妊婦が紅茶を飲みすぎたら危険!妊娠中にカフェイン取りすぎたら?

目次一覧

この記事は5 分で簡単に読めます


「妊娠中に紅茶を飲んでた・・・・」

思わず、不安になってしまいますよ?

 

では、なぜ紅茶を妊娠中の妊婦が飲んだらNGなのでしょうか?

紅茶と妊婦の関係を詳しく見ていきましょう。

 

 

妊婦が紅茶を飲みすぎたらなぜ危険なの?妊娠中カフェイン取りすぎてしまったどうなる?

妊娠中の妊婦が紅茶を控えて方が良い理由は、

ずばり「カフェイン」です。

 

このカフェインは妊婦にとって、非常に危険な成分でもあり、

「妊娠中に紅茶を飲み過ぎて、出産するときに赤ちゃんが未熟児になってしまった・・・」

なんて症例も海外では見つかっています。

 

紅茶の成分自体はビタミンやミネラルも豊富ですし、

香りにはストレス解消効果があり、むしろ妊婦にオススメなのです。

 

では、紅茶のカフェインは「母体」や「赤ちゃん」にどんな悪影響があるのか?

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

妊婦が紅茶を飲んだらお腹の赤ちゃんにどんな悪影響(副作用)があるの?

母体が摂取したカフェインは、胎盤を通って赤ちゃんへ送られてしまいます。

 

実は、お腹の赤ちゃんは肝臓や代謝機能が乏しいのです。

 

カフェインを体外に排出するのが困難で、

脳や身体に次々と蓄積されてしまいます。

 

他にも、カフェインには血管を収縮させる働きがあるため、

母親から赤ちゃんへ送られる血液が減る危険性があります。

 

血液が減少すると、胎盤の形成に悪影響がでたり、

赤ちゃんへの酸素や栄養分がしっかりと届けられなくなります。

 

国外の研究施設によると、妊娠中のカフェインの取り過ぎは、

胎児に下記のような危険性があると報告されています。

低体重児 発育遅延 発育障害
流産・早産・死産 低酸素状態 乳幼児突然死症候群

 

上記のような症例もあげられているので、

紅茶によるカフェインには注意しておきましょう。

 

 

妊娠初期も紅茶を飲み過ぎるのはダメ!いつからいつまで控えた方が良いの?

紅茶によるカフェインは妊娠初期から控えたほうが安心です。

 

妊娠初期の胎盤が形作られるまでの期間は、

血管が収縮されてしまうので、腹部が張り、流産の危険性が付きまといます。

 

妊娠中期、後期、出産前後においては、

胎児の発育に影響を及ぼすことも考えられます。

 

また、妊娠初期と一緒で、血管が収縮して早産が引き起こされる危険性はぬぐえません。

 

 

妊婦がカフェインを取りすぎてしまったらどうなる?母体(母親)への副作用を教えて!

妊婦にとって、鉄分、カルシウムは、

お腹にいる胎児の成長に大切な栄養成分。

 

カフェインは「タンニン」と言われる栄養素を含有します。

 

カフェインは利尿作用があるのはご存知ですよね?

 

利尿の際にカルシウムや鉄分とタンニンが結びつき、

これらを身体の外側へ排出してしまうのです。

 

つまり、紅茶によるカフェインを摂り過ぎると、

母親の体が常に鉄分とカルシウム不足を招きます。

 

さらに貧血が発生し易くなります。

 

そして妊娠中期からお腹が大きくなると胃に負担がかかります。

 

そこにカフェインが消化器系や胃液の分泌を頻繁にするため、

胃もたれや、吐き気、下痢などのトラブルを招きます。

 

さらに、妊娠後期差し掛かると肝機能が鈍くなるため、

カフェインの摂取により高血圧を発症させます。

 

また、中枢神経の興奮させてしまうので、不眠症にもなります。

 

妊娠高血圧症候群になるのを阻止するためにも、

カフェインの摂取量を調整しましょう。

 

もちろん、カフェインを取らないことに越したことはありませんが。

 

紅茶のカフェインによる利尿作用も妊婦は注意が必要です。

上記で少し解説しましたが、

紅茶に含まれるカフェインには利尿作用がありますよね?

 

このカフェインに含まれるタンニンが「鉄分、カルシウム」に結びつき、

排尿と一緒に体外に排出してしまいます。

 

つまり、紅茶に含まれるカフェインは、

妊婦と胎児に必要な栄養素をドンドン体外に排出するお手伝いをしてしまうのです。

また利尿作用というのは体内の水分を排出しすぎるため、

脱水症状を招くという危険性もあるのです。

 

他にも、利尿作用によって体内の水分量の欠如することは、

「便秘」も招いてしますよね。

 

このように、カフェインは妊婦の栄養不足や脱水症状だけでなく、便秘も招くのです。

 

 

紅茶にはどれくらいカフェインが含まれているの?含有量を教えて!

紅茶、烏龍茶にもコーヒーと同じくカフェインが入っています。

 

その含有量は、乾燥重量(淹れる前)で紅茶葉は約3%、

コーヒー豆は約1%と、紅茶の方が多く含有します。

 

しかし、飲用する状態(液体)では、紅茶は4~5倍以上に薄くなって飲まれるので、

事実、摂り入れるカフェイン量はコーヒーより僅かになります。

 

具体的には下記になります。

紅茶:180cc 茶葉3g  約18mg 蒸らし時間3分。

 

ですが、紅茶といっても種類は様々。

 

生産地や発酵度の相違により多少はカフェイン含有量に差が生じます。

 

 

妊婦が1日に摂取できるカフェイン量を教えて!全くとってはいけないの?

「妊婦が紅茶を全く摂取してはいけない!」

ということはありません。

 

ですが英国食品基準庁は妊婦の女性において、

1日当たりのカフェイン摂取量を200mgに抑えるように警鐘を鳴らしています。

この数値は凡そ、紅茶をマグカップで3杯~4杯程度だと考えてよいでしょう。

 

僅かな量のカフェイン摂取において懸念はないが、

取り過ぎは頭痛、脱水症、不眠症、イライラ感、緊張感を招くため、

 

特に妊婦、授乳中の女性は控えることが基本です。

 

もちろん、カフェインの摂取量は、

母体の「体重・身長・年齢・人種」などによって大きく異なります。

 

あくまでも目安として考えておきましょう。

 

 

妊娠中は1日に紅茶を何杯までなら飲んでいいの?具体的な飲み方を教えて!

妊娠中の妊婦が1日に飲むことができる紅茶は、

マグカップ(180ml)を4杯程度です。

 

もっと具体的だと、紅茶のティーバッグが3つ~4つくらいでしょう。

 

ですが、上記で少し解説しましたが、

カフェインによる影響は個人差があります。

 

「体重・身長・年齢・人種」などによって異なります。

 

これ以上飲んでも影響が出ない人もいますが、

カフェインを控えても悪影響に悩まされる人もいます。

 

心配であれば、担当のお医者さんに相談すると良いでしょう。

 

 

「妊娠中は紅茶を1日2杯~3杯までで我慢しなきゃいけない!」これ噂は本当なの?

上記で少し解説しましたが、

可能であれば妊娠中の紅茶は1日に2杯~3杯くらいにしましょう。

 

母体と胎児のことを考えると、

多くても1日に4杯くらいに控える方が良いでしょう。

1日に使用してよい紅茶のティーバッグは2つ~3つ、多くても4つ。

 

そして、使用するマグカップは180mlが目安です。

 

もちろん、摂取しないに越したことはありませんけどね。

 

 

妊婦が紅茶を飲みすぎたときはどうしたらいいの?効果的な対処法を教えて!

紅茶を飲み過ぎたら、

まずは水分を補給することがオススメです。

 

これは体内のカフェイン濃度を薄めることもできます。

 

紅茶に含まれるカフェインの摂取し過ぎによる症状は、

水分をたくさん摂ることで鎮静化することが出来ます。

 

そして「水分は身体から効果的にカフェインを排出する手伝いもする」という専門家もいます。

 

また、軽い運動と食事でカリウムやマグネシウムを補給することも効果的です。

 

カフェインはカリウムやマグネシウムを使いきっていくので、

バナナや色の濃い葉物野菜などがおすすめです。

 

「妊娠中に緑茶やコーヒーを飲んでいた!」というのも同じくNGです!

当たり前ですが、紅茶がダメなら緑茶やコーヒーもNGです。

 

もちろん、1日に1杯~2杯くらいなら問題ありません。

 

しかし、コーヒーは紅茶よりも、カフェインを含みます。

 

コーヒー(浸出液)は100mlあたり、カフェインを60mg含みます。

 

また、緑茶のカフェイン含有量も紅茶と同じくらいなので、

妊娠中の飲み過ぎは危険です。

 

「午後の紅茶」という商品も妊娠中は飲んだらNGなの?商品のカフェインの量も教えて!

あなたは午後の紅茶という商品を知っていますか?

 

妊娠中にこれらを飲んでも良いのか?

 

カフェイン含有量を見ていきましょう。

商品名 500mlあたりのカフェイン含有量
キリン 午後の紅茶 ストレートティー 60mg
キリン 午後の紅茶 おいしい無糖 60mg
キリン 午後の紅茶 ミルクティー 95mg
キリン 午後の紅茶 レモンティー 40mg

 

どうでしたか?

 

このように、紅茶にしては微妙にカフェイン含有量が少ないことがわかります。

 

しかし、飲み過ぎるのはNGです。

 

 

妊娠初期~妊娠後期の期間は「紅茶のスイーツお菓子」も食べちゃダメなの?

紅茶のスイーツは茶葉をミル状(粉末)にして、

香りを出している商品もあります。

 

つまり、紅茶の香り付けされたスイーツは茶葉をまるまる食べているのと一緒です。

 

紅茶スイーツにも多少ですが、

カフェインは含まれています。

 

なので、妊婦さんは例外なく紅茶スイーツを控えましょう。

 

もちろん、多少であれば問題ないでしょうが、

カフェインだけでなく、糖質自体も妊婦に良い影響がある成分ではありません。

 

 

妊娠中に飲むといい飲み物はノンカフェインの「デカフェ紅茶」で決まり!

では、妊娠中に飲むといい飲み物は何が良いのか?

 

迷いますよね。

 

そこで妊娠中の妊婦はノンカフェインのデカフェ紅茶がオススメです。

デカフェ紅茶であれば、カフェインを遠ざけて、

紅茶本来の効能が楽しめます。

 

(紅茶の効果は下記に紹介しています)

 

最近では、様々な味のデカフェ紅茶が販売されているので、

妊娠中の楽しみにもなりますね。

 

 

妊娠中にアイスティーなどの冷たい飲み物を摂取したらお腹の冷えを招くのでNGです!

妊娠中にアイスティーを飲むとお腹が冷えてしまいます。

 

すると、下痢や腹痛の原因になることもありますよね。

 

腹部の体温を冷やすことは、

お腹にいる赤ちゃんにとっても良い影響を与えるとは言えません。

 

冷たい飲み物の過剰摂取(飲み過ぎ)は、

消化器、自律神経、免疫、代謝など身体に影響を与えます。

 

妊娠中はアイスティーを飲むのは控えて、

なるべく暖かいのも物が良いでしょう。

 

もちろん、妊娠中でなくても、

冷たいものは極力さけておいた方が良いでしょう。

 

 

つまり妊娠中の妊婦はデカフェ紅茶を温かいホットで飲むのがオススメということ!

上記のことからわかるように妊娠中はホットティーを飲むのがオススメです。

 

ホットティーで体温を温めることで、

血行も良くなりますし、免疫力も向上します。

 

そこで妊娠中に良い飲み物が「デカフェ紅茶をホットで飲む」ということです。

 

カフェインも気にする必要もありませんし、

体も温まるので一石二鳥です。

 

妊婦さんは、ぜひデカフェ紅茶を飲みましょう。

 

妊娠初期~妊娠後期に飲む「デカフェ紅茶」はリラックスタイムにむしろオススメです!

実は、紅茶はカフェインが問題視されていますが、

そこをクリアできればむしろ妊婦にオススメの飲み物なのです。

 

紅茶の含有されている香り成分は、

脳にα波を発生させて、ストレスを解消する効果があります。

妊娠中はストレスが溜まりやすいですし、

母体がストレスを感じると同様に胎児もストレスを感じているものです。

 

そこで、紅茶の香り成分が妊娠中のメンタルをサポートしてくれるのです。

 

 

紅茶の成分や効能を正しく理解すれば、妊婦の強い味方になります。

実は、紅茶は様々な成分による効果があるのはご存知でしょうか?

 

では見ていきましょう。

 

妊婦に必要なビタミンやミネラルを補給

ビタミンやミネラルが豊富なので、

妊婦の健康をサポートします。

もちろん、紅茶を飲むだけではダメですが、

サポートにはなってくれるでしょう。

 

妊婦の風邪やインフルエンザを予防

妊婦さんが風邪やインフルエンザにかかるわけにはいきませんよね?

そこで紅茶には殺菌作用があり、

風邪やインフルエンザを予防します。

日常的に飲むことで、妊娠中の健康的な生活をサポートします。

 

高血圧な妊婦の血圧を正常化

妊娠中のストレスは血圧を上昇させてしまうこともあります。

そこで紅茶に含まれている茶カテキンは、

血圧の上昇を防いでくれます。

妊娠中は紅茶が血圧上昇を防いでくれます。

 

妊娠中のストレスを解消する

上記でも解説しましたが、紅茶は脳にα波を発生させて、

妊娠中のストレスを解消するリラックス効果があります。

紅茶を飲む前と摂り入れたあとで、精神的に違いが生じるかどうか、

脳波を調査した実験報告が存在します。

それを見ると、紅茶を飲んだあとのほうが、

心理的に落ち着いていることが確認できました。

しかも紅茶の香りをかいだ段階で、

すでにリラックス効果が示されていることが判明しました。

 

 

妊婦が飲んでも大丈夫なおすすめの紅茶やハーブティーの種類を教えて!

妊婦に良い飲み物は何もデカフェ紅茶だけではありません。

実は、デカフェ紅茶以外にも、

妊娠中にオススメされている飲み物があるのはご存知でしょうか?

 

では、いくつか紹介していきます。

 

デカフェ紅茶

カフェインが含まれていないので、妊婦にオススメ。

妊娠中の心強い助っ人になってくれるでしょう。

このページで紹介したように様々な効果があります。

 

ローズヒップ

ビタミン爆弾と呼ばれるほど、ビタミンが豊富。

中でも、ビタミンCの含有量はレモンの20倍とも言われています。

しかし、味が「薄いトマトジュース」と言われ、評判はイマイチです。

 

ルイボスティー

ノンカフェインでミネラル豊富なことから妊婦にオススメされています。

また、SOD様酵素という抗酸化物質が、

活性酸素による脅威から守ってくれます。

活性酸素とは体内の細胞と結び付き酸化させることで、

細胞を劣化させます。

 

ヨモギ茶

ビタミンやミネラルが豊富なので、

妊婦の栄養補給にオススメされています。

しかし、味が「青臭くて飲みにくい」と一部では不評な意見もあります。

もちろん、美味しいとの意見もありますが、

全体的に賛否両論あります。

 

 

妊婦が紅茶を飲みすぎたら危険!妊娠中に1日で摂取できるカフェイン量は?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

紅茶は妊娠中の妊婦には非常に危険な飲み物だと言われています。

 

具体的には、紅茶と言うよりも紅茶に含まれる「カフェイン」が妊娠中に悪いのです。

 

しかし紅茶自体は妊婦を助ける効果が豊富に含まれているので、

むしろオススメなのです。

 

つまり紅茶に含まれるカフェインの問題を解消すれば、

妊娠中でも飲むことができるのです。

 

そこでノンカフェインのデカフェ紅茶がオススメされています。

 

あなたも、ノンカフェインのデカフェ紅茶を妊娠中に飲むようにしてみては?

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?