クリスマスにシャンパンを飲む由来意味は?泡の言い伝えや乾杯マナーを紹介

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は2 分で簡単に読めます



クリスマスにシャンパンを飲む由来(意味)を紹介!

シャンパングラスがもたらす繊細な音に耳を傾けると潮騒を感じさせる淡くて爽やかな泡の音、芳醇な匂い、さわやかな口あたり、これらが特別なひと時と高級感をもたらしてくれます。

 

ワインを愛している人も、シャンパンには特別な想い入れがあるのではないでしょうか。

 

特にシャンパンはクリスマスでのお祝い事や特別な日に飲まれることが多いですしね?

 

そこで、今回はシャンパンがお祝い事や特別な瞬間に飲まれるようになった理由について説明していきたいと思います。

 

 

おとぎ話?クリスマスにシャンパンを飲む由来(意味)

シャンパンはクリスマスが広まり始めた頃からすでに聖なるワインでした。

 

中世の時代まで、キリスト教を国教とする国々では、ブドウ栽培に関わるのは修道士であり、ワインは聖なるものとして、ミサには欠かせないものでした。

 

地理と歴史が織りなす奇妙な偶然が、シャンパーニュのワインに数奇な運命をもたらすこととなるのです。

 

フランス王国の国王クロヴィス1世が改宗の際に洗礼の役目を担ったのは、今のエペルネー近郊に存在している、ブドウ畑に周りを囲まれた邸宅を居としていた、ランスの司教聖レミであるとされています。

 

フランスの初代国王は、496年のクリスマスの夜にシャンパーニュの地で戴冠の儀式を行い、シャンパーニュのワインを聖なるものとして多くの人にふるまったそうです。

 

それから数百年ののち、シャンパーニュ女伯ジャンヌ・ド・ナヴァールと王太子フィリップ(のちのフランスの国王フィリップ4世)が結婚しました。

 

そして、シャンパーニュ伯爵家とフランス国王の運命を決定的なものとしたのです。

 

 

 

シャンパンをクリスマスの日にちに飲む意味な何故?

今年も段々とクリスマスが近づいてきましたね。

 

一年で最もわくわくする時期だと感じているのは、きっと私だけではないでしょう?

 

そんなクリスマスを最高なものにするために欠かせないのが、シャンパンですよね!

 

しかしクリスマスにシャンパンが飲まれるのは何故なのでしょうか?

 

クリスマスがイエス・キリストの生誕祭だということは多くの人が知っていることだと思います。

 

イエス・キリストは自分の体をパンに、血をワインとして例えています。

 

このような話からキリストとワインはとても強く密接していて、キリストの誕生=ワインとなるのは当然の帰結。

 

ですが、血をワインに例えていることからワインとはやはり赤ワインのことなのでしょう。

 

しかし、時代が経つにつれて「キリスト=ワイン」と「お祝い=シャンパン」が合わさり、次第にシャンパンでクリスマスを祝うようになったとされています。

 

しかし真実がどうだったのかはハッキリとは解明されてはいないらしいのです。

 

由来はあまりロマンチックな感じはしませんでしたが、シャンパンがあるとクリスマスが格段にロマンチックになることは事実ですよね!

 

 

 

クリスマスに飲まれるシャンパンの歴史(由来)

シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で醸造されるスパークリングワインのことなのです。

しかし、多くの人がクリスマスに飲むシャンパンですが出来上がるには、長い歴史があったのです。

 

シャンパーニュ地方はフランスの最も北に位置しており、ぶどうを生産する場所としてはかなり北限に近い場所にあります。

 

そのため17世紀頃まで、ワインとしてはあまり出来の良くないものが造られていたそうです。

 

その後、17世紀末に修道士ドン・ペリニヨンによって発泡性の高いワイン、シャンパンが開発されたのです。

 

冬の寒さによって発酵が止まったワインを瓶詰めし、春になると発酵が再開し、ワインの中へと炭酸が溶け込んでいくのです。

 

さらには石灰質である土壌が幸いし、色々な過程を経て、あまり天気に恵まれない産地でありながら、新しいワインの魅力を造り上げることに成功したのです。

 

 

 

 

海外ではシャンパンがクリスマスになると多く飲まれる!

ワインの中で立ち上る泡がイギリスやフランスで好評となり、フランスにおいては国王、王妃、貴族、富裕層にまで広まっていったのです。

 

フランスの歴代の国王たちの戴冠式や洗礼式はシャンパーニュ地方にある、ランス大聖堂で行われ、祝宴には地元で造られたシャンパーニュのワインがふるまわれたことがきっかけだったそうです。

 

そして、時代が変わっていくにつれて「特別な日やお祝い事がある時はシャンパン」というのが、世界での常識へとなっていきました。

 

そしてお祝いへの贈り物やクリスマス(お祝い)などの席でシャンパンが使用されるようになりました。

 

高い基準によって厳選されるので、他のスパークリングワインよりも一段高い評価をもらっているのも理由の1つになっているのでしょう。

 

こうゆうことからも特別な日やお祝い事にはシャンパンで乾杯するというのは、納得のできることでしょう。

 

 

 

シャンパンを飲むルール!安易にグラスを合わせない?

格式の高い場では乾杯で安易にグラスを合わせることは良く思われていません。

 

例えば結婚式の披露宴や高級レストランなどの上品な態度が求められるところではグラスを合わせない方がいいかもしれません。

 

様々な理由がありますが、高価なグラスはとても薄く繊細で壊れやすいのです。

 

クリスマスの祝いなどでつい勢いがついてしまい割れてしまったり、おめでたい席で「割れる」「ひびが入る」などはあったりしてはいけませんよね。

 

レストラン側にも迷惑がかかりますし、ゲストや周りの雰囲気までだいなしにしてしまいかねないですよね。

 

なので、お祝いの席のときは十分に注意を心掛けましょう。

 

 

「乾杯するにはどうしたらいいの?」

胸の高さまでグラスを持ってきて、乾杯する相手の目をよく見て「乾杯」と言えば大丈夫ですよ!

そのとき、素敵な笑顔で微笑めば問題なしです!

 

クリスマスパーティなどの人の多い場所では周囲にいる人の目線に合わせると良いですよ。

 

特別な日に口にするシャンパンは、とても芳醇で、思わず笑顔になってしまうことでしょう。

 

 

「どんな時ならグラスを合わせても大丈夫?」

お洒落なレストランや親しい人たちとのクリスマスパーティではグラスを合わせても大丈夫ですよ。

 

その方が雰囲気的にも素敵ですよね?

 

しかしクリスマスパーティのときは、歓迎する側の家が高級な薄くて繊細なグラスを使用していた場合は、気を付けましょう。

 

お祝いや特別な日にはシャンパンが上品な演出を添えてくれることでしょう。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?