義母への母の日ギフトの金額(予算費用)はいくら?現金渡しはアリ?

この記事は2 分で簡単に読めます


「義母への母の日ギフトの金額(予算費用)はいくらがいいのか?」

 

3000円?5000円?10000円?

 

相手(義母)に失礼だと感じさせないけど、気を使わない妥当な金額って難しいですよね。

 

金額(予算費用)が決まってもプレゼントを考えなきゃいけない・・・

長谷川さん

義母への母の日はいっそ現金で渡しちゃいたいけど、失礼じゃないのかな?

そんな疑問をすべて解決していきましょう。

 

値段はいくら?義母への母の日ギフトプレゼントの金額(予算費用)はいくらが妥当?

義母への母の日ギフトの金額(予算費用)はいくら?現金渡しはアリ

一般的に義母への母の日ギフトプレゼントの金額(予算費用)は5000円前後くらいです。

 

以前実施された調査アンケートによると、1位は4000円~5000円台という結果になりました。

 

その次の2位2000円~3000円台、その次の3位が10000円台と、実母に贈る母の日の金額はほぼ同じ結果になっています。

 

 

つまり「義母に贈る母の日プレゼントの金額(予算費用)で一番多いのは5000円台ということ。

 

これは「実母への母の日プレゼントの金額」と同じ傾向が出ています。

 

ただ、一部の意見として「実母への母の日」の金額が5000円台だったのに対し、「義母への母の日」は10000円台にしているという主婦もいます。

 

このあたり、気軽にでも済ませられる「実母への母の日」といろいろ悩んでしまう「義母への母の日」の違いといえるかもしれませんね。

長谷川さん

しかし世間の主婦は義母に5000円くらいの母の日プレゼントギフトを購入している結果になりました。

ぜひ、参考にしてみましょう。

 

義母への母の日プレゼントは「現金」を渡すのはアリ?マナーとして失礼じゃないの?

義母への母の日ギフトの金額(予算費用)はいくら?現金渡しはアリ

母の日はプレゼントよりも本音で言えば「現金」で欲しいと言うのが、みんなの本音です。

 

ですが、義母への母の日プレゼントは「現金」を渡そうと考えている人もいますが、絶対にやめておきましょう。

 

義母はあなたにとっては他人なので「現金」を渡すというのは失礼ですし、不愉快に感じる人も多い。

 

確かに現金をもらうのは嬉しい。

 

ですが、プレゼントの醍醐味は「義母に何をあげたら喜んでもらえるのか?」というのが伝わることです。

 

つまり母の日に義母に現金を渡す「安易であり安直」なのが伝わってしまうのです。

 

簡単に言えば「プレゼント考えるのは面倒くさいから現金であげちゃえ・・・」というのが伝わるのです。

 

矛盾しているようですが、実母では許されるかもしれませんが、義母に現金で渡すのは止めておきましょう。

 

 

母の日に義母へ現金で渡すのではなく「商品券またはギフトカード」で渡せば角が立たない!

義母への母の日ギフトの金額(予算費用)はいくら?現金渡しはアリ

上記で義母への母の日プレゼントに現金を渡すのが失礼ということが分かりましたよね。

 

しかし、喜ばれる現金の渡し方もあるのです。

 

それは「商品券」を母の日プレゼントにするということです。

 

これまた矛盾しているようですが、要するに生々しさが問題なのです。

 

現金をそのまま渡すのは、少しだけ生々しさを感じますよね。

 

そこで、同じ現金でも商品券はギフトとして成立していますし、商品券はプレゼントとしてみんな認識していると思います。

 

「義母への母の日ギフトの金額(予算費用)はいくらか決まったけどプレゼントが決まらないから現金で渡したい」

 

というときは現金ではなく「商品券」として義母に母の日のプレゼントしてみましょう。

 

それなら失礼だと思われず、母の日プレゼントギフトとして成立するはずです。

 

 

見た目は高そうだけど実は安い・・・そんなプレゼントを義母への母の日に贈り少しでも金額(予算費用)を安く考えている人は待て!

義母への母の日ギフトの金額(予算費用)はいくら?現金渡しはアリ

見た目は高そうなんだけど、実は値段(金額)はそれほど高くない商品を選んで、安く済ませようしているあなた!

 

それは、ちょっと待った方がいいです。

 

なぜなら義母は必ずもらったプレゼントギフトの金額(値段)を調べようとしてきます。

 

義母に限らずですが。女性は自分がもらったプレゼントがどれくらいの値段なのか?調べる人が多くいます。

 

なので、「見た目は高そうなんだけど、実は値段(金額)はそれほど高くない商品を選んで、安く済ませたい!

 

というのは危険です。

長谷川さん

名札がなくても商品名を検索して値段を調べる義母がほとんどだと考えた方が良いでしょう。

「実は義母へのプレゼントが1000円だった」なんてことがバレたら人間を悪化させます。

絶対に気を付けましょう。

 

 

義母への母の日ギフトの金額(予算費用)はいくら?現金で渡すのはアリなの?~まとめ

義母への母の日ギフトの金額(予算費用)はいくら?現金渡しはアリ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

一般的に義母に贈る母の日プレゼントの予算は5000円前後が妥当ですね。

 

ちょっと気を遣う相手(義母)であれば、プレゼントの金額(予算費用)は10000円でも構いません。

 

要するに安すぎず高すぎないプレゼントを贈るのが一番大切なのです。

 

安すぎると「失礼!」だと思われますし、高すぎると「ちょっと気を遣う・・・」と思われます。

 

義母への母の日プレゼントの金額(予算費用)は5000円~10000円くらいにしておきましょう。

 

長谷川さん

現金で渡す人も少なからずいるようですが、絶対にやめておきましょう。

もし現金で渡したいと考えているのであれば「商品券」で渡すようにしましょう。

 

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?