日本のハロウィンの仮装イベントはいつから?商業化した歴史とは?

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は3 分で簡単に読めます



商業化した日本のハロウィンの仮装イベントはいつから?

日本のハロウィンの仮装イベントはいつから?商業化した歴史

日本では10月の後半にハロウィンのイベントが行われることが多いですが、特定の日にハロウィンを楽しむという文化はありません。

 

ディズニーランドやUSJのハロウィンイベントは9月から始まりますし、毎年話題になるイベントの日にちはどれも違ったりします。

 

しかし、ハロウィンはもともと日にちが決まっており、本来は“10月31日”に行われます。

 

ハロウィンはキリスト教の「諸聖人の日(All Hallows)」(11/1)の前夜のイベントです。

 

また英語のハロウズイブ(Hallows eve)が訛ってハロウィン(Halloween)となったのです。

 

このように日本と本場ののハロウィンには違うところがあります。

 

また日本のハロウィンには欧米と違い下記のような特徴があります。

 

 

日本のハロウィンの特徴としはこのような点があります。

 

 9月~10月末までの期間にイベントが行われる

 

  主に仮装(コスプレ)を楽しむ風習があるが、仮装のジャンルに決まりはない

 

  仮装自体に目的はなく、みんなが楽しむためのイベントという風潮

 

 

 

日本のハロウィンの仮装イベントはいつから商業化した?

日本のハロウィンの仮装イベントはいつから?商業化した歴史

日本では、1970年代にキデイランド原宿店がハロウィンに関連した商品を売り始めました。

 

そして、初めてのハロウィンイベントもキデイランドが販売を促進するために1983年に原宿表参道で行った

 

「ハローハロウィーンパンプキンパレード」

 

だといわれており、原宿表参道を約100人の参加者が仮装してパレードを行いました。

 

第一回はまだハロウィンというものがどういう物なのか一般の人たちには浸透しておらず、参加する人は外国の方がほとんどだったそうです。

 

少しずつに参加者も増えていき、現在もこのイベントは行われています。

 

 

 

ハロウィンイベントが日本で商業化したきっかけの歴史

日本のハロウィンの仮装イベントはいつから?商業化した歴史

日本で広く知れ渡るようになったのは、1997年に東京ディズニーランドが、2002年にはユニバーサルスタジオジャパンが、ハロウィンイベントを行ったからからだといわれています。

 

日本の二大テーマパークがハロウィンを行ったことで、それまであまりハロウィンというものを知らなかった人たちが、興味を持ちはじめたんですね。

 

今もこの二つのテーマパークでは盛大にハロウィンイベントが催されています。

 

他にも下記のようなことが点です。

 

 

 子供たちが英語教室などでハロウィンパーティをしたことが広まる

 

 SNSが発達したことによりイベントに参加する人が多くなったこと

 

 お菓子メーカーなどが商戦のために色々な商品を提供し始めた

 

 

これらなど、ハロウィンが流行しだしたきっかけは多くあるようです。

 

また、ハロウィンといえば渋谷のスクランブル交差点を思い浮かべる人も多いかもしれません。

 

 

2000年頃から渋谷のスクランブル交差点には、仮装した人たちが集まるようになってきました。

 

2010年ごろにはスマホやSNSが発達したによってさらにたくさんの人が参加するようになりました。

 

 

では警察や機動隊が交通整理や見張りをするなど、渋谷の一部を歩行者天国にするまでになりました。

 

このように「日本ではこの年から定着した」という、ハッキリとしたものはないそうです。

 

「なんとなく、このころから広まっていった」「いつの間にか定着していた」と考える方が自然だと思います。

 

 

 

ハロウィンが日本で商業化するようになった3つの点とは?

日本のハロウィンの仮装イベントはいつから?商業化した歴史

日本でハロウィンが広まった理由については、次の3つがあります。

 

① 東京ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンなどのテーマパークが、ハロウィンをテーマにしたにしたイベントを毎年行うようになったため、段々と民衆に広まった。

 

 

② 小学校で英語の授業が行われ、小さい頃からの英語の教育が定着したことで、欧米の文化への知識がが増えたこと。

 

 

③ファッションに対する自由度が高い上、元々コスプレ文化を持ち合せていたため、仮装をすることに抵抗どころかむしろ楽しみを見出す人が多かったため。

 

 

 

この他にも、クリスマスやバレンタインなど、宗教的な部分や本当の由来は深く考えず単なるイベントとして楽しむことが多いのが日本人の特徴と言えます。

 

そうしたことからも、ハロウィンをみんなで楽しむお祭りとして受け取ったことにより認知度が広まった可能性が高いです。

 

 

 

いつごろから?日本でのハロウィン定着の経緯とは!?

ハロウィンは日本でいつごろから定着した?いつまでの祭り行事

ハロウィンはいつの間にか日本で広まったイメージががあるかと思いますが、その過程には以下の様な流れがあります。

 

 1970年代:キデイランド原宿店でハロウィン商品の販売を開始

 

1983年:キデイランド原宿店がハロウィン商品の販促のためハロウィンパレードを行う

 

1997年:東京ディズニーランドでディズニー・ハロウィンが毎年行われるようになる

 

2000年代後半:お菓子メーカーがハロウィンに着目し、ハロウィン商品を毎年販売するようになる

 

東京ディズニーランドでディズニー・ハロウィンが行われるようになりました。

 

そこから各地でハロウィンイベントが開催されるようになったことが、ハロウィンが広まった大きなきっかけと言えるでしょう。

 

もともとコスプレ文化に抵抗が無かった日本でその順応性は高く、さらに近年のSNSの発達もハロウィンの情報を広める後押しになったと考えられます。

 

こうしてすっかり日本の文化として馴染むようになったハロウィンですが、その経済効果はバレンタインやホワイトデーを抜いて1100億円にもなるそうです。

 

クリスマスの7000億弱に次ぐ、国内のビッグイベントとなりました。

 

このことからも分かる通り、ハロウィンの浸透は企業側にとって大成功といえるでしょう。

 

 

 

日本のハロウィンの仮装イベントはいつから?~まとめ

日本のハロウィンの仮装イベントはいつから?商業化した歴史

以上、日本におけるハロウィン文化について説明させていただきました。

 

ハロウィンは巨大な経済効果を生み出す企業側にとって重要なイベントとなりました。

 

実はこれに対して否定的な意見もあるのです。

 

本来宗教行事のハロウィンが日本で楽しむためのイベントとして扱われていること、イベントの後のゴミの散乱や路上での暴力行為などが毎年問題になることに批難の声が多く挙がっています。

 

また、「若者がただコスプレをしてはしゃぐだけ」という低俗なイメージを持たれることも多いですね。

 

ハロウィンは楽しいイベントですし経済活性という点で見れば、素晴らしいイベントだと思います。

 

ですが、 イベントに参加する人たちには、ちゃんとモラルを持って楽しんでもらいたいですね。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?