外国や日本のハロウィンはいつ?商業化した起源の歴史(由来)とは?

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は2 分で簡単に読めます



外国や日本のハロウィンはいつからなの?日にちは何日?

外国や日本のハロウィンはいつ?商業化した起源の歴史(由来)とは

ハロウィンは10月31日です。

 

原則的には11月1日は万聖節(ばんせいせつ)と呼ばれるキリスト教の祭日で、この万聖節のちょうど前夜を“All Hallow’s Eve”と称します。

 

外国や日本で商業化したハロウィンの起源の歴史的由来として、音調の形式から段々とHalloweenと呼称が変化していったと思われます。

 

万聖節(キリスト教)では、諸聖人の日と考えて聖人と殉教者へお祈りを増進する日だと想定できます。

 

ハロウィンは10月31日の夜に実行される諸外国何にも代えがたい行事です。

 

キリスト教の諸聖人の祭日、万聖節(11月1日)の前夜としての意味合いもあります。

 

 

ハロウィンの日にちが違う外国(海外)ってあるの!?

外国や日本のハロウィンはいつ?商業化した起源の歴史(由来)とは

ハロウィンは10月31日の一日のみです

 

ですが、一般的にハロウィンには期限というものは存在しないのです。

 

ハロウィンは10月31日のことを指します。

 

外国や日本で商業化したハロウィンの起源の歴史的由来は秋の収穫を祝い、悪霊などを退けるための宗教的な意味合いが強い行事でした。

 

古代ケルト人(アイルランド周辺)が発祥と公表されています。

 

「ハロウィン」の由来は、カトリック教会で11月1日に祝われる「諸聖人の日」です。

 

古くは「万聖節」とも呼ばれていた習わしのの前夜にあたることから、諸聖人の日の英語での旧称”All Hallows”のeve(前夜)、”Hallows eve”が訛って、”Halloween”と呼称されるようになりました・。

 

 

 

日本で商業化したハロウィンの起源の歴史(由来)とは

ハロウィンのモデルとなる行事は、古代ケルト人のドルイド教に発生していると定義されています。

 

古代ケルト人は、夜になると死神サムハインが悪霊を誘い出すと信じていたそうです。

 

こうした邪悪な霊を撥ね付けるために、ドルイドの僧たちはハロウィンに高度な焚き火をたくことを因習にしていたそうです。

 

 

この伝統は今の時代でも、スコットランドやウェールズの人たちに引継がれており、ハロウィンに幽霊や魔女が姿を見せると囁かれています。

 

ハロウィンは古代ケルト人にとって1年の終局の夜、すなわち大晦日を指し、将来を占うのに石膏の機械という形でした。

 

また条件を満たす夜には、死傷者の魂が御家庭のもとへと足を運んだと称されたそうです。

 

この辺は日本全国のお盆に似ているところがありますね

 

 

 

ハロウィンの起源の歴史(由来)はアイルランド伝統行事

外国や日本のハロウィンはいつ?商業化した起源の歴史(由来)とは

ハロウィンはもともと何を行う行事なのかというと、秋のシーズンの収穫を祝い、悪霊を撃退するための祭り。

 

これはアイルランドのケニア人による宗教的な側面が堅牢な儀式だったと考えられています。

 

日本では、9月の後半あたりぐらいからハロウィンのお祭りムードが漂い始めますがこれは商業的なものであり、ムード溢れるハロウィンは「10月31日」と欧米ではハッキリと制定されています。

 

 

これは日本と欧米におけるハロウィンへの認識が違うからなのでしょうね。

 

日本=お祭り 海外=宗教的な儀式なので、無宗教の混雑する日本のクセでしょう。

 

クリスマスといった風なところがありますね!

 

宗教的な意味合いとか馴染みがないけど、とにかく彼氏と彼女でベタベタする祭りごとでしょ?という認識。

 

 

 

実は海外の文化によってハロウィンの扱いが違います!

外国や日本のハロウィンはいつ?商業化した起源の歴史(由来)とは

ハロウィンに興味を示している地域と、興味が無く無視している地域があります。

 

今のところ、ハロウィンが大きく開催されているのは主にヨーロッパやアメリカです。

 

例えばアイルランド・イギリス、およびイギリスが進出・侵略して植民地化するなどして「英国帝国」の属領になり英国流の文化が広まったところ(アメリカ合衆国・カナダ・ニュージーランド、そしてオーストラリアなど)に影響が強く生じています。

 

 

特に、もともとケルト人の国であるアイルランドには根強く、その文化が残っています。

 

 

アイルランドでは10月最後の月曜が祝日であるので、ハロウィンを祝う習慣が最も純粋なの形態で現存します。

 

この祝日に続く週は、学期の途中であっても全部の学校が休校になるので、人々にとって「ハロウィン休み」として親しまれているそうです。

 

 

上に記述した通り、旧イギリス帝国の支配下にあった国々ではハロウィンが盛大に催されます。

 

 

ですが、アメリカ人一部キリスト教系学校では、ハロウィンがキリスト教を由来とするイベントじゃないので、「ハロウィンをしないように」と警鐘されることもあるそうです。

 

 

上述の国々でアイルランド以外はプロテスタント信者が多種多様にいることか、ハロウィンの翌日にあたる諸聖人の日には、これといった行事は観念的に催されない。

 

 

宗教改革以来、プロテスタント諸国ではカトリック教会の祝日である諸聖人の日が段々と色褪せてきたため、ハロウィンのみが残るという様な形になったのです。

 

カトリック信者が多いラテン民族諸国(つまりローマ帝国時代にラテン語がコンスタントに広まりました。

 

 

 

ハロウィン文化が流行っていない外国(海外)も多い!

外国や日本のハロウィンはいつ?商業化した起源の歴史(由来)とは

その後、口語ラテン語の地域方言が変化した言語が口にされることになったエリアであるイタリア・スペイン・ポルトガル・フランス、および植民地となった南アメリカ諸国のブラジル・ペルー・アルゼンチン、ラテンアメリカのコスタリカ・ニカラグア等々では、人々はハロウィンに関心が無く、疎かにしている状況にあるそうです。

 

 

これらの国家においては『諸聖人の日』の方が重視されており、諸聖人の日を祝日に制定して休日にしている国もあるそうです。

 

 

東方教会(正教会・東方諸教会)が広まる地域(東欧・中東など)においてもハロウィンをほぼ関心を示しておりません。

 

ロシアにおいてはロシア教育省が「ハロウィンは子ども達の幼い心には害悪である」との見解を出しています。

 

(同じゲルマン語系言語を話すという点で、何かと英語圏の接点の多い)ドイツ。

 

また(19世紀に英語圏の諸国に植民地化されたり、敗戦によって占領されたりするなどして、イギリス・アメリカ風の文化が流れ込んできて交流が深くなった)東南アジア諸国、日本などにおいては「アメリカ人大衆文化」として盛り込まれています。

 

 

 

外国や日本のハロウィンはいつ?商業化した歴史~まとめ

外国や日本のハロウィンはいつ?商業化した起源の歴史(由来)とは

このページでわかるように、基本的にハロウィンは10月31日になっています。

 

ですが「いつからがハロウィンの日」という定義はされていません。

 

また外国や日本で商業化したハロウィンの起源の歴史的由来としてアイルランドのケニア人が発祥の伝統ではあります。

 

ですが、流行ったきっかけはSNSなど文明社会的な側面があり、伝統を理解している国は少ないと思われます。

 

なので、諸外国(海外)によってハロウィンイベントの催し方が違います。

 

日本では仮装パーティーとして流行していますが、「なぜ仮装するのか?」を知っている日本人は少ないと思われます。

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?