ハロウィンの意味を教えて!halloweenの語源や由来とは?


この記事は2 分で簡単に読めます



ハロウィンの意味を教えて!アメリカが語る由来や起源の歴史

わが国では馴染みがありません。

 

ですが、伝言される最新情報をご覧いただいていると、仮装しているおチビちゃんたちが好意ッています。

 

『トリックオアトリート!』

 

そう笑顔で大人からお菓子をもらっているほほえましいシーンが広がっています。

 

このアメリカのハロウィン(halloween)祭りの由来はなになのでしょうか?

 

閲覧しいきましょう。

 

 

 

ハロウィン(halloween)の語源はどこからきてるの?

ハロウィンの語源は、「諸聖人の祝日の前の日の夜」に当たる「All Hallow’s Even」が縮小されてた「Halloween」で、「Hallowe’en」とも表現される。

 

この後は、秋のシーズンの収穫を祝い悪霊を追い出す催しが行われるように変わり、キリスト教に組み入れられて、現在のハロウィンの行事に至った。

 

また(Halloween)の語源であるハロウィン文化はもともとアメリカの行事ではなく、アイルランドのケルト人による儀式が起源なのです。

 

では詳しく下記のページで紹介していきます。

 

 

ハロウィンの語源は実はケルト人の儀式が由来していた!

ハロウィンの意味を教えて!アメリカが語る由来や起源の歴史

ハロウィン(halloween)祭りの語源は魔除けの儀式が現代風にオマージュしていることになります。

 

実はハロウィン(halloween)の語源に関する歴史を調べていくと、この祭りの起源はケルト人の儀式が発祥でした。

 

ハロウィンの起源は、古代ケルト人が実施していた秋のシーズンの収穫祭や悪魔祓いの儀式で、アイルランドやスコットランドから誕生したそうです。

 

古代ケルト人たちは、11月1日を年明けとしていました。

 

そして、大晦日を始める10月31日には、死者の魂が家族に顔を見に来ると理解されていてます。

 

この時、悪霊も一緒にくると信じられており、そこで現代のアメリカのハロウィンでは悪霊を子供に見立てて、お菓子をあげていたのです。

 

ここで1つルールがあって、お菓子を受け取りにいくところは所構わずはなく、近所の家ということになります。

 

子供たちに何十キロもの道のりの家まで行くわけには出来ないで、便宜上でしょう。

 

そして仮装したチビちゃんたちに、大人がお菓子をばら撒くことになりますが、実はこれ厄除けの儀式だと想定できます。

 

日本国内で言うとお盆みたいなのです。

 

やはり、よくないことは起きて欲しくないと願うものです。

 

それをストップさせるために、大人たちはやってきたおちびちゃん達にお菓子を配って、自分たちに酷い目が生じないようにしているのです。

 

何ともお菓子を渡す子供たちがまぶしいので、そこまで意味がしっかりとしたのが予想外をついてますよね。

 

それも当たり前のことで、お菓子をばら撒くときにチビちゃん達が口にしているあの言葉『トリックオアトリート!』がそうしていると思われますよ。

 

 

 

ハロウィンで菓子を配るのはアメリカが勝手に作った文化

ハロウィンの意味を教えて!アメリカが語る由来や起源の歴史

ハロウィン(halloween)はもともと魔除け儀式の歴史からくる考えですが、本来であればお供え物をするのがルール。

 

そこで上記で解説したケルト人のハロウィン文化をオマージュしたアメリカ人が、子供を悪霊と見立てて、お供え物の代わりにお菓子を配り始めたのがきっかけです。

 

外をブラブラしている霊たちが御家庭の中に入ってしまわないように、お菓子をプレゼントすることで元の世界へ後戻りしてもらうためだそうです

 

ハロウィン祭りでお菓子を届けているのは、ちびっ子たちです。

 

ビックリすると思いますがこの子供たちは、お化けに見立てて、近所の家にお菓子を取り戻しに行くことから生じています。

 

 

 

ハロウィンという語源が日本で広まった由来はなぜ?

ハロウィンの意味を教えて!アメリカが語る由来や起源の歴史

本来はハロウィンには収穫祭やケルトの1年の終わりの日といったケースがあります。

 

ですが、日本中の考え方は「仮装をしてかぼちゃを飾る」という点でしか拡散されていないのは、下記の5つが由来です。

 

1992年の事件:日本人留学生が、ハロウィンの仮装をして勘違いして別の家を訪れ、強盗と勘違いされて銃殺された事件。(ハロウィンの名前が拡散する糸口となった?)

 

1997年から:ディズニーハロウィン、川崎ハロウィンがスタートして、原宿ハロウィンや六本木ハロウィンと市民権を得ていきじわじわと拡散されていった。

 

SNSの誘発効果:風評が驚くほど広がりやすくなり、「それなりのイベントをする日」という印象になった。

 

ディズニーランドを代表するテーマパークが「ハロウィン」を祭りごとの題材としてピックアップ

 

日本では服装に至るまでの自由度も高いので「仮装」に関し「良い出来事」という価値観を意識しやすかった

 

このような5つの要因が日本で流行っている由来なのではないかとも言えるでしょう。

 

日本は四季が目に見えているため、時節感を感じる催し物にはまりやすかったのもポイントのひとつでしょう。

ハロウィンの意味を教えて!アメリカが語る由来や起源の歴史

トリック オア トリート!

 

日本でもハロウィンが広められ、友達同士やとなり近所同士でちびっ子たちがお菓子をもらいに回るミニ祭りを行う方も広がっているそうです。

 

でも、チビちゃん達がお菓子をもらいに来た時、どんな物をあげればいいんでしょうか?

 

今回に関しては、ハロウィンのおすすめお菓子とあげ方、どう言って配布すればいいのかなどをお見せします。

 

 

 

ハロウィンの意味を教えて!アメリカが語る由来~まとめ

ハロウィンの意味を教えて!アメリカが語る由来や起源の歴史

如何でしたでしょうか?

 

今回は、ハロウィンで何故お菓子を渡すのかを中心にディストリビューションしました。

 

何はともあれあのお菓子が魔除けの儀式とは吃驚ですよね。

 

テレビの報道で見る微笑ましいチビちゃん達が、『Trick or Treat』といってお菓子を受け取っているからそんなところから悪霊払いになるとは何からも想像できません。

 

そして忘れてはいけないのが、トリック・オア・トリートと言われた時に応答するフレーズ。

 

そう『Happy Halloween』でしたね。

 

やはりムーブメントをおこされたら返すのがマナー。

 

生き生きと幼稚園児などにトリック・オア・トリートと話されたらハッピーハロウィンと回答してあげましょう。

 

今年もまたあのワンカットが見られるとなるといつみても笑い顔ましいものがあります。

 

ハロウィンを体験しましょう。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?