ハロウィンとジャックオランタンが関係する理由は?なぜかぼちゃ?


この記事は3 分で簡単に読めます



ハロウィンとジャックオーランタンの顔の由来はカブが起源

以前まで、ハロウィンは日本国においては今一つメジャーな祭りごととは違った。

 

ですが今日この頃は、仮装をして街並みを行き交う人々やカボチャをマイハウスに豪華にするそれぞれのお家も増え、その認知度は飛躍的に上がっています。

 

しかし、日本人のほとんどは、相も変わらずハロウィン祭りについて細部に至るまでご存じないと思われます。

 

では、ハロウィン儀式とは元を辿れば、どんなふうな意図のイベントだと思いますか?

 

また、どうしてハロウィンにはカボチャを飾り付けるのでしょうか?

 

今回はそんな、ハロウィン祭りに関係したミステリーを紐解いてみたいですね。

 

 

 

ハロウィンとジャックオランタンが関係する理由を解説

ハロウィンとジャックオーランタンの顔の由来はカブが起源

かつてジャックという、大酒豪でろくでなしの男の人がおりました。

 

あるハロウィンの真夜中、ジャックは魂を取り上げに来た悪魔に遭遇する訳ですが、賢明に欺いて、10年間はジャックの魂を取らない事実を約束させ、追い払います。

 

10年後のハロウィンの夜に重ねてジャックの前に悪魔が出現します。

 

ですが、もう一度手際よく騙し、ジャックの魂を永続的に取らないと確約させて、追い払います。

 

 

やがてジャックは寿命を迎え入れてこの世界を旅立ちましたが、生存している間の働きが酷かったので、ユートピア(天国)には行けませんでした。

 

 

そこで地獄へと出掛けたのですが、そこに例の悪魔がいて「ジャックの魂を取らないと請け負っているから」という訳で、地獄(人生終わり)に導かれませんでした。

 

 

天国にも地獄にも行けなくなったジャックは、通路に落っこちていたカブをくりぬいた中に、悪魔に頼み込んでもらった火を入れて灯し、さまよい過ごすことと定められました。

 

 

 

以前はジャックオランタンの顔はカブ(株)だった!

ハロウィンとジャックオーランタンの顔の由来はカブが起源

 

ハロウィンのお菓子はなぜカボチャなモチーフなの?

 

ハロウィン祭りの時期に何にもまして良く確認できるのは、カボチャに目と口が用意されているカボチャです。

 

「Jack-O’-Lantern(ジャックオゥランタン)」とネーミングが付いて来ます。

 

しかし、本来の由来を調べるとジャックオランタンの顔はカボチャではなく、株(カブ)だったんです。

 

このジャックオランタンの顔の話には少し哀愁漂うエピソードがあります。

 

昔、アイルランドの地に意地の悪い飲んだくれのジャックという男性が悪魔までをも錯綜させました。

 

ハロウィンの夜、ジャックは悪魔に魂を盗られそうになりますが、悪魔を手際よく騙して自分の魂を取ら無いように誓約をさせます。

 

 

時が過ぎ行き、老化して生涯を終えてしまったジャックは、天国に出発しようとしましたが生前、不法行為だけをしていたので天国には行けなかったため、事情があって地獄へ向かいました。

 

 

すると、地獄の出入り口には昔欺いたあの悪魔が直立しており

「お前の魂は取らないと心に決めたではないか」

と、ジャックを追い払ってしまった。

 

 

天国にも地獄にも顔を出せないジャックは、悪魔にお願いをして割り当てて貰った地獄の火をそこにあった野菜の株(カブ)をくり抜いて創り上げたランタンに灯します。

 

結果として、現代とあの世を彷徨い歩くようになったといいます。

 

ハロウィンの儀式は風の便りでは、悪霊を追い払いあなたのところに良くないことを起こさせないためだという流れです。

 

全国でしているところを稀に見るとはいえ、これが一般的なハロウィンです。

 

興味があるトリックオアトリートのまことの意味も含めて、より一層ハロウィンが楽しめるようにご教示を致します。

 

 

では、なぜジャックオランタンの顔が株(カブ)ではなく、カボチャになったかというのは下記に紹介しています。

 

 

 

なぜカボチャ?ジャックオランタンの顔がカボチャの理由

ハロウィンとジャックオーランタンの顔の由来はカブが起源

カブ(株)をくりぬいて、火を灯すのは、ジャックオランタンの神話が由来だと断言します。

 

 

「このカブをくりぬいて火を灯した」というプロセスが、アメリカ合衆国で「かぼちゃをくりぬいて火を灯す」になったわけです。

 

そして、このジャックが所有していたランタンが、いつしか「魔除けの火」として伝搬され、ハロウィンにデコレーションされるようになったのではないかと考えます。

 

ですが、アメリカ合衆国では株は知識が無かったので南瓜(かぼちゃ)を代用するようになり、いつしかカボチャが定着するようになったのです。

 

 

 

アメリカのハロウィンでカボチャが使われる理由は何故?

ハロウィンとジャックオーランタンの顔の由来はカブが起源

ハロウィン祭りの儀式は、ケルト人の宗教的なイベント「万聖節」が誕生であると言えるでしょう。

 

万聖節の前の日の夜、All Hallows’Eveまで出向いていた収穫を祝い、悪魔を祓うイベントがHalloweenになったと言われています。

 

そしてこの段階で、ケルト人はカブやサトウダイコンの中をくり抜いてランタンを形作って、悪魔除けという位置づけで飾っていました。

 

これがアメリカに行き渡った時に下記に2点がキーポイントとなったのです。

 

アメリカではカボチャが多く収穫されていたこと

ランタンにアレンジする際に扱いやすかったこと

 

この2点から急速に大きくなって行き、カボチャがよく認定されるようになったのです。

 

 

しかし今日この頃でも、ハロウィン祭りの本家本元であるアイルランドやスコットランドではカブを使ってランタンを形作っています。

 

 

 

ハロウィンでカボチャを使う理由はアメリカ人の陰謀!

ハロウィンとジャックオーランタンの顔の由来はカブが起源

ハロウィン祭りの儀式の生まれは、古代ケルト人ではないかと考えます。

 

ハロウィン祭りの儀式は、ヨーロッパのケルト人の収穫祭がスタートとのことです。

 

秋の豊作を願う祭り事ですね。

 

秋のシーズンの収穫や悪魔祓いのセレモニーとして実行されていたもので、最初の頃はカボチャではなくカブを活用していました。

 

しかし、ハロウィン儀式がアメリカ合衆国に伝わった際に当時のアメリカ合衆国はカブに余り主流がなく、代理として多量に獲れていたカボチャを使用するように変容したのです。

 

そして、このアメリカ式が国内及び海外に拡大したため、ハロウィン=カボチャという見解になったと言われています。

 

ケルト人の風習では、11月1日が年明けの始まりで、10月31日はそれまでの前夜となると言えます。

 

10月31日は収穫祭と一緒になって、あの世とこの世の境がなくなる日と言う側面も持っていると囁かれています。

 

日本国のお盆と酷似していますね。

 

そして、命を失った人の霊(善霊)と悪霊がうろつくので、悪霊に悪さをされないようにと、魔除けの焚火をたいたり、仮面をつけたりされていました。

 

この祭りの儀式と、ジャックオランタンの伝説が交ざったものが、今の時代のハロウィンではないかと考えます。

 

昔は、カブをくりぬいてその内に火を灯していました。

 

また、恐怖感に包まれた顔付きにくりぬくのは、悪霊を追い払うからだと考えられます。

 

ですが、ヨーロッパからアメリカ合衆国に人達が移住していったときに、カブとは異なり、かぼちゃが認定されるの様に変化してました。

 

アメリカでは、カボチャが多種多様に収穫されていた根拠です。

 

現在でも、スコットランドでは、カブが採択されているとのこと。

 

日本に於いては、アメリカ式のかぼちゃを使用する方法が広まっているのです。

 

 

 

ハロウィンとジャックオランタンが関係する理由~まとめ

ハロウィンとジャックオーランタンの顔の由来はカブが起源

いかがでしたか?

 

じつはハロウィンのイベント祭りにはこのような内容の切なさに満ちた裏話があったのです。

 

意味が分かることで、よりハロウィンのイベントが体感できることでしょうし、保育園(幼稚園)や初等学校などで子供に尋ねられれば答えてあげましょう。

 

ちなみに、ハロウィン祭りの儀式でよく活用されるオレンジのカボチャは、通常よくお目に掛かるグリーンのカボチャよりも甘味をセーブしています。

 

そのため、アメリカでも食用としては使われないみたいです。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?