紅茶を飲むと気持ち悪くなる3つの原因って?吐き気は危険サインかも

この記事は2 分で簡単に読めます


「紅茶を飲むとなぜか気持ち悪くなる」というのはあなたも経験ありますよね。

 

実は、それは危険なシグナルなのです。

 

紅茶を飲んだら気持ち悪くなってしまう原因を知らないと危険・・・・

 

でも、これを読み終わる頃には気持ち悪くならない上手な紅茶の飲み方を学習していることでしょう。

 

 

なぜ吐き気が来るの?紅茶を飲むと気持ち悪くなる3つの原因って?

①「カフェインは気持ち悪くする」

まず最初はカフェインですね。

 

紅茶に含まれるカフェインは胃を刺激する作用があります。

 

これが気持ち悪さや吐き気の原因に。

 

特に「胃が弱っているとき」や「空腹のとき」にカフェインが胃に流れると吐き気の原因になります。

 

 

②「タンニンが気持ち悪くする」

 

紅茶に含まれるタンニンは胃を荒らして気持ち悪さを招く要因になります。

 

タンニン類(カテキン)はポリフェノールと言われるカテキン類4種が90%を占めます。

 

そのうち最も量の多いエピガロをサポートします。

 

ですが、胃の粘膜を荒し消化液の分泌を妨げ、消化不良を招きます。

 

胃腸の弱い人は、吐き気や下痢を起こすかも知れません

 

③「紅茶のカテキンも気持ち悪くする」

 

紅茶に含まれるカテキンには胃の粘膜を荒らします。

 

これが、気持ち悪さを誘因することがあります。

 

つまり紅茶は胃を荒らすことにつながり、結果として気持ち悪さを誘引します。

 

なので、胃が弱い人や空腹時に紅茶を飲むのは止めましょう。

 

 

朝一に紅茶を飲んでいませんか?それは吐き気(気持ち悪さ)を招きます!

紅茶を飲んで気持ち悪くなると言っているあなた!

 

朝一に眠気覚ましとして紅茶を飲んではいませんか?

 

それは、絶対にNGです。

 

胃に何も入っていない状態で、紅茶を飲むと「カフェイン」・「タンニン」・「カテキン」が直接吸収されます。

 

傷口に塩を塗ると痛いですよね?

 

それと同じで、あなたの胃にも同じような現象が起きているのです。

 

あなたの胃はただでさえ、荒れている状態です。

 

絶対に気を付けましょう。

 

 

紅茶を飲んで気持ち悪くなったときに対処法ってあるの?

「水をたくさん飲む」

水をたっぷりと飲みましょう。

 

体内のカフェイン濃度や胃液が薄まるで吐き気が落ち着く可能性もあります。

 

また、カフェインは尿と一緒に身体の外へ出ていくので、どんどん水分を体内に入れてトイレに行くこと。

 

ただし、胃にダメージを与える冷たい水はNG!

 

常温もしくは温かい飲み物にしましょう。

 

白湯が適切です。

 

カフェインが含まれた緑茶や紅茶も摂ったらダメですよ。

 

 

「食事を摂らない」

紅茶を飲んで胃が荒れて気持ちが悪い時に我慢して食事を摂る必要はないのです。

 

紅茶を摂取して気持ち悪くなった状態で、食べてもまた気持ちが悪くなるだけです。

 

食べてみるならお粥や豆腐などの消化が良いものにしましょう。

 

くれぐれも揚げ物などの脂っこいもの、食物繊維が豊富なものなど、消化の悪いものは遠慮して下さい。

 

 

「安静に過ごす」

自宅で気分が悪い状態になってしまったのなら、何を置いても安静に過ごすこと。

 

時間の経過とともに改善されるはずです。

 

胃薬があれば、すぐに摂りましょう。

 

 

気持ち悪くなるのはわかったけど、安全に紅茶を飲むにはどうしたら良いの?

では、紅茶を安全に飲むにはどうしたらよいのか?

 

それは空腹時に絶対に飲まないと言う事です。

 

紅茶のカフェインには覚醒作用があり、朝の眠気覚ましに飲みたいと思っていませんか?

 

それは気持ち悪くなってしまうので、絶対にやめておきましょう。

 

あなたのように紅茶を飲んで気持ち悪くなるような人は、胃が弱い傾向にあります。

 

余談ですが、胃が弱い人は口周りのニキビにもつながります。

 

もし、あなたが口周りのニキビに悩んでいるのであれば、空腹時に紅茶を飲むのは止めましょう。

 

症状が悪化するだけですよ。

 

 

気持ち悪くならずに、紅茶を楽しく飲む一番効果的なタイミングっていつなの?

では、気持ち悪くならないように紅茶を飲むためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

紅茶をいつもより薄めて飲むことがオススメです。

 

もしくは、ご飯のお供に紅茶を飲むと言う事です。

 

 

厳密にいえば、食事してから10分くらい経過してから紅茶を飲むと良いでしょう。

 

胃に消化物があれば、紅茶を飲んでも気持ち悪くする(吐き気)心配もありません。

 

つまり「タンニン」、「カフェイン」、「カテキン」が胃の粘膜に直接的に吸収されてしまうのが問題なのです。

 

ご飯を食べたあとにお酒を飲めば酔いが回りにくくなりますよね?

 

 

それと同じです。

 

空きっ腹にカフェインを入れると、アルコールと同じで、気持ち悪くなるのです。

 

 

カモミールティーと紅茶のブレンドなら気持ち悪くならないかも?

紅茶の有効成分が胃の粘膜を荒らして気持ち悪さを齎すことが分かりましたよね?

 

そこで、救世主となるのがカモミールティーです。

 

カモミールティーには胃の粘膜を保護します。

 

さらに胃酸の過剰分泌も防ぐという優れたハーブティーです。

 

紅茶を飲んで胃が荒れてしまっている人は、胃の粘膜を保護するカモミールティーをブレンドしてみましょう。

 

胃を守りつつ、紅茶の眠気覚ましにもなりますよ。

 

興味があれば参考にしてみましょう。

 

 

紅茶を飲むと気持ち悪くなる3つの原因って?吐き気は危険サインかも~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

紅茶を飲んで気持ち悪くなる人は意外にも多い

 

その3つの原因は「カフェイン」・「タンニン」・「カテキン」が胃を刺激して、気持ち悪くなることを誘発しています。

 

そこで対処法として「紅茶を薄めて飲む」・「食事のお供に紅茶を飲む」などの対処法が挙げられます。

 

もしも、紅茶を飲んで気持ち悪くなってしまったら、水をたくさん飲んでみるのも良いでしょう。

 

ですが、やはり気持ち悪くなる前に、上手な紅茶の飲み方を知っておきましょう。

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?