レモンバームとレモングラスの違いを紹介!効果や香りは異なるの?

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は2 分で簡単に読めます



レモンバームとレモングラスの効果や香りの違い

レモングラスは熱帯原産のイネ科植物で,香料ほかお茶やエスニックディナーなどに利用されます。

 

レモンバームはヨーロッパ原産のしそ科植物で,お茶やケーキなどに採用されます。

 

このようにレモングラスとレモンバームは実は同じハーブではないことがわかります。

 

また「シソ科」と「イネ科」という植物性の違いもあり、実はまったく違う植物なのです。

 

ではもっと詳しく見ていきましょう。

 

 

 

レモンバームとレモングラスの香りと効能の違いについて

レモンバームとレモングラスの効果や香りの違い

「レモングラスとレモンバームの香りの違い」

まず、そのものでお茶(ハーブティー)として飲用するならレモングラスの方がクセがなく清涼感のあるのです。

 

一方でレモンバームはちょこっとくせがあり,青臭さががっしりしたという印象を持っていますが、ミントのような清涼感も楽しめます。

 

でも,ブレンドすると良いコンビネーションとなってより美味しい状態になります。

 

ですが、レモングラスもレモンバームもどちらも初心者向きのハーブなので、どちらもオススメですが、ミントが好きならレモンバームでしょう。

 

 

 

レモンバームとレモングラスの効果や香りの違い

「レモングラスとレモンバームの効能の違い」

効能においては,レモングラスは強壮作用を持っていて疲労回復の効果を発揮するそうです。

 

レモングラスの効能と味はこちらです。

 

 

次に「レモンバーム」は恐怖心や感情のダウンを沈静化する効果や,強心作用があるそうです。

 

また高血圧にも効き目が期待できると解説されているニュースもあります。

 

この理由によって,神経系や心臓などにリスクのある人はレモンバームの利用に注意をするべきであるのかもしれません。

 

ちなみに「レモバーベナ、レモングラス、レモンマートル、レモンピール」などの名前が類似したハーブと間違えられることがあります。

 

これらに関しましては全くの別種です。

 

 

 

ハーブティーならレモンバームとレモングラスどっち?

レモンバームとレモングラスの効果や香りの違い
ハーブティを質の高いものにするのが、レモングラスとレモンバーム。

 

「バーム」とは葉っぱという訳ですがレモンバームは葉っぱをこすりつけるとレモンのよい香りが
周囲にただよいます。

 

「メリッサ」(花子さんに代表される意味)とも言われるレモンバームはヨーロッパでははるか古来より長寿の妙薬と言われたありがたーいハーブティーとか。

 

水気がなくしても可能ですですが、つみたてのものとは清涼感がなぜかちがいます。

 

レモンバームはミントと同様かなり強健。

 

でもミントのように地下茎でひろがることはありません。

 

プランター栽培問題なし。

 

 

お肌をツルツルにする成分もあるみたいです。

 

 

ただし、妊婦さんにはレモンバームはダメージをもたらすとのことと言われています。

 

 

レモンバームとレモングラスの植物性の違いとは?

レモンバームとレモングラスの効果や香りの違い

「レモングラスの植物性(自生環境)」

タイ料理やベトナム料理には欠かす事ができないハーブ。

 

ですが、タイ料理のトムヤムクンに加えるのはレモングラスしかいないと言っていいでしょう。

 

ワイルド系で、葉もざわっと伸びて活気のあるように思いますが、なぜか打たれ弱くて、水をしない限りすぐしおれます。

 

耐寒性も弱く、レモングラスが慣れた土地で本領を見せつけるタイプです。

 

葉で人の手を切って傷つけたりしますが、これはひねくれ者で元来はすごく心優しいハーブなのです。

 

 

「レモンバームの植物性(自生環境)」

暑い季節に白い小さな花を咲かせ、この花にたびたび蜜蜂が詰め寄ります。

 

朗らかで人懐っこくて皆に好かれている香りを持っているのがレモンバームです。

 

繁殖力がホントに強く、移植にもタフであらゆる環境に適応でき、あらゆるところで成長できます。

 

かわいい葉っぱのイメージと反対になって、丈夫で打たれ強く、寒さも大したことのない水切れもへっちゃら。

 

でも意向にそわないことがあるとすぐさま枯れたりします。

 

 

 

 

レモンバームとレモングラスの違い~まとめ

単独でお茶として飲用するならレモングラスのほうがクセがなくスッキリした印象です。

 

レモンバームはちょこっとくせがあり,青臭さが強いという印象を持っています。

 

でも,ミックスすると相乗効果でよりおいしい状態で飲みやすくなります。

 

効能としては,レモングラスは強壮作用を持っており疲労回復の効果が期待できるそうです。

 

レモンバームは不安や気分の衰弱を軽くする効果や,強心への効き目を見せるそうです。

 

また,高血圧にも効能があると公表されている本もあります。

 

そういう事情から,神経系や心臓などに不安のある人はレモンバームの利用に留意をするべきだ,と言えるかもと思ってしまいます。

 

多量に口に入れるようなものではないし,健康に害があるみたいな強いハーブとは思えません。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?