節感を感じる催し物にはまりやすかったのもポイントのひとつでしょう。

アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来は?魔除け儀式

トリック オア トリート!

 

日本でもハロウィンが広められ、友達同士やとなり近所同士でちびっ子たちがお菓子をもらいに回るミニ祭りを行う方も広がっているそうです。

 

でも、チビちゃん達がお菓子をもらいに来た時、どんな物をあげればいいんでしょうか?

 

今回に関しては、ハロウィンのおすすめお菓子とあげ方、どう言って配布すればいいのかなどをお見せします。

 

 

 

ハロウィンで定番のお菓子メーカー2018年版を紹介

アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来は?魔除け儀式

3歳の幼児におすすめのハロウィンで定番のお菓子2018年版は何をあげるのがいいの?

 

ハロウィンであげるお菓子に他では見られないルールはありません。

 

 

 

例えばこれと言うのは、

 

不二家のミルキーセレクション

三立製菓の源氏パイ。

 

どちらもよく知られているお菓子ですが、2018年の定番ハロウィンお菓子です。

 

 

不二家のミルキーセレクションもハロウィンで定番のお菓子2018年版の一つです。

アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来は?魔除け儀式 アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来は?魔除け儀式

不二家のミルキーセレクションは、ちびっこも大人も愛着のあるミルキーのキャンディやクッキーなど4種類の詰め込み合わせ。

 

味はオーソドックスなものと同じですが、個別包装のパッケージがハロウィン仕様だと言ってもいいでしょう。

 

ただ、種類も数もイレギュラーになったので、3歳の子供達に分け隔てなくお菓子をあげたいケースはちょっと不得意かもしれませんね。

 

敢えて言えばパーティ向きかも。

 

 

 

 

三立製菓の源氏パイはハロウィン限定のパンプキン味もハロウィンで定番のお菓子2018年版のひとつ。

アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来は?魔除け儀式

個別包装もハロウィン柄で、5種類あると思われます。

 

パッケージのみハロウィンバージョンになったものや、味がハロウィンを意識してカボチャ味などに定められているものなどいろいろあります。

 

パッケージだけハロウィンじゃあありのままのよね・・・と思われることも想定されます。

 

ですが、食べ慣れたお菓子だからこそできる安定感もありますし、ハロウィンの絵があるのみであっても気分が盛り上がりますよ。

 

1個ずつラッピングされているので、チビちゃん達にあげるのにもピッタリですし、きちんと梱包されているので衛生的な側面や安全性面でも安心です。

 

もちろん、ハロウィン仕様のお菓子だけではなくなんの問題もありません。

 

どこにでもあるようなキャンディやチョコなど、子供たちがわくわくしそうなお菓子を取り揃えてあげてくださいね。

 

もし、どうしても自分で作ったお菓子をあげたいと言われるようなら、親しい方の子供にプレゼントするのはいかがでしょうか。

 

日常的に人付き合いのある方なら召し上がる方も心配ありません。

 

また、ホームパーティでなら逆に自分で作った方が手に汗握ることも多いので、力を注いでみてくださいね。

 

 

 

もちろんハロウィンで定番のお菓子じゃなくてもOKです

やったことのない祭り参加でハッキリわからないケースは、お友達やご近所さんに毎年どういった物をあげているのかお伺いを立ててみるのがなによりですね。

 

 

特に決められていませんのであれば、小さなキャンディやクッキー、チョコレートといったどこにでもあるようなお菓子が多いです。

 

お菓子作りに力を発揮する方は、手作りのクッキーを・・・と考えられているかもしれません。

 

ですが、申し訳ないですが最近、衛生関係や安全面から自分で作ったものはあまり嬉しく思われないことが多いです。

 

 

レコメンドできるのはファミリーパックやアソートなどと言い表される、大袋に個別包装されたお菓子が多種多様に入ったものです。

 

特にハロウィン時期では、お菓子一社一社からハロウィン仕様の大袋菓子がたくさん開発されてきて、どれにしようかなかなか選べばないくらいです。

 

 

 

ハロウィンでお菓子をもらう時と渡す時の言葉って何?

3歳の子供達は、「トリック オア トリート!」と言ってお菓子をねだりに足を運んで来ます。

 

もう心得ているとは思われますが、「お菓子をくれないと悪戯するぞ」というような事を示しております。

 

無言でお菓子を差しあげるのもほんのちょびっと味気ないですし、嫌な感じですよね。

 

何か言わなきゃいけないけど手慣れてないから気恥ずかしい、だという方は「ハッピーハロウィーン!」と答えてお菓子を譲り渡しましょう。

 

ちょっと回数をこなせば

「お菓子をあげるから悪戯しないでね」

 

とか

 

「かわいいね」や「こわいね」

 

と仮装を讃えるなどでおチビちゃんたちの気持ちを盛り上げるのも楽しいですよ

 

 

 

 

ハロウィンに手作り菓子がNGな場合もあるので注意!

アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来は?魔除け儀式

ハロウィンのお菓子に決まりがないのであれば、「オリジナルお菓子を制作しよう!」

 

と感じるかもですが、良かれと認識して作る手作りお菓子はハロウィンではNG。

 

 

衛生的な側面や安全面から、手作りのものは気に入られてないの傾向が高いからです。

 

 

アメリカ合衆国やカナダなどでは、自治体に左右されていますがハロウィンでの手作りお菓子は許可されていません

 

 

どうしてそうなったかというと、食中毒などのケースはなく、もっと物騒な話で、手作りお菓子に毒物が調合された事件が多発してあったそうです。

 

 

 

また、同じ理由でフルーツもNGです。

 

具体的に言えば、リンゴに針や刃を入れるをはじめとする事件がないとも限らないでしょう。

 

アメリカ合衆国在住の友人たちから知ったのですが、みなハロウィンに子どもが給付されたものは親が確認してから食べさせると意見を言っていました。

 

 

その場で味わって食べさせることはどんな事情があろうともしないとのこと。

 

物騒な話で怖がらせちゃったことも想定されますが、実際に外国でハロウィンの異物混入事件は見られます。

 

また、手作りお菓子はアレルギー持ちの子どもの見られる親からも遠慮されます。

 

市販品なら原料品の参照ができますが、自家製お菓子はそうもいきません。

 

 

衛生面や安全面、アレルギーなどでの失敗をしないためにも、自作お菓子と果物は止めた方が良いでしょう。

 

 

ハロウィンに3歳の子どもにあげるお菓子に基準はないですけど、受け取る側の保護者は、発売されているお菓子が心配のないのです。

 

 

 

これもダメなの?ハロウィンから生菓子もダメな傾向に!

アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来は?魔除け儀式

美味しいからといって、シュークリームや生ケーキ、アイスクリームはタブーです。

 

お持ち帰りにくい上、痛みやすいので市販品でも御法度です。

 

 

ハロウィンにナッツ類はダメ!

 

ピーナッツアレルギーなどは命にかかわるという見方もできます。

 

ナッツ類が添加されたお菓子はやめた方が賢明です。

 

 

外国製品だとパッケージの表に “No Peanuts” と記載されていてます。

 

 

年々熱気を帯びるハロウィン。

 

ですが、アメリカなどではスウィーツ(お菓子)をもらえる家は門口などにハロウィンの外装を実践している家だけで、幼稚園児には一律的に親が付き添うという基本的法則があります。

 

日本においてはまだそこまで浸透はしていませんので、約束をした友達同士やご近所をターゲットにしたイベントということとなるのです。

 

不幸なことにちょっとだけ考え違いをした子供達が、ハロウィンのデコレーションをしていない馴染みがないお宅へお菓子をもらいに殺到するというアクシデントも増加傾向にあります。

 

ハロウィンは参入している人たちだけの間でするお祭りである、ということを子供達に教えることでより一層他では見られないイベントになるはず。

 

3歳の幼児におすすめのハロウィンで定番のお菓子2018年版を用意して楽しいハロウィンを体験してくださいね。

 

 

アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来~まとめ

アメリカのハロウィン祭りにお菓子を配る由来は?魔除け儀式が関係?

如何でしたでしょうか?

 

今回は、ハロウィンで何故お菓子を渡すのかを中心にディストリビューションしました。

 

何はともあれあのお菓子が魔除けの儀式とは吃驚ですよね。

 

テレビの報道で見る微笑ましいチビちゃん達が、『Trick or Treat』といってお菓子を受け取っているからそんなところから悪霊払いになるとは何からも想像できません。

 

そして忘れてはいけないのが、トリック・オア・トリートと言われた時に応答するフレーズ。

 

そう『Happy Halloween』でしたね。

 

やはりムーブメントをおこされたら返すのがマナー。

 

生き生きと幼稚園児などにトリック・オア・トリートと話されたらハッピーハロウィンと回答してあげましょう。

 

今年もまたあのワンカットが見られるとなるといつみても笑い顔ましいものがあります。

 

ハロウィンを体験しましょう。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?