ハロウィンのお菓子でアレルギーには特に注意!対応できる食品とは?

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は3 分で簡単に読めます



ハロウィンが近付いてきましたね。

 

となり近所同士でおちびちゃん達にお菓子を配り合う母さん達も少なくないのでは?

 

どんなお菓子が子供たちに感謝の意を示されるのか?

 

また、食物アレルギーのある子も多いから、そんな状況の対策、さらにちびっ子たちが沸き立つお菓子の配り方をご紹介します。

 

是非、役立たせてみてくださいね。

 

 

ハロウィンのお菓子でアレルギーには注意!対応食品とは

アレルギーは各々に種類も強さも九分通りのので、これなら100パーセント大丈夫!

 

と言うのはございませんが、卵、牛乳、小麦のアレルギーが多いので、その一式を避ければ、食べることができるのもたくさんあるようです。

 

ハロウィンお菓子は、渡す物は何でもOKですが、アレルギーっ子がいるケースは、そんなものは控えてあげると安心できると思います。

 

(もらったのに食べることができないのはお気の毒ですからね)

 

 

アレルギーでも食べれるハロウィンお菓子(対応食品)

飴(キャンディー)

チョコレート

ラムネ

せんべい

マシュマロ

ガム

グミ

ゼリー

果物(フルーツ)

ジュース

 

お菓子はたくさんの種類がもらいます。

 

なので、果物や(姫リンゴやミカンなど、ミカンにジャックオランタンの顔を描いたりするのもチャーミングです)、赤ちゃん用のコンパクトなパックジュースは以外とからの評判が良いそうです。

 

アレルギーを持つどの子でも100パーセント大丈夫とはいかない!。

 

ですが、少し気にかけてクッキーよりせんべいや、ジュースなどをセレクトして配ると、皆で楽しめるハロウィンであると断言できますよ。

 

 

海外のハロウィンはアレルギーを持つ子に優しいシステム

国外(海外)ではアレルギーの見られる子は青いジャック・オ・ランタンを設置。

 

基本としてトリックオアトリートで近所回るためにお菓子入れとして用いる容器を手にしてアレルギー持ちである事をお知らせしてます。

 

代わりに準備されているオモチャをやアレルギフリーのお菓子をもらって帰るように対策計っています。

日本でも広がりを見せて欲しいですね。

 

お菓子を下準備する側のお宅でも『アレルギー持ちの子用にオモチャを持ち合わせてあるよ!』

これに該当する青いカボチャを見受けられるように置いておくのだとか。

日本ではとなり近所を回る文化は行き渡ってないけど、販売ショップや遊園地などのハロウィン祭りでお菓子を配る所が多くなってきました。

 

 

 

アレルギーを持つ子供の親はお菓子をどうしてる?

 

ハロウィン祭りでアレルギーを持っている子供の親はお菓子をどうしているのでしょうか?

 

アレルギー持ちの子供のご両親はこんなお悩みを持っているようです。

 

アレルギーについてお聞かせください。

 

今度、地域でハロウィンを開きます。

 

うちのおチビちゃんたちも出席するのでとてもワクワクしております。

 

おそらく参加するおチビちゃんたち、みんな楽しみですよね?!

 

何種類ものお菓子が貰えるのですから・・・

 

しかし、中にはアレルギーの子が少人数います。

 

なんのアレルギーがきちんと把握はしておりませんが卵がほとんどすべての子が駄目なようです。

 

しかし、私が揃えているお菓子はカントリーマーム、ホームパイ、ウマイ棒辺りでしょう。

 

カントリーマーム、ホームパイは100%アウトですよね?

 

ウマイ棒は卵アレルギーの子は口にできるのでしょうか?

 

せっかくのハロウィンですので食べることが出来ないだろうから挙げないじゃなくたってなんかしらあげたいと考えています。

 

何かいい商品はありませんでしょうか?

 

ラッキーな事にうちの幼い子どもたちには食品アレルギーが一切無い。

 

お煎餅でも子供は心喜ぶものだと思いますか?

 

何卒、お力添えお力添えをお願いします。

 

 

 

では、これに対する保護者たちの意見を見ていきましょう。

 

 

スーパーのお菓子でもたまご未使用ののいっぱいございますよ。

 

また、アレルギーの子は駄菓子トータル自重してると思います。

 

うまい棒ダメだと想定されます。

 

スーパーのお茶請け菓子の一角には和風のビスケットが山ほどありますよ。

 

むしろ、個包装でかわいらしいものがあると思われます。

 

多少、高価になっていますが・・

 

オススメします!!

 

 

 

おせんべだって子供世代はとても良いです。

 

あなたがご自身で卵を使わずにクッキーを焼いて人数分持ち合わせて、当日スプリンクルやアイシングでおチビちゃんたちが個々にクッキーをデコレートしてます。

 

それを持たすなんてのも何の問題もなく子供は満足です。

 

メントス

ガム

マシュマロー

ちびっ子達用パックジュース

幼い子どもたちはスティッカー(シール)

塩味のポップコーン

りんご

 

などを始めとしたフルーツをゴロンと。

えんぴつなどに細いオレンジと黒のリボンを付帯されてハロウインみたいにデコして持たすとか。

うちもアレルギーっ子がいます。

意欲的に挑戦してみてください。

 

 

卵アレルギーの長女がいます。

 

うちではハロウィン用のスウィーツは、ペコちゃんの棒つきキャンディ、星型のサラダ煎餅、カルパスをご提供していますよ。

 

あと、これはハロウィンぽくないと思いますが、カリカリ梅が365日24時間家にある状態です。

 

お友達と召し上がるとスッパイスッパイ~とやっぱり盛り上がります。

 

近隣の子供さんが、アレルゲンほとんどすべてダメで、牛乳などは接触しただけでも大変な目に会うと教えてもらいました。

その子がよく、ラムネを口に入れています。

昔っからあるような、錠剤のようなラムネが一列になっていて透明無色セロファンでラッピングされているものです。

 

他にも、ちょこっとレトロなおやつを口に入れているので、シンプルに形成されているものはOKなのかもしれませんね

 

うちの姉は卵と牛乳のアレルギーですけれど、グミや飴ならほとんど口に入れられます!

 

うまい棒も、明太子味をよく好きこのんで口に入れています。

 

品質表示に「卵」と記載していないお菓子をピックアップしてみてください。

 

卵を必要としないクッキーなどもあるというわけですよ!

 

楽しいハロウィンパーティーが叶うと嬉しいですね( ^o^ )

 

 

 

ちなみに2018年のハロウィンお菓子の定番は何?

ハロウィンいうものは、カボチャ。

 

でも、渡すお菓子にいつもの事があるかと言えば、、、、、主流はないかと存じます。

 

なので、渡すのはあれもこれもOK。

 

時期が近付くにつれ。大袋お菓子がハロウィン仕様な形式になるので、それを1袋配る人出が多いです(たけのこの里ないしは、カントリーマームなんか)。

 

手作りする場合、カボチャを使用したお菓子にしたり、冷却やチョコペンでハロウィンらしく装飾したりするのも魅力的ですね。

 

子供が供与された後に袋に入れても壊れにくく、日持ちする物である状況なら大丈夫。(おおよその市販菓子ならクリアしてますね)

 

定番あるいは、よく手渡されているハロウィンお菓子は下記です。

チョコレート

クッキー

マフィン

せんべい

ラムネ

マシュマロ

 

などが考えられますか。

 

個別包装していない時もあれば、1個だと多くはないから2、3個配ろうと言うケースだと、自分で小袋に分類してラッピングするのも何かと便利です。

袋は、100均などでハロウィン柄のキュートな袋が販売されています。

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?