ハロウィンの伝統的なお菓子スイーツを食べたい!海外の出し物とは

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は2 分で簡単に読めます



ハロウィンの伝統的スイーツ文化に関連するジャック・オー・ランタン。

 

カボチャをくり抜いたちょうちんがすごく人気のあるのもあって、日本国内のハロウィンではカボチャのお菓子が評判ですね。

 

しかし、なによりもハロウィンが市民権を得ているアメリカや、ハロウィンの元となったケルト文化を誇っているアイルランドやイギリスで馴染み深いお菓子は、どうやら日本とは全然違っています。

 

どんなお菓子なのかレクチャーしていきましょう。

 

ハロウィンで伝統的な各国のお菓子スイーツを紹介!

りんごをうまく取れるかな?ダック・アップル

 

水にそっと浮かべたりんごを、手を用いないでにくわえてゲットするゲーム、ダック・アップル(Duck Apple)。

 

アップル・ボビング(Apple Bobbing)とも称されますこの遊びは、ハロウィンパーティーでもよく目の当たりにします。

 

りんごを水に浮かべるのは何故かと言うと、悪霊が聖なる水には顔を出してこられないからというロジックも。

 

りんごをくわえやすいよう、この遊戯では小ぶりのりんごを採用します(アメリカではおおよその種類のりんごが、日本国の品物よりちっちゃいのです)。

 

かじりづらいと望むなら、茎をくわえてピックアップするといいですよ。

 

 

りんごあめにそっくり!? キャラメルアップル

 

丸ごとのりんごにキャラメルをかけて、いろいろなトッピングをしたお菓子、キャラメルアップル。りんごの酸味とキャラメルの甘さが的確な、庶民的な旨さが魅力的です。

 

インターネットショップもあります。

 

ハロウィンにキャラメルアップルを食べてみるのも良いと思います。

 

手作りするケースだと、一般的なキャラメルを湯煎か電子レンジで溶いてりんごに絡めれば完成。

 

また、塗りつけるだけでOKというディップも販売していますよ。

 

カットしたりんごをセッティングして、フォンデュがあるみたいに浸したり、また上からかけてもベターですね。

 

 

アイルランドはバームブラックケーキが伝統お菓子

 

ハロウィンの元となったサウィンが誕生したアイルランド。

 

アイルランドでは、「バームブラック」(またはバーンブレック・バーンブラック)と呼称されるケーキが、ハロウィンには絶対必要です。

 

一口に言うと、アイリッシュ・レーズン・ケーキ。レーズンなどなど、馴染みのドライフルーツを思う存分一緒にして作るケーキです。

 

アイルランド語の「ブラック(brac)」は、「斑点のある」的な含み。写真を拝見してみると、その名前の由来も解釈できますね。

 

 

ケーキに入る占いアイテム「ガレット・デ・ロワ」

 

ガレット・デ・ロワというお菓子をお知りでしょうか。

 

ここ数年は日本においても、ずいぶん浸透度が上がってきたケーキです。

 

フランスで新年の祝いとして口にできるものでしょうが、中にフェーヴと言われているミニサイズの陶器が入っていて、それが当たるとその一年幸せな気持ちが続くだと考えれています。

 

バームブラックもこれと瓜ふたつですが、異なっているのは数種類のグッズが中に入ること。

 

作る時に、オーブンペーパーに包んだ品物を生地に忍ばせておいて、それを焼くのです。

 

アイテムとその意味は下記の通り。

 

指輪……次の年家庭を持つ

木のかけら……悪質な結婚に手をだしてしまう

ボタン……(男性のみなさんが)一生ひとり身

指ぬき……(女性のみなさんが)一生ひとり身

コイン……上流階級になる

布きれ……金欠状況になる

 

もっとも、一律的に入るのは指輪くらいだと言われています。

 

 

ガイ・フォークス・デーのお菓子「パーキン」 パーキンとは、オートミールと糖蜜を原材料としたジンジャーケーキ。ヨークシャーの名物です。かなり日持ちのするお菓子だそうで、眠らせて召し上がると美味しいとのこと。オートミール入りで食物繊維もたっぷり、食べた時の充実感も満点ですね。さて、今期のハロウィンはどんなお菓子で堪能しますか?

 

 

ハロウィンといえばパンプキンパイ!

 

やはりハロウィンといえば、カボチャだと考えませんか?

 

カボチャを仕立てた文化様式料理はパンプキンパイです。

 

その名のとおり、パンプキンを用いたパイではありますけれど、これが案外とあっけなく作れるのです。

 

パイといえば、徹底的なオーブンだったり小難しい調味量が数多く必要な印象。

 

ですが基本にあるのはホットケーキを作るような感覚でシンプルにつくることが叶います。

 

 

伝統お菓子ジャガイモのパンケーキ「ボクスティ」

 

ジャガイモディナーの宝箱と言われるアイルランドで、最もトラディショナルなパンケーキが「ボクスティ」です。

 

アイルランド語で「貧困に喘ぐ人を助け出すパン」といった意味があります。

 

ジャガイモを主食としてきた先祖の歴史を考えつつハロウィンに口に運んだのが始まりだと言われています。

 

「ボクスティを製作できないとお嫁にいけない」と呼ぶくらい浸透しているファミリーディナーでもあります。

 

すりおろしたジャガイモとマッシュポテトを合わせて焼く、もちもち感とバターの香ばしさが性質だと考えられます。

 

 

日本のハロウィンは伝統的なお菓子スイーツはあるの?

残念ではありますが日本国のハロウィンで注目を集めるお菓子はないようです。

 

それどころか、ハロウィン自体も正確に認知されていない祭りごとですので、わざわざご自宅でお菓子をつくったりして口に入れる習慣もまだまだ早すぎます。

 

クリスマスはしっかりと行き渡っているカルチャーなのですが、ハロウィンはまだまだこの先だんだんと市民権を得ていくようですね。

 

しかし家庭によってはハロウィンを子供と一緒にエンジョイする習慣をもって存在するのもあるでしょうから、一概に日本にハロウィンはない訳じゃありません。

 

実際の東京では、仮装パーティーが毎年オープンされているのであえて言えば、子供よりも大人がメインとなって楽しむセレモニーになっているようです!

 

 

 

ハロウィンの伝統的なお菓子スイーツを食べたい~まとめ

ハロウィンを目いっぱい遊ぶコツは結論から言うと、「こだわらないこと」です!

 

つまりは、無理なことはせずスタイルにとらわれずにハロウィンという1日を楽しむことが肝要なのです。

 

クリスマスもケーキや贈与がないからといって、堪能することができないという結果にはなりませんよね?

 

 

ハロウィンを家族で楽しむときは、共に手料理でもたべて家族全員で映画でもみながらのびやかに過ごすだけでも充分エンジョイできるとおもいますよ。

 

 

意向を無視してアメリカっぽさにこだわってしまうと大変になるので、楽しめるのであればどういった形でも良いという事です!

 

 

ハロウィンについてもっと子供に解説してやりたいと思う方は、絵本などがとても実用的ですよ!

 

 

幼い子供たちに読み聞かせする絵本には、ちびっ子でもイメージを描きやすい言葉でハロウィンについて説明しているので、一緒に読んであげるだけでも魅力的です。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?