カモミール精油が高いのは何故?生活の木でも高価?作り方に理由が?

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は2 分で簡単に読めます



カモミール精油が高い理由は作り方(採油率)に理由が?

カモミールですが、ローマンとジャーマンが存在します。

 

具体的に言うと、ジャーマンですが、500kgの原材料からおおよそ1kgの精油しか手に入れることのできないと言われています。

 

そういう理由で高価だと考えられます。

 

ほとんどのケースでは、高価な精油は、採油率が悪い為か、希少種という理由が通例です。

 

 

 

一般的に価格が高いカモミールの精油は「青色」です

カモミール・ローマンはきわめて薄い黄色の精油でしょう。

 

ブルーというのは、ジャーマンカモミールの精油オイルのほうです。

 

これはカマズレンという主成分に影響されるもので、「カマズレン・ブルー」と理解されていてます。

 

ジャーマンの方がローマンよりもカマズレンの含有量過多のので、高密度のブルーだと認識してください。

 

またカモミールでも、ローマンとジャーマン主成分がちょっと異なってます。

 

ローマンの主成分は、アンゲリカ酸エステルというわけですが、ジャーマンは↑に記載したようにカマズレン、ビザボレン誘導体 などです。

 

(ローマンにもカマズレンは盛り込まれますが、ジャーマンのほうが含有量はたくさんあります。)

 

 

 

カモミールの精油は効果が優れているから高い?

カマズレンは抗炎症作用、抗アレルギー作用があるだと考えますが、ローマンは抗炎症作用や抗アレルギー作用はジャーマンよりも神経質です。

 

また、ローマンは多年草だけど、ジャーマンは一年草です。

 

こういったように、似てはいますが、若干違う所が見受けられます。

カモミールジャーマンの精油は濃青色を有していますが、こちらは精油を蒸留している時、セスキテルペンラクトン類の1つとなるマトリシンが抗炎症、消炎成分であるカマズレンに変性するためです。

 

マトリシンもカマズレンも抗炎症作用が充実している有機化学の成分です。

 

カマズレン、ビサボロールもはたまた抗炎症作用や消炎作用を持ち、アピゲニンは、鎮痙作用が大きな成分です。

 

カモミールジャーマンには、有用な幾つもの使用方法があるけど、その基材の使用方法に従って色々と使うことが叶います。

 

 

 

本当に高いの?生活の木のカモミールの精油はいくら?

カモミールは大体10mlで6千円~1万3千円と同じくらいのですが、比較的にローマンよりも「ジャーマンカモミール」の方が価格は高いです。

 

ちなみにローズオットーは10mlで大体3万~4万位です。

 

またジャーマンカモミールの精油(エッセンシャルアロマオイル)を買いやすくするために、ホホバオイル等の植物油で希釈して商売されているものはこれよりかもお買い得です。

 

 

 

カモミールの精油が高いのは汎用性に優れているから

確立されたカモミールハーブオイル(精油)は希釈して肌にダイレクトにつけることができると思います。

 

乳液代わりの保湿オイルとして使うのがおすすめ。

 

またマッサージオイルとしても活用することができます。

 

特にカモミールは保湿効果が有り、肌を修復する作用が伴います。

 

なので、肌荒れの病気に罹っている箇所をカモミールオイルでマッサージしてあげると賢明でしょう。

 

また、このハーブオイルを使って、石けんやハンドクリームを作り上げている方もいます。

 

 

 

カモミールの精油オイルが高いのは何故?~まとめ

カモミールの精油(エッセンシャルアロマオイル)は一般的に効果で販売されています。

 

より高いのが「ジャーマンカモミール」です。

 

安価で購入したい場合は「ローマン・カモミールの精油(エッセンシャルアロマオイル))」がオススメです。

 

ですが、上記のページでも開設したように「ローマン・カモミールの精油オイル」はジャーマンカモミールに比べて作用が劣ります。

 

より優れたカモミールの精油を使いたいのであれば、高いですがジャーマンカモミールの精油を購入しましょう。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?