カモミールティーの副作用を解説!カフェイン量は?妊娠中は飲める?

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は2 分で簡単に読めます



カモミールティーに含まれるカフェイン量の副作用とは?

「カモミールティーはノンカフェインです。」

 

つまりカフェイン量は0(ゼロ)mgということになります。

 

 

カモミールティーはカフェインが含まれない(ノンカフェイン)ということから、副作用もなく睡眠中にも愛飲できるハーブティーです。

 

このノンカフェインであることもカモミールティーが睡眠前(就寝前)にオススメされる理由の一つです。

 

また一般的なカフェイン量による副作用は下記です。

 

 

胃酸の過剰分泌による胃痛または胃の不調による口周りにニキビ

睡眠障害もしくは眠りが浅くなり不眠症を招く。

脳の神経を高揚させることによる高血圧を招く可能性もある

 

などです。

 

ですが、カモミールハーブティーのカフェイン量はゼロであるため。これらの副作用はあろませんので、安心してお飲み下さい。

 

 

カモミールティーは妊娠中(妊婦)に副作用を齎す!?

ノンカフェインなのでカフェインが困難である人も不安を感じずに飲むことが可能だと言えますが妊婦さんも副作用にはご注意ください。

 

子宮を収縮させる作用があると考えられるので、妊婦さんは用いる量に気をつけるか万が一の時の為に控えたほうが適当でしょう。

 

妊婦さんには、カモミールよりもローズヒップやルイボスティーのお茶のほうがよく摂り入れられていますよ。

 

つまり、カモミールティーを妊娠中に飲んでしまうと子宮が収縮する恐れもありますし、胎児に青く影響を及ぼす可能でいもあります。

 

妊娠中の飲用には注意が必要ですので、飲みたい方は医師の指示を促すようにしましょう。

 

 

 

カモミールティーはキク科アレルギーの人に副作用を齎す

カモミールは本当のところは安全性の優れたハーブだと思われますが、キク科のハーブだと認識してください。

 

そういう理由で、ブタクサやヨモギなど秋の花粉症の症状を保持している人がキク科のハーブでアレルギーが引き起こされることだって想定されます。

 

重度の花粉症の症状を保持している人

キク科の植物に関してアレルギーがあるという人

 

上記の人は万が一の時のためにお気をつけ下さい

 

アレルギーもちの人が必ず同じように症状が出ると言えるわけでは無いものの、意外なものとして命の危険もあるアナフィラキシーショックを起こす可能性もあります。

 

 

アナフィラキシ―ショックは、

普段飲み慣れている薬

それまで平穏無事に口に入れていたもの

 

などでも引き起こされることもあるのですが、アレルギーがある人は特に注意を向けることを意識しましょう。

 

 

 

カモミールハーブティーは乳児や子供に副作用はある?

「安全なハーブ」として人気のあるカモミールティーは、赤ちゃんの夜泣き解決法にも採用されるほど安全性の高いお茶。

 

指摘されている副作用に、カモミールティーを服用して吐き気や嘔吐などが出て来たという事象があります。

 

けれど、これは非常に高い濃度に抜き取りたカモミールティーを飲んだことが元で起こったもので、お茶として飲める濃度であれば、さほど懸念している理由がないと言えます。

 

ただ、免疫力の低い乳児にかぎってですが、カモミールティーをミルクなどで薄めて与える方が安心です。

 

また、カモミールはキク科の植物のため、ゴボウやフキなどにアレルギーがある人も摂取を控えているということでご理解ください。

 

一般的にカモミールティーは乳児や子供に飲ませるのは推奨されているハーブティーでもあります。

 

また鎮静作用があることから「寝つきの悪い子供」に飲用させることで、安眠をサポートする効果もあると言われています。

 

「グズって寝つきの悪い子供」

「寝つきが悪く、眠りが浅い子供」

 

上記にはカモミールティーを飲ませているママさんも多く、むしろカモミールティーは子供に推奨されている飲み物なのです。

 

しかし、上記のようにカモミールティーを受け付けない体質の子供もいるので、飲用した際に少しでも体調に異変があるときは摂取を控えましょう。

 

 

カモミールティーは授乳期間中に飲むと副作用はある?

実は、カモミールティーにはホルモンバランスを整えて、母乳の排出サポートにつながる効果があります。

 

なので授乳期間中は「赤ちゃんの夜泣き対策と母乳排出サポート」の一石二鳥の効果を齎してくれるハーブティーでもあります。

 

しかし上記のようなカモミールティーを受け付けない体質(キク科アレルギー)の人は飲用を控えた方が良いでしょう。

 

また度を越した過剰摂取も副作用の原因になるので、あくまでも1日にコップ3杯~5杯(500ml~700ml)くらいを目安に愛飲するようにしましょう。

 

 

 

カモミールティーを飲むと下痢するのは副作用なの?

カモミールティーには消化促進作用や健胃作用があることから、飲み過ぎる下痢などを引き起こす可能性もあるので、一概に体質的副作用とは言い切れません。

 

ですが、カモミールティーの成分を過剰摂取したことによる副作用の可能性もあります。

 

ハーブの量を減らしてみる

飲む回数を減らしてみる

 

いずれかを行い、カモミールティーの摂取量を控えてみるのがオススメです。

 

それでも下痢や吐き気などを催す人はカモミールティーが体質に合っていないと考えられます。

 

使用自体を控えたほうが良いでしょう。

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?