ハニーブッシュティーはガン(癌)に効果的って本当?すべて解説

この記事は3 分で簡単に読めます


ハニーブッシュティーって癌(ガン)予防に効果的だと言われています。

 

ですが、これって本当の話なのでしょうか?

 

 

そこで、ハニーブッシュティーがガン(癌)予防に効果的なのか?

 

 

真偽に迫っていきたいと思います。

 

 

 

ハニーブッシュティーはガン(癌)が予防するって本当?

ハニーブッシュティーはガン(癌)を予防するって本当?すべてわかる

ハニーブッシュティーが癌(ガン)を予防するのは本当です。

 

ハニーブッシュティーには抗酸化物質が含まれているので、当然ながら抗酸化作用があります。

 

抗酸化作用は活性酸素による細胞の劣化(酸化)を防ぐ効果があります。

 

結果として細胞が錆びることで発症する「癌(ガン)」を予防する効果にもなります。

 

なにより、癌(ガン)細胞による病気の悪化も食い止める可能性があります。

 

 

 

つまりハニーブッシュティーが活性酸素を除去することでガン(癌)が予防するってこと?

ハニーブッシュティーはガン(癌)を予防するって本当?すべてわかる

上記で少し解説しましたが、癌(ガン)は細胞が劣化(酸化して錆びること)による発生する病(癌細胞)とも言われています。

 

つまり癌(ガン)というのは細胞の病気ともいう専門家もいます。

 

若い人がガン(癌)の進行が早いというのは高齢者に比べると「細胞が元気」だからなのです。

 

そこでハニーブッシュティーに含まれるフラボノイドという抗酸化物質が細胞を酸化させる活性酸素から守ってくれます。

 

抗酸化物質(フラボノイド)が活性酸素と体内で結びつくことで、いつまでも細胞を健康な状態に維持します。

 

 

 

癌(ガン)を予防するのはわかったけど、1日にハニーブッシュティーをどれくらい飲めばいいの?

一般的にハニーブッシュティーの1日の摂取量は1リットル~2リットルくらいがオススメです。

 

しかしあくまでも目安であり、性別・年齢・体重・体質によってハニーブッシュティーの1日の摂取量は変化します。

 

それ以上飲む必要はありませんが、体調を見ながら摂取量を変えていきましょう。

 

どんなに優れた成分だったとしても、過多な栄養素は逆に毒になってしまう場合もありますよね。

 

なので、無理に飲む必要はありませんので、そこらへんは注意しましょう。

 

過剰に飲み過ぎることで「腹痛、下痢、吐き気」などの副作用を齎す可能性もゼロではありません。

 

 

注意しましょう。

 

 

ハニーブッシュティーを効果的に飲むにはどうしたらいいの?コツを教えて!

ハニーブッシュティーはガン(癌)を予防するって本当?すべてわかる

ハニーブッシュティーを効果的に飲むのであれば、一気に飲むのではなく時間を空けてチョビチョビ飲むのが効果的です。

 

一気のハニーブッシュティーを飲むとすべて成分を吸収できないこともあります。

 

そこで1時間おきに300mlずつ飲むなどして、チョビチョビ飲むことで成分(栄養素)が体内で吸収しやすくなるのです。

 

またハニーブッシュティーはフラボノイドだけでなく、ミネラル(亜鉛、マグネシウムなど)も豊富です。

 

成分を体内で効率的に吸収するためにも1日に時間を空けてチョビチョビ飲むようにしましょう。

 

これが効率的かつ効果的にハニーブッシュティーを飲む方法なのです。

 

 

 

癌(ガン)の原因になる活性酸素ってどんな物質なの?

ハニーブッシュティーはガン(癌)を予防するって本当?すべてわかる

癌細胞を生み出す元凶のように言及されている活性酸素、体内ではどの様な行動をしているのでしょうか。

 

実は、活性酸素は人体にとって、大事な大切な働きをする酸素だったのです。

 

人間は酸素を用いている以上、体内で活性酸素という物質が約2㌫生じます。

 

この活性酸素は殺菌作用が強く、体の中に侵入してきたウイルスや細菌などを叩いて取り除く役割を担います。

 

又ダメージを受けた細胞を速やかに分解して、新規の細胞に差し替える仕事もします。

 

また、体内の酵素をパワーアップし、70兆といわれる全細胞を元気よく活動させるという効果もあります。

 

まさに私達の身体にはいないと困る物質なのです。

 

 

ないと困るのになぜ癌(ガン)を招くの?結局のところ活性酸素って良いの悪いの?

ハニーブッシュティーはガン(癌)を予防するって本当?すべてわかる

では何故、癌を生み出す元凶のようにいうデータがあるのでしょうか?

 

それはその人の日常生活によって、活性酸素は良くもなり悪くもなるという両側面があるからというわけです。

 

睡眠不足、過労、酸性食品、大量の飲酒、ストレス、が増えると活性酸素が大量に現れるのです。

 

結論として活性酸素は一定量なら心配ない。

 

ですが、大量に生じれば、炎症、動脈硬化、癌、多くの病気、過酸化脂質、などの要因となってます。

 

ところが、世間付き合いをしている以上、あらゆるストレスが生じます。

 

そのストレスにより活性酸素の過剰発生はもれなく増えます。

 

その為、大勢の疾患や癌になる人が出来るのです。

 

また、質の良い睡眠、笑い、軽いスポーツ、腹8分目の少食、良好な交際関係、などの生活習慣も活性酸素の発生を予防します。

 

要するに、若いころから健康的な暮らしを送ると、老けても癌になることは少数なのです。

 

 

 

つまり若いころからハニーブッシュティーを飲むことで癌(ガン)にならない未来の健康を作る!

ハニーブッシュティーはガン(癌)を予防するって本当?すべてわかる

甘い飲み物、炭酸飲料水、お菓子、お饅頭、飴、おやつ菓子、インスタントラーメンなどの酸性食品は危険です。

 

好んで、20~30代のころからよく口に入れていた人は、50歳を過ぎた頃から癌になるパーセントはアップします。

 

 

運動不足、睡眠不足、過労、社会的ストレス、うつ的気分、過食、間食、などの多い暮らしを送っていると、活性酸素は過剰に生成されます。

 

 

つ結論として、活性酸素の過剰分泌を遠ざける生活はできないということ!

 

そこでハニーブッシュティーの抗酸化物質(抗酸化作用)を日常的に取り入れることで、癌(ガン)にならない健康を作るのです。

 

 

しかし、10代の頃は充分な酵素を両親から貰っています。

 

なので、50歳までは活性酸素で酸化した体液を腎臓がすべて処理して、小便の中に外に出します。

 

従って、若いころから癌になる人は少数なのです。

 

 

まだ間に合う!今からでもハニーブッシュティーを飲むようにして癌(ガン)を遠ざけよう

老化してから病気になったり、癌と宣告された時、抗酸化食品やライフスタイルの改善が肝心だと思います。

 

若い頃とは違い酵素の働きも悪くなって、腎臓が酸化した体液をすべて排泄してもらえないのです。

 

抗酸化食品は過剰に作られた活性酸素を取り除くときに、絶対必要な食品です。

 

日常生活の改善と共に、50歳を通過したら、ぜひ抗酸化食品を意識的に取るようにお気を付けください。

 

今からでもハニーブッシュティーを取り入れるにすれば、まだ間に合うでしょう。

 

 

どれがいいの?癌(ガン)を予防するハニーブッシュティーのオススメはこれだ!

ハニーブッシュティーが癌(ガン)に効果的だからと言って、どの商品でも良いわけではありません。

 

低品質のハニーブッシュティーは成分(栄養素)の含有量も劣ってしまう場合もあります。

 

つまり、「癌(がん)予防にハニーブッシュティーを飲んでみよう!」と意気込んだとしても意味がないことも・・・・

 

結局のところ「どこの購入先のハニーブッシュティーを常飲するのか?」これによって変わってきます。

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?