ハロウィンは日本でいつごろ商業化定着した?海外の反応がおかしい?

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は3 分で簡単に読めます



日本で商業化が定着したハロウィンの歴史(起源)とは

ハロウィンは日本でいつごろ商業化が定着した?海外の反応がおかしい

ハロウィンの始まりは今から2,000年以上も前のヨーロッパ、古代ケルト人の宗教行事(サウィン祭)が発祥だと言われています。

 

サウィン祭というのは、

収穫祭

日本でいうお盆

霊を祓う

 

が重なったようなもの。

 

サウィンが日本のハロウィンに変化した理由は、時が経つにつれて、サウィン儀式がアメリカ文化に浸透し始めたからです。

 

そしてケルト系民族の習わしを全て無くしてしまうのではなく、日本やアメリカ人に受け入れられやすいようにアレンジを加えて商業化していったんですね。

 

 

 

日本でハロウィンが商業化するのはいつごろからなの?

ハロウィンは日本でいつごろ商業化が定着した海外の反応がおかしい

ハロウィンに関する商品が販売されたのは1970年代。

 

ですが、日本で本格的に商業化が定着し始めたのは2000年~2010年ごろの10年間です。

 

一般的にSNSの認知や大手テーマパークイベントが一般的になったと同時にハロウィンが定着したきっかけになります。

 

ハロウィンが行われる日は最初から決まっており、アメリカでも普通なら“10月31日”に行われます。

 

ハロウィンはキリスト教でいうところの「諸聖人の日(All Hallows)」(11/1)の前夜祭なのです。

 

英語のハロウズイブ(Hallows eve)が訛ってハロウィン(Halloween)となったのです。

 

日本では10月の後半になってくるとハロウィンのイベントが行われることが多い。

 

ですが、ディズニーランドやUSJのハロウィンイベントは9月から始まりますし、毎年話題になるイベントの日にちはどれもバラバラなので統一感がありません。

 

また日本のハロウィンと欧米のハロウィンには違ったところが複数あります。

 

 

 

日本のハロウィンに対する海外の反応がおかしい?


このページでわかるように、アメリカなどでハロウィンは子供のイベントとして認知されていますが、日本では海外の人も一緒になった楽しんでいる様子。

 

また本来のハロウィンは魔除けの儀式をオマージュしたものですが、日本では仮装パーティーとして認知されています。

 

そこで海外の人がやってきて面白イベントとして参加しています。

 

これが日本で商業化が定着したハロウィンに対する海外の反応がおかしいと言われる理由です。

 

 

 

ハロウィンの日にアメリカ人はいつから準備をしている?

ハロウィンは日本でいつごろ商業化が定着した海外の反応がおかしい

「かぼちゃはいつ頃から用意すべき?」

基本的にアメリカでは1週間~3週間前には用意する人がけっこういますね。

 

ハロウィンにおいて欠かせないものといえば、やはりかぼちゃですよね!

 

ハロウィンが近くなるとデッカイかぼちゃで作った「ジャック・オー・ランタン」を玄関先や窓辺に並び始めます。

 

ハロウィンには、まずはこのかぼちゃが必要不可欠ですよね。

 

ハロウィンのシーズンになると、大きなカボチャの販売が始まります。

 

ボンズやアルバートソンズといった一般のスーパーや、ドラッグストア、ホームセンターなどでも、大きな段ボールにかぼちゃが積み重なっています。

 

買うのが遅れると、大きくて形のいいかぼちゃは無くなってしまうので、みんな早めに行きます。

 

 

 

ハロウィンは日本でいつごろ商業化が定着した海外の反応がおかしい

「ハロウィン用のお菓子を用意するのはいつから?」

アメリカだと、気の早い人なら一週間ぐらい前から用意していても珍しくありません。

 

中にはお菓子を自前で作るという人も多いです。

 

ハロウィンの日の夜に、トリックオアトリートに来る子ども達のために、キャンディやチョコレートなどのお菓子を用意しておきます。

 

ハロウィンが近くなってくるとスーパーマーケットでは、お菓子の棚はハロウィン一色!

 

たくさんの子どもに渡せるよう、キャンディやキャラメル、チョコなど、小さいサイズのお菓子がたくさん入った大袋が販売されていますので、これをいくつか買っておくんです。

 

 

ハロウィンは日本でいつごろ商業化が定着した海外の反応がおかしい

「トリックオアトリートでお菓子を貰うのはいつ?」

これはハロウィン当日の10月31日です。

 

ようやく待ちに待ったハロウィン当日。

 

子ども達が唱えるトリックオアトリート(Trick or Treat)とは、子ども達が様々な仮装をして多くの家を回り、お菓子をもらうことです。

 

大人達は家で、やってくる子ども達にお菓子をあげられるように準備しておきます。

 

トリックオアトリートを、小さな子供たちだけで行かせることはなく、大人も一緒に付き添います。

 

庭を派手に飾り付けして、やってきた子ども達を喜ばせたりもします。

 

子ども達は、お菓子を入れるバッグを持参し、1晩で多くのお菓子をもらいます。

 

 

ハロウィンは日本でいつごろ商業化が定着した海外の反応がおかしい

「ハロウィン仮装の準備はいつからするの?」

仮装は時間がかかるものも、あったりするので1ヶ月前もしくは2ヶ月前ぐらいから作ったり用意する人もいます。

 

ハロウィン当日の仮装は入念に準備しておいたほうがいいでしょう。

 

魔女や黒猫など定番のもの

ジェイソンやチャッキー、ハリーポッターなど映画のキャラクター

ディズニー系、そして何だかよく分からないけど面白い仮装

 

どんなに遅くても10月に入ったら仮装は何にするか決めといたほうがいいでしょう。

 

 

ハロウィンは日本でいつごろ商業化が定着した海外の反応がおかしい

「家や庭を飾り付け(装飾)するのはいつから?」

飾り付けの材料を準備するのが1ヶ月前、早ければ2ヶ月前からが一般的なようです。

 

自分の家の庭にハロウィンの飾りを施す人も珍しくありません。

 

そして絶対に欠かしちゃいけないのが、ジャック・オー・ランタンですよね。

 

買ってきたかぼちゃをカービング(彫刻)して、玄関前などにおきましょう。

 

お墓やドクロを飾ったり、魔女が飛んでいたりと、夜はライトアップして、さらに雰囲気が盛り上がります。

 

こうやって、飾り付けをして、ハロウィンの日の夜は、トリックオアトリートの子ども達を歓迎します。

 

 

日本のハロウィンはおかしい!海外のハロウィンの違い

ハロウィンは日本でいつごろ商業化が定着した海外の反応がおかしい

アメリカでは子どもも大人もハロウィンを満喫しますが、子どもがメインですね。

 

一方、日本では、幼稚園などで少しハロウィンを真似した小さな行事を催したりしますが、ほとんどは大人のコスプレの日となっているのが実情です。

 

日本の場合、子どもがハロウィンに近所の家を周りながらお菓子をもらいに行くことは滅多にありません。これからもそういう風にはならないと思いますね。

 

国が違うんですから、それぞれの国に合ったやり方でいいと思います。

 

外国の面白いイベントをどんどんと取り入れていく日本ですが、これをきっかけに、海外の文化に興味を持って欲しいですね。

 

実は海外では、宗教によってハロウィンの受け取り方が違うんです!

 

信仰心から生まれた行事なので、少しずつ形を変えているようです。

 

ハロウィンの意味を行う意味や、日にちが違ったりすることもあります。

 

 

「ハロウィン発祥の地」では本来どんな文化なの?

ハロウィンは日本でいつごろ商業化が定着した海外の反応がおかしい

ケルト人の国があったのが、アイルランドです。

 

ここでは、もちろんハロウィンが今も盛大に行われています。

 

なんと学生は学校までお休みになるというから、なんとも羨ましい話ですね。

 

いまだに大事な行事の一つとして考えられているようです。

 

 

 

ハロウィンがない国って10月31日は何するの?

ハロウィンは日本でいつごろ商業化が定着した海外の反応がおかしい

キリスト教が強いヨーロッパの多くの国では、宗教の教えの違いによってはハロウィンを行わないこともあるのです。

 

ただ、ケルト文化の一部がキリスト教に取り入れられ、これまた宗教の意味合いの深い「諸聖人の日」として残っている国もあります。

 

ここでは、11月1日にお祝いをするそうですよ。

 

 

 

そもそもハロウィン祭りを日本に伝えた海外はどこ?

ハロウィンは日本でいつごろ商業化が定着した海外の反応がおかしい

そして日本にハロウィンを伝えたのは、アメリカやイギリスなどの欧米の国々です。

 

ハロウィンは毎年、大々的に行われますが、アメリカでは、宗教的な要素は全く無くなってしまっているようです。

 

このことからも分かる通り、仮装を楽しむ現代の恒例行事としてハロウィンは変化していっています!

 

東南アジアなど、英語圏の元植民地では、これらが伝わって大衆文化としてハロウィンが行われているんです。

 

そんなハロウィンの楽しいイベントも楽しみましょう。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?