母の日に感謝されないなのはなぜ?息子や娘や夫に感謝されるには?

この記事は2 分で簡単に読めます


母の日に感謝されないなのはなぜ?

 

ちょっと悲しく虚しくなりますよね。

 

でも、実は50%以上の母親は「母の日に何もない」と嘆いています。

 

なので、母の日に感謝の一言もないのは、あなただけではありません。

 

では、理由と「感謝されるようになる方法」を知っていきましょう

 

 

母の日や誕生日に何もないのは、自分の炊事洗濯(家事やご飯)に対して感謝されてないから?

そんなことはありません!

 

家族(旦那さんや娘さん、息子さん)は絶対にあなたに感謝しています。

 

しかし、実際には気持ちを表すことなんて、

そうそうないものですよね?

 

 

では、なぜ母の日に感謝の一言もないのでしょうか?

 

それは「習慣がない」からなのです。

 

 

母の日に感謝の一言もないのは、「当たり前になっている」のではなく、

「日頃の感謝を表す習慣」がないからなのです。

 

 

あなたは、「子供の日や父の日、勤労感謝の日」を家族にしていますか?

 

 

もし、何もやっていないのであれば、家族から何もないのは当たり前です。

 

 

「母の日や誕生日」に何もないのは自分が母親失格の駄目親で、家族に嫌われてるから?

それも間違いです。

 

感謝の気持ちを伝えるのは、意外にも照れくさいものですよ。

 

特に、男の子はそういうものに抵抗があるのです。

 

つまり、感謝されないのではなく、

「照れくさく母の日なんて、できない」と言う事なのです。

 

そんなときは、こちらから「母の日、よろしく!」と催促してみましょう。

 

きっとステキなプレゼントを買ってきてくれるはずですよ。

 

 

子供はあなたに感謝しています。

 

でも、「どうしたら照れくさくなく、感謝を伝えるのか?」

 

それに迷っているだけなのです。

 

こちらからきっかけを作ってあげましょう。

 

母の日に感謝を伝えてもらえる親と何もない親の違いはたった一つ!

ここまでのページを読んでいればわかると思います。

 

それは「習慣」です。

 

 

確かに、日常の中で改まって「感謝を伝える」、

 

なんて習慣にするのは難しいですよね?

 

そこで、母の日という絶好の機会がありますが、

 

「母の日に感謝を示す何かする」

「母の日に日頃の感謝を込めてプレゼントする」

 

というのは毎年のように習慣化しなければ、いけません

 

 

でも、今まで何やってなかったのに、

 

急にプレゼントや感謝のお手紙を書くのは照れくさいですよね?

 

 

それは、「母の日に日頃の感謝を示す」という習慣がないからなのです。

 

 

そんなときはこちらから、きっかけを作ってあげましょう。

 

「母の日だから、なんか買ってきてよ!」

 

などと子供(息子や娘)、旦那さんに言うと良いですよ。

 

 

「母の日なのに何ももらえないし、感謝もされない」って日本では普通なの?アメリカとは文化が違う?

確かに、母の日はもともと、

アメリカなどで積極的に行われている文化です。

 

なので、日本に比べるとアメリカでは積極的に行われている行事ですね。

 

しかし母の日は日本ではそこまで浸透していなかったりしています。

 

 

大型百貨店などで、

積極的にフェアやキャンペーンが行われているのは、

ここ数年ですよね?

 

 

なので、日本ではまだまだ浸透されていないので、

「母の日に何もなく、感謝の一言もない」

というのは決してあなただけではありません。

 

 

「母の日は何もしなくて当たり前」だということは知っておきましょう。

 

あなたに感謝していないのではなく、祝う習慣がないのです。

 

しかし、お子さんはきっと「母の日に何かした方が良いのかな?」

そう考えているはずですよ。

 

あとは、あなたがきっかけを与えてあげればいいのです。

 

 

 

悲しい虚しい思いをしているあなた!母の日に感謝されないのは当たり前ですよ?

上記でも少しだけ、解説しましたが日本は母の日を積極的に行う文化が、

まだまだ浸透していません。

 

実際のアンケートによると母の日に何かするという家庭は、

凡そ「49%」ほど、だという調査結果が出ています

 

 

つまり、母の日に感謝されない(何もない)のは当たり前なのです。

 

 

それは、あなたが日頃からしてあげている、

「家事や育児、炊事洗濯」対して、感謝していないのではなく、

日本ではまだ母の日は根付いてないのです。

 

 

悲しい虚しい思いをしている母親もいますが、

 

お子さんは決してはあなたに無関心と言うわけはありません。

 

 

 

母の日に感謝の一言もないのに、家事をやってもらって当たり前の旦那にはどうする?

旦那さんには、もちろん強制的に「プレゼント」を買ってこさせましょう!

 

 

それくらいしないと、主婦(母親)なんてやっていけません。

 

 

 

子供はまだしも、母の日に感謝の一言もない旦那さんって、

とってもムカつきますよね?

 

 

「家事をやってもらって当たり前だと思っているんじゃないの?」

 

「私はあなたの(夫)の家政婦じゃないんだけど・・・・・」

 

 

もし、旦那さんが何か言い返したら、

母の日は、逆に何もしなくていいでしょう。

 

 

「向こうがないもしないなら、こっちも何もしない」

 

それが一番の方法だといえるでしょう。

 

勇気をもって母親業をストライキするのです。

 

たまには、休みなく働いている母親業(主婦業)の、

ありがたみを知ってもらいましょう。

 

 

母の日はあなたの休日にしてしまえばいいのです!

 

 

母の日に感謝されないなのはなぜ?息子や娘、夫(旦那)に感謝される方法は?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

 

母の日に子供(息子や娘)、夫に感謝すらされなくて、

「虚しい悲しい」と感じている母親はあなただけではありません。

 

 

でも、「感謝されてなくて、家事やご飯をしてるのが当たり前だと思われる」

というのはちょっと考え直してみましょう。

 

 

きっと「感謝の示し方がわからない」

とういうのが適当でしょう。

 

「父の日」、「母の日」、「勤労感謝の日」などを、

 

積極的にしてない家は母の日に何もないのは当然です。

 

 

そういう習慣がないから・・・・

 

 

しかし、母の日に感謝の一言もないのに、

家事をやってもらって当たり前の旦那さんは癪に障りますよね?

 

 

そんな人には強制的にプレゼントを買ってこさせましょう。



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?