レモンバームティー茶はまずい味?美味しい作り方レシピを紹介

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は3 分で簡単に読めます



レモンバームハーブティー(お茶)はどんな味なのでしょうか?

 

一部の口コミではマズイ味だとも言われていますが、実際に飲んでみないとわかりませんよね?

 

ここでは実際に飲んでレモンバームティーを飲んで、効果(効能)やまずい味について検証しています。

 

では見ていきましょう。

 

 

レモンバームティー茶はまずい味?実際にハーブティーを飲んで検証

レモンバームティー茶の味って?美味しい作り方

今回「レモンバームティー(メリッサ茶)」の口コミリポートをさせていただきました。

 

レモンバームは「リラックス、口臭改善、ダイエットサポート」有効です。

 

ストレス解消効果があることで、人気の香りの一つです

 

では、いったいどんな風味なのでしょうか?

 

レモンバームティー茶の味って?美味しい作り方

ドライハーブからは、爽やかな紫蘇(シソ)のような香りが楽しめて、それを草木のような香りのハーブの香りが優しく包み込んでいるような印象です。

 

ちょっとシソのような香りも感じますね。

 

精油成分「シトロネラール、シトラール、ゲラニアール」は気分を転換させて心を穏やかにするのに効果的です。

 

熱風邪が出た場合には、レモンバームの精油成分が緩和な発汗作用を示し、冷却効果をあらわします。

 

これによって「風邪、流感、喘息、気管支炎」に役立ちます。

 

レモンバームティー茶の味って?美味しい作り方

お湯を注ぐと、蒸気とともに紫蘇(シソ)のような香りが広がってきました。

 

でも、フルーティーなレモンのような印象はなく、あくまでもうっすらと紫蘇(シソ)のような香りが楽しめる、ハーブの香りです。

 

この香り(精油)には刺激作用よりも強壮作用を発揮します。

 

ストレス症状が原因とされる「消化器官および子宮」のトラブル症状を解消して強壮にする作用があります。

 

レモンバームティー茶の味って?美味しい作り方

ハーブティーには抑うつ症の改善や呼吸と脈拍を緩慢にし血圧を下げ、平滑筋の痙攣を静めるのに役立ちます。

 

また、レモバーム風呂としての使い方をすれば、その効果がより期待できます。

 

殺菌作用があるので、「風邪」などの感染症による病(症状)を予防してくれます。

 

「頭がガンガンに痛くなるようなイライラ症状と怒りがこみ上げてきた情緒不安気味な精神を感じ取った」

 

そんなときに効果的な印象です。

 

暮しも力になってくれます。

 

 

なにより美容効き目があるので、肌がもっちりしてきましたし、キメが細かくなっています!!!

 

レモンバームティー茶の味って?美味しい作り方

少し甘さのある気分爽快なレモンとハーブの香りが口の中で広がって行き、ふかふかとした香りを堪能できました。

 

ほんのわずかしたレモンのような香りが、見受けられるのが気持ちを際立たせるGOODなハーブティーですね。

 

 

レモングラスよりもレモンっぽい気もしますが、やはり葉っぱの清涼感のある風味も体験できます。

 

クセが強く飲みにくいハーブティー商品が通常ですが、こちらは口臭予防にも気に入ると思います。

レモンバームティー茶の味って?美味しい作り方

ハーブティーを飲用すれば口がある中からフワフワフワ~~~

 

みたいな感じで吐息がキレイになる印象があります。

 

食後にぴったりのハーブティー。

 

口臭が気になるときに飲用したところ、ハーブティーの香りが脱臭に実効性があることが記憶に残っております。

 

ハーブティーとして飲用すると、どことなくメントールのような清涼感がありますね。

 

レモンと同じ精油成分が含まれているので、「レモンバーム」と名付けられていますが、さほどレモンのような香りではないかな。

レモンバームティー茶の味って?美味しい作り方

お口直しに申し分ありませんし、食べ物の消化も促してくれるようなので、極めてありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

こちらを飲用すると心地いい香りが「ふわ~~~」

 

っとして頭をクリアにして頭痛も軽減されますし、イライラも静まりますね。

 

朝などに口に入れてみたくなるハーブティーかな? 食後にもバッチリです。

 

けっこう紫蘇(シソ)の香りの方が近いですね。

 

レモンバームには「ロズマリン酸」というポリフェノール化合物が含まれています。

レモンバームティー茶の味って?美味しい作り方

「ロズマリン酸」はアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの分泌を抑える作用があり、花粉症やアレルギーなどの症状を緩和します。

 

 

他にも、悪玉コレステロールの低減作用が、ダイエットサポートに期待でき、他にも血液をサラサラにし動脈硬化を改善・防止する。

 

 

レモンバームティー茶の美味しい作り方のレシピとは?

レモンバームティー茶の味って?美味しい作り方

レモンバームティーの味は清涼感のあるハーブの香りとレモンのフルーティーな香りが楽しめる風味です。

 

ではさっそくレモンバームティーの美味しい作り方レシピを見ていきましょう。

 

レモンバームの生(フレッシュハーブ)またはドライハーブを小さじ2杯(3g~5g)用意

 

茶こしまたはティーパックで抽出の準備をする

 

200ml~300mlのお水を沸騰させる

 

水が沸騰したらコップに準備しているレモンバームのハーブの成分を抽出しましょう。

 

 

美味しいハーブティーの飲み方(作り方)は成分の抽出時間が大切。

 

ここで案内しているレモンバームーティーのおすすめ抽出時間は「3分~7分」が理想です。

 

 

 

こんなレシピも!レモンバームティー紅茶の作り方とは

レモンバームティー茶の味って?美味しい作り方

美容やヒーリング効果、妊婦さんのつわりに非常に効果のあるハーブ【レモンバーム】を混ぜ込んだブレンドティーです。

 

後味スッキリ!

 

 

レモンバームを流水で簡単に綺麗にします。

 

水を鍋で沸かし、沸騰させレモンバームを加えて10分ほど煮沸させます。

 

その間にティーポットに紅茶の葉を入れておきます。ティーパックでも構いません。

 

10分以降、レモンバームを取り除いてティーポットに煮沸させて色の出た湯を注ぎます。

 

3分静観して蒸らして紅茶の色が出たらカップに注ぎ込み、好みで砂糖やハチミツを入れれば完成です。

 

材料(1人分のレモンバームティー紅茶)
レモンバーム(生葉)

両手に山盛り程度紅茶の葉(種類はお好みで)

小さじ3

砂糖適量

水3カップ

レモンバームティー紅茶の作り方のコツ
湯は必ず煮沸させて利用します。

紅茶はガチャガチャかき混ぜると渋味が出易いので留意。

今回使用した紅茶の葉はアールグレイですが、手持ちのお茶の葉に加えてもOKです。

砂糖はお好みので入れなくても良し

 

お庭のレモンバームでハーブティーを入れたい!

 

と思い付きで作ってみたのがこのレシピ。

 

使ってないのに レモンの香りがします。

 

レモンバームはタフでカンタンに育てられて、浴槽(お風呂)に浮かべても、足湯にしても、干して吊るして蚊よけとしても使用できます。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?