レモンバームティー茶の副作用を解説!カフェインは?子供は飲める?

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は2 分で簡単に読めます



レモンバームティー(お茶)の副作用について解説!

レモンバームティー(お茶)の副作用の方ですが、一般的に考えて普通に愛飲するほどであれば、気にすることはありません。

 

ほとんど飲用するケースになると、副作用に関する問題はありません。

 

詳しく副作用を上げるのであれば下記だと認識してください。

 

 

 

副作用①「脈を乱れさせる可能性が」

レモンバーム効果というようなケースでは、気持ちの高揚又は気分の鎮静の二極性を挙げました。

しかし、鎮静作用が影響を与える前に短い時間にドキドキすることが考えられます。

それこそが脈の乱れの元凶となっている可能性もあると言えます。

 

 

副作用②「手作り化粧水に使用する際は注意」

レモンバームの主成分であるシトラールは微量な含有量なんです。

ハンドメイド化粧水など肌に直接使用する際は敏感肌には刺激することもあり得ます。

日光に当たる外出時には、紫外線曝露対処方法をしましょう。

 

 

副作用③「眠気を誘い込む」

中東では強心剤として扱われていたレモンバームです。

アナウンスの話によると多量摂取では徐脈、低血圧または眠気に結び付くと評されています。

不眠症対策が起こる一方、眠気を誘うという副作用が存在するのですよ。

 

 

副作用④「妊娠中の過剰摂取は厳禁」

胃腸の調子に効果的であることで便通が滑らかになると、組み合わせて子宮も収縮してしまう恐れがあることが要因です。

しかし禁忌な飲み物じゃない為、1日の指標摂取量は200mlぐらいにしておいた方が良いです。

また気に病んでいてあれば医師の指示を委託するように気を付けて下さい。

 

 

副作用⑤低血圧や眠気につながる

中東では強心剤として活用されていたレモンバーム。

 

ですが、インフォメーションの発表では2g以上の大量摂取では徐脈、低血圧でなければ眠気が発生すると考えられています。

 

効能が大きいからという理由で、大量摂取はオススメしませんね。

 

どんな事であっても適量、ちょうどよい程度にレモンバームティー(お茶)を飲みましょう。

 

 

 

レモンバームティー茶のカフェインには副作用があるの?

レモンバームティー(お茶)にはカフェインが含まれていない、つまりノンカフェインということです。

 

なのでコーヒーや紅茶のようなカフェインによる副作用は一切ありませんし、安全に飲むことができます。

 

ですが、レモンバームティーを飲み過ぎても大丈夫と言うわけではありません。

 

どんなハーブも過剰摂取はNGなので、自分の体調と相談しながら愛飲したほうが良いでしょう。

 

 

 

レモンバームティーは副作用なく子供に安全なの?

基本的にレモンバームティー(お茶)は子供に飲ませても大丈夫なハーブティーですが、1歳前後の乳幼児は念のため控えておきましょう。

 

また、一般的にレモンバームティー(お茶)を子供に飲ませて得られる効果は下記になります。

 

殺菌作用が風邪予防に効果的

 

芳香成分には鎮静作用があり、ストレスや寝つきの悪さを改善します。

 

抗菌作用があり、免疫機能の向上をサポートする

 

この3つが代表的です。

 

基本的にレモンバームティー(お茶)は精神を安定させるハーブティーなので、子供のメンタルケアに用いると良いでしょう。

 

 

レモンバームティーは副作用なく妊娠中でも飲める?

妊娠中は感情がセンシティブで不安定、また内蔵機能が低下していたりと過酷なタイミングですね。

 

ハーブは、妊娠中の身体にいろいろな影響を与えると指摘されています。

 

レモンバームティーはノンカフェインで、信頼のもてるドリンク。

 

そのうえ利尿作用、排便作用などのハッピーになる効果があるのですが飲み過ぎにはお気をつけ下さい。

 

強力な排便作用は子宮収縮を誘引させ、早産や流産につながるケースがあるからだと考えられます。

 

飲んだからという理由で、すぐにそうなる事実はありません。

 

それのみならず、レモンバームティーは非常に良い効果を及ぼしてくれます。

 

それは、つわり症状の軽減が図られいるわけです。

 

レモンバームティーは胃腸症状に効果的。

 

つわり独特な胃部症状を抑え、メンタル的な安定がもたらされてくれます。

 

飲む場合は、1日に1~2杯を目安に摂取することをオススメします。

 

であるとしても不安を抱えていたら、お医者さんにアドバイスを求めるのがいいですね。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?