レモンバームの栽培方法は?「日当たり・水やり・切り戻し時期」とは

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は2 分で簡単に読めます



自宅でも育てられる?レモンバームの栽培方法について紹介

レモンバームの栽培方法は?「日当たり・水やり・切り戻し時期

「レモンバームが好む土壌環境」

建物の間や年中太陽の当たらない湿り気のある場所を浅く耕しておき、種を撒いた後に水をかけてそのままにする。

荒地でもよく生育するので、困らない。

また、毎年種を周辺に零すので一度撒いたら毎年上伸する。

 

 

「日当たり・置き場所」

レモンバームは日光をお好みますが、半日陰程度なら栽培可能だと思います。

短期の間であれば室内の窓辺でも発育しますが、光が不足していると徒長したり弱ります。

日光が好みますが、強烈過ぎる光は苦手です。

夏場の西日などは葉焼けの要因になりますのでお心掛けください。

 

 

「レモンバームハーブが好む温度」

レモンバームは寒さにとても強く、関東以南の地域では防寒対応策はほとんど無用です。

暖かい地域の冷寒なら、特に防寒せず越冬叶います。

降雪する地方では地上部が枯れますが、根は生存していて春になるとまた芽を見せます。

寒冷地では、霜や寒風対処方法として軒下や室内など風を防止できる場所に置くほうが良いでしょう。

 

 

「レモンバームが好む用土」

ハーブ用土を探し出せれば、それを使用した方がいいです。

ない時は野菜用の用土を使いましょう。

乾燥にあまり強くないので、保水性の良い土が好ましいです。

しかし性質はずいぶん強健ですから、それほど用土にこだわらなくても問題ないです。

 

 

育て方のコツを学ぼう!レモンバームの育て方のポイント

レモンバームの栽培方法は?「日当たり・水やり・切り戻し時期

「レモンバームへの水やり方法」

レモンバームは生育は活気づくので、土の表面に水分が無くなったら 生育旺盛ということ。

なので、土の表面が水分を失ったら注意が必要で。 極度の乾燥にも繊細です。

土が乾いたらお水をふんだんに与えましょう。

水切れすると葉が黄色くなったり、株が痛む理由に。

 

 

「レモンバームが好む肥料(ひりょう)」

肥料不足は葉が黄色くなったりとか、縮小する原因に。

 

成長期の3月~6月は肥料を施した方が良いでしょう。

 

 

もっと知ろう!レモンバームのハーブの詳しい育て方

レモンバームの栽培方法は?「日当たり・水やり・切り戻し時期

「オススメのレモンバームの選び方」

レモンバームは主に苗で購入するのが普通です。

葉っぱが力強い緑色で、徒長していない株を選択すると良いでしょう。

 

 

「レモンバームの植え付け方法」

レモンバームは地植えでも鉢植えでも栽培可能だと言えます。

レモンバームは生長が早いので、地植えにすると、すぐに育ちます。

いくつもの株を植え付けるとすれば、株と株に掛けてはあけて植え付けます。

限られたスペースで育て上げたい場合は、鉢植えで育てましょう。

レモンバームは、乾きには華奢なので、少し大型な鉢に植えます。

 

 

「レモンバームの植え替え・鉢替え時期」

植え替えは真夏は自制したほうがよいでしょう。

一回り大きな鉢に植えかえるか、大きさをキープしたい場合は、株分けをするのです。

鉢底に凝り固まった土などを取り除いて、根鉢を崩します。

根っこを損傷しないよう優しく実践しましょう。

植えつけ後には鉢底から水がでるくらい豊かにお水を与えましょう。

 

 

「夏越し」

特別な夏越しはことは不必要ですが、鉢植えのレモンバームは乾きにはもろいので、真夏の水切れに気をつけましょう。

 

「冬越し」

レモンバームは寒さに限りなく強く、関東以南のゾーンでは防寒対策はほとんど不要です。

 

 

「レモンバームの開花時期」

6月~7月頃に白い花を咲かせます。

レモンバームの花はミツバチにマークされることから、果樹などの受粉が欠かせない植物の近くに植えられたりすることがございます。

花が咲くと株が弱ることもあって、葉を収穫するために育て上げる場合は、花の開花前に切り戻しをして、花を咲かせないで育成しましょう。

 

 

「レモンバームの葉っぱの収穫時期」

レモンバームは何週間も収穫できるハーブですが、花が開花6月~8月が香りが高まります。

レモンバームは、花を咲かせると香りが低下します。

葉っぱを収穫するために育てているとしたらは、花が咲く前に切り戻しをした方が良いでしょう。

 

 

「摘芯(摘心)・摘果」

春の芽吹き後、早いうちに摘芯をしておくと、その箇所から枝分かれするので、いくつもの葉を獲ることができます。

 

「レモンバームの剪定・切り戻し」

花の開花後、株を全体で切り戻しておくと、その箇所から枝分かれして新しい葉が出てくるので、シーズン中にいくつもの葉を収穫することが叶います。

また、切り戻しは、梅雨や猛暑の間の株の蒸れ対策にもなると言えます。

 

 

「レモンバームの増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)」

レモンバームは挿し木で繁殖させることができます。

元気できっちりした部分をカットし、水に挿す部分の下葉を落とします。

お手入れをしたものをお水に挿します。

また、お水は一定間隔で交換してあげましょう。

発根したら、クリーンな土に植えつけ、半日陰で管理しましょう。

土がカサカサになったらお水を与えて調節しましょう。

またレモンバームは、こぼれ種でも増えます。

 

 

「レモンバームの病害虫」

割りかしつきにくいですが、アブラムシ、ハダニなどつくケースがあります。

こまめに葉裏なども観察し見つけ出したら駆除しましょう。

 

 

どんな香り?レモンバームの香り(精油成分)の特徴とは

レモンバームの栽培方法は?「日当たり・水やり・切り戻し時期

葉はシトラールを含み、ハーバルでフローラルな、レモンを装う香りがする。

 

夏の終いに、蜜を持った小さな白い花もしくは黄色い花をつける。

 

繁殖力がとても強く、かつては人間より長寿になると考えられていた。

 

地上部は寒くなるとは枯れるが根は数年生きるため、雪解けと時を同じくして成長をスタートする。

 

雪が積もる頃に出た葉が雪の下で枯れずに冬越しすることからもわかるように、非常に耐寒性に優れている。

レモンバームとは通称名で、学名はMelissa officinalisといい、別名ではメリッサ、和名では香水薄荷(コウスイハッカ)や西洋山薄荷(セイヨウヤマハッカ)と評されています。

 

シソ科の多年草のハーブで、原産は東地中海地方ですが、ここ最近は南ヨーロッパだけじゃなく世界中の国々で産み出しています。

 

50~80㎝くらいの高さに生長して、四角い茎と、縁がギザギザしたか細いシソのようなハート型の葉をもち、その葉からはレモンの匂いが漂ってます。

 

春から秋に掛けては小さな白い花が咲き、レモンバームの花には大勢のミツバチが密集することもあって、ミツバチのギリシャ語である「メリッサ」とも例えられているのです。

 

また、ギリシャ神話の「メリッサという女の人が蜂蜜を与えてゼウスを育てた」という逸話にも由来しています。

 

レモンバームの名前の通りレモンの香りはすると思いますが、酸味はなくミント系のスッキリした味です。

 

酸味がないためハーブティーとして使われる事も多く、料理や飲み料の香り付け、入浴剤やポプリなどにも効果的利用されるのが一般的です。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?