ハロウィン仮装とコスプレの違いとは?本来仮装する由来の意味とは?

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は3 分で簡単に読めます



「ハロウィン仮装とコスプレの違い」っていったい何?

ハロウィン仮装とコスプレの違いとは?本来仮装する由来の意味

「ハロウィン仮装」と「コスプレ」の違いを認識できるために、まずはそれぞれのキーワードのきちんとした意味を押さえていきましょう!

 

 

ハロウィン仮装

仮に異なっているものの姿をする行為。

その雰囲気のままに偽装すること。

 

 

アニメや漫画のコスプレ

「コスチュームプレー」の要約。

コミック・アニメ・コンピューターゲームを筆頭としたキャラクターの衣装・ヘアスタイルと考えられているもの等をパーフェクトにまねて変装・変貌すること。

ユニフォームなどの特異的な衣装で仮装すること。

 

 

お互いのその通りの意味の違いを対比させれば、

 

ハロウィン仮装・・・私自身とは違う仮のものに正体を隠すこと

 

アニメコスプレ・・・コミックやゲームのキャラクターに変身すること

 

 

という様な違いがあります。

 

しかし、原則としていずれにしたって「非リアリティー的な変装を思い切り楽しむ」という点は一緒ですよね・・・

 

やはり実際的には、意味のフレーズとイメージしてもいいのでしょうか?

 

 

 

「ハロウィン仮装とコスプレ」の違いはスバリ愛情!

ハロウィン仮装とコスプレの違いとは?本来仮装する由来の意味

真面目に「仮装」と「コスプレ」に違いがないのかを認識するために、知り合いのコスプレイヤーさんに話を伺ってみた!

 

そのコスプレイヤーさんが口にするには下記になります。

 

 

「コスプレ」はそのキャラクターや人物自体になりきる事。

「ハロウィン仮装」はその衣装を身につける事。

 

 

目当てであると断言できます。

 

 

例えば、京都では舞妓さんの衣装を装うことができますよね。

 

これを「舞妓さんのコスプレ」と言ったら、少しちぐはぐな感じを思いませんか?

 

ネタでやるのが「仮装」、目の前に執着心や愛があれば「コスプレ」と分ければいいのではないかと感じます。

 

 

なので、「ハロウィン仮装」と「コスプレ」は一緒のというわけでは無いと考えてください。

 

 

 

ハロウィンの祭りで仮装する本来の由来とは何なの?

ハロウィン仮装とコスプレの違いとは?本来仮装する由来の意味

クリスマスやバレンタインに次ぐ国民的イベントになりそうな雰囲気を象徴しているのが、ハロウィンです。

 

 

ところで、そもそもどうしてハロウィンの時に、仮装をするのでしょうか。

 

実はそれに関しては、ハロウィンの真実が隠されていたのです。

 

 

ハロウィンの起源は、古代ケルト人が実施していた宗教的なイベントである「万聖節」と評されています。

 

万聖節とは、紀元前5世紀頃のアイルランド地域で生活していたケルト人にとっては、11月1日が元旦でありその前の日の10月31日は一年の終わる日、と言われていました。

 

万聖節を英語表記するとAll Hallows、その前の日ということを示すことからAll Hallows’Eveと称され、それが訛ってハロウィンと考えているようになったと言われています。

 

 

そして、年が明ける前の10月31日の夜間には、この世とあの世を仕切る扉が開け放たれ、死者がやってくると見なされていました。

 

しかしそういった場合、死者に混じって魔物や魔女もこの時代にやってきて、暮らしている人間から魂を奪うと話されていました。

 

そのため、人間だと気付かれることがないように人たちは仮装をするようになったではないかと考えます。

 

 

 

 

ハロウィン祭りで仮装する本当の意味は何なのでしょう?

ハロウィン仮装とコスプレの違いとは?本来仮装する由来の意味

ハロウィンの仮装では、ほとんどの場合魔女やゾンビ、幽霊やコウモリ、魔物といった恐怖を覚える物がピックアップされます。

 

これはハロウィンの仮装の元来の事情が、自分が人間だとバレない様にするためだからと言われているようです。

 

魔女や魔物は人間を探し出せたらその魂を奪おうとしますが、それが仲間だと判断すればそういった事はしませんよね。

 

すなわち、魔女や魔物の仮装は自分の身を守るために行われていたものなのです。

 

また、仮装は魔除けの目論見もあり、悪霊を威嚇して追い払うといった主旨もあったようです。

 

つまりハロウィンでキーポイントとなるのが仮装。

 

この習慣もケルト文化の悪霊払いに由来すると考えられお化けの見た目をすること。

 

また死者の霊と一緒に出現してくる悪霊たちに自らが仲間だとカモフラージュするのが元々の目的だったと考えられています。

 

 

つまりハロウィンの仮装はケルト人の怖い風習が由来!

ハロウィン仮装とコスプレの違いとは?本来仮装する由来の意味

古来、ハロウィンの夜にはこの世とあの世の境の門が開きあの世に暮している悪徳な精霊たちが人間界に足を運んでみては人間を襲います。

 

 

襲った後に自らが住む世界に、引き連れて行こうとするのだと信じられていたと考えられています。

 

 

この場所で古代ケルトの人々は、正体を隠して悪魔やバケモノに扮し悪霊たちを誤魔化してあの世に引き連れて行かれないようにする慣行があります。

 

 

それがハロウィンの夜に仮装をする事の由来と考えられるそうです。

 

そんな訳で、この時代でもハロウィンの仮装では吸血鬼や魔女、狼男といったホラーテイストで溢れる仰々しいコスチュームが称賛されているんですね。

 

 

 

 

ハロウィン祭りで仮装した子供にお菓子を配るのはなぜ?

ハロウィン仮装とコスプレの違いとは?本来仮装する由来の意味

ハロウィンでは、仮装した子供達が町内を練り歩き回り「トリック・オア・トリート」と口に出して家に足を運んだ際には、お菓子をプレゼントする慣行があります。

 

トリック・オア・トリートには、お菓子をくれないと悪戯をするぞ、といったケースがあります。

 

 

子供達の扮するバケモノや魔女にお菓子をプレゼントすることで、家の中まで入って悪さをしないように、という魔除けの意味が存在しています。

 

しかし、ハロウィンだからといってどんな人の家にでも許可なく行ってよいということはありません。

 

玄関先にカボチャのランプ(ジャック・オ・ランタン)がある各家庭のみお菓子をもらいに行くのが行儀作法のようです。

 

 

ハロウィンの「TRICK・OR・TREAT」にも意味がある!

ハロウィン仮装とコスプレの違いとは?本来仮装する由来の意味

ところで、ハロウィンで失念してならないのが仮装した子供たちがそれぞれのお家を訪問してお菓子をもらうという「トリック・オア・トリート」の慣行ですよね。

 

実はこれも、ヨーロッパのかつての習慣の一つ

 

「ソーリング(Souling)」

 

というイベントが幕開けといわれ仮面をかぶった子供たちが家々を巡り、ソールケーキというお菓子を貰った事から来るのだとか。

 

因みにこの場合、トリックは悪戯、トリートはもてなし(お菓子)といった主旨になります。

 

なのでトリック・オア・トリートというのは『お菓子をくれないと悪戯するよ』ということを意味しますね。

 

因みに、ここ数年は、ハロウィンの習慣を逆手にとって悪ノリする若い子達のグループたちも珍しくない状況に。

 

手当たり次第に家々にお邪魔する事には賛否両論があるのも今の現状なのです。

 

という事で、エキサイティングなハロウィンだけれどハメを外しすぎないケースだって祭りごとをハッピーで安全に満喫するには特に大切な点ですね。

 

 

 

ハロウィン時期が10月31日になった理由(由来)

ハロウィン仮装とコスプレの違いとは?本来仮装する由来の意味

世界中で祝福されるハロウィンの起源は非常に古く、紀元前からヨーロッパの広い範囲に亘って暮していた古代ケルト人の秋の収穫祭と悪霊払いのセレモニーがその由来だと言われています。

 

 

最近でもハロウィンが実施されている10月31日は古代ケルト人の年の暮れ。

 

 

つまり大晦日にあたりケルト文化では死者の霊がその家族に顔を出すため帰ってくる日、つまり日本国内のお盆に代表されるような日だと信じ切られていたんです。

 

 

因みに、一年の終わりである10月31日はケルト文化では夏の終わりと冬の始まりという立場で、死者の霊と共に悪霊や妖怪、魔女であったりも人間界に登場し悪さをすると思われていたわけです。

 

 

という事で、そんなケルト人たちの旧タイプの慣習が今の時代のハロウィンの不気味な空気感の由来になったという仕組みですね。

 

 

尚、ハロウィンの翌日である11月1日はキリスト教の諸聖人の日(万霊節)と考えられることからハロウィンの語源はall-hallow Eveningと言われているようです。

 

 

そういった風に古代ケルトの儀式がキリスト教の関係し今日のハロウィンの元となって拡張するに達したのです。

 

 

ハロウィン仮装とコスプレの違いと仮装の由来~まとめ

ハロウィン仮装とコスプレの違いとは?本来仮装する由来の意味

いかがでしたか?

 

ハロウィンの仮装には、上記のような事情がありました。

 

ひょっとするとこれからハロウィンも、本来の意味とはかけ離れ、日本独自のものに進化を遂げていくかも知れません。

 

ですが、システマチックだ由来を知っておくことはとても重要だと断言できます。

 

ハロウィンは随分早くから日本に参入して来ていました。

 

ですが、その浸透度は低く、クリスマスやバレンタインのように一般化しないのではないかとある時期には取り扱われ、今日この頃の間にずい分と知れ渡りました。

 

ハロウィンが日本で人気を博した理由の一つに、仮装が想定されます。

 

元々、コスプレカルチャーのある日本において仮装は受け入れられやすく、有名なテーマパークがハロウィンに仮装にちなんだ祭りごとを仕掛けたことでいっぺんに火が付きました。

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?