特茶を飲んで下痢するのはなぜ?知っておくべき危険な副作用を紹介

この記事は3 分で簡単に読めます


「特茶を飲むと下痢する」という人は意外にも多くいます。

 

実は、特茶の口コミを調べてみると、

「特茶を飲んだら胃が痛くなって下痢した!」

などの体験談もちらほら目にします。

 

では、特茶を飲むとなぜ「下痢、胃痛、腹痛、お腹を下す」などの症状に悩まされるのでしょうか?

 

また、これらの症状に悩まされないで飲む方法はあるのか?

 

見ていきましょう。

 

特茶を飲んでなぜ下痢をするのか?危険な腹痛やお腹を下す原因を教えて!

それは「酵素処理イソクエルシトリン」が含有されているからです。

 

特茶には酵素処理イソクエルシトリンが入っています。

 

これは酵素ですから、お腹の弱い人は下痢をしてしまうと思います。

 

この成分は低フォドマップではないですが、

水にも油にも溶けづらいため消化されにくい性質があります。

 

なので、排便を促す効果が高い傾向にあります。

 

つまり、体質的に下痢型にはつらいので、やめておいた方が賢明と思います。

 

また過敏性腸症候群の人も特茶を飲む下痢する可能性があります。

 

ちなみに過敏性腸症候群とは、大腸や小腸に原因となる異常が見つからないのに、

便通異常と腹部症状が続く病気です。

 

つまり、あなたの体がアレルギーのように「酵素処理イソクエルシトリン」に過剰反応している可能性があります。

 

体が異物を混入したと信号を贈り、無理やり体外に排出しようとしている状態です。

 

これが「下痢、お腹を下す」などの症状を招いているのです。

「特茶 下痢 トイレが近くなる」に関する記事も併せて読みましょう

 

 

特茶を飲むにあたって、知っておくべき危険な副作用とは?腹痛やお腹を下す原因を教えて!

特茶を飲んでお腹が緩くなり「下痢」するのは酵素処理イソクエルシトリンが原因

上記でも解説したように、特茶には酵素処理イソクエルシトリンが入っています。

この、酵素処理イソクエルシトリンに過敏に反応する体質の人は、

お腹を下して、下痢する傾向が強いです。

一度に大量に飲むのではなく、

1日の中で小まめに飲んでみましょう。

 

特茶を飲んで「腹痛を感じる」のは茶カテキンが原因

特茶には緑茶よりも、大量に茶カテキンが含まれています。

茶カテキンは腸内の活動に悪影響を及ぼすこともあります。

もし、特茶を飲んで腹痛を感じるなら、

体内で茶カテキンが多すぎると体が反応してしまっている可能性があります。

 

特茶を飲んで「胃痛」を感じるのはケルセチン配糖体が原因

実は特茶にはケルセチン配糖体が含有されています。

ケルセチン配糖体は適当な量であれば健康によいと言われています

しかし体内で過剰だと反応すると「胃痛や下痢」を招きます。

特茶には脂肪分解酵素を活発化させる豊富なケルセチン配糖体が含有されているため、

下痢や胃痛を招いてしまうのです。

 

特茶を飲み過ぎると胃腸が荒れることもあります!

特茶には強い効果を持つ成分が含まれる反面、

それを過剰に摂取すると胃が荒れることもあります。

 

強い薬は、副作用のリスクもありますよね。

 

それと同じです。

 

事実、特茶を飲んでから「胃痛や胃もたれ」に悩まされるという人の意見は珍しくありません。

 

もともと胃が弱い人や暴飲暴食によって胃が弱くなっている人は注意しましょう。

 

特に空腹時に特茶を過剰に摂取すると、

胃が荒れる原因になるので気を付けましょう。

 

胃の不調な腸内の不調にもつながり、下痢や腹痛にもつながります。

 

特茶を飲むと「吐き気や胸焼け」がするのはなぜ?副作用の原因を教えて

特保のお茶に添加物が含有されていたりして、かえって体調が危ぶまれることがあります。

 

サントリーの特茶にはビタミンCが含有されているそうですが、安全には問題ないです。

 

ですが、特茶にはタマネギなど、野菜に入っているポリフェノール・ケルセチン配糖体という物質を含有しています。

 

特茶を飲んで「吐き気や胸やけ」などの症状を感じたら、

この物質に反応したと考えられます。

 

また特茶は肝機能障害への副作用も懸念されているのはご存知でしょうか?

「特茶 副作用 肝機能障害」に関する記事も併せて読みましょう

 

 

特茶はいつ飲むの?「下痢や腹痛」などのお腹を下さない安全な飲み方を教えて

「空腹時には特茶を飲まないこと!」

空腹時に特茶を飲むと、胃に直接的に上記で登場した特茶の成分が浸透します。

簡単に言えば、傷口に塩水を撒いているような状態です。

想像するだけで痛いですよね?

なので、空腹時に特茶を飲むと「下痢、腹痛、胃痛、お腹を下す」

これらの症状を招きます。

 

「特茶を食後に飲んでみよう」

上記で解説しましたが、空腹時に特茶を飲むと胃や腸が荒れやすくなりますよね。

胃の粘膜があれている状態で、特茶の成分が染みたら「胃痛や胃もたれ」を起こします。

なので、食べ物が胃に入ってる食後に飲むことで、

副作用の現れることなく、特茶の効果をお楽しみいただけます。

 

「一度に大量に飲まないこと」

一度に大量の特茶を飲むことで、敏感なあなたの体が、

特茶に含まれる強い成分に反応してしまいます。

例えば、特茶のペットボトル500mを1時間以内に飲み切ってしまうとか

これをすると体内が「この強い成分は危険!」だと判断して、

無理やり体外に排出しようとします。

すると「腹痛、下痢、胃痛」などの症状を招きます。

空腹時に特茶を飲んでしまうと、胃腸への負担が大きくなります。

 

「時間を空けて小まめに飲むこと」

もし、特茶を飲んで下痢やお腹を下してしまうのであれば、

それは体が特茶の成分に過剰に反応しているということ。

なので、1時間に200mlもしくは2時間に200mlなど、1日の中で時間を空けて小まめに飲むようにしましょう。

少しずつであれば、特茶の成分を体が過剰に反応することなく、

下痢や腹痛にならないこともあります。

 

特茶を薄めて飲むこと

特茶の成分に体が過剰反応して、下痢などを齎しているなら、

特茶を薄めて飲んでみましょう。

薄めて特茶を飲むことで、摂取する際の成分濃度が低くなり、

結果として副作用を防ぐことができます。

最近では、特茶をそのまま飲むとマズイとの意見もチラホラ寄せられています。

「特茶 味 マズイ 」に関する記事も併せて読みましょう

 

 

それでも下痢するなら体質的に特茶があってない可能性も!

上記のような飲み方をしても下痢や腹痛、胃痛に悩まされるのであれば、

特茶の摂取は止めておきましょう。

酵素処理イソクエルシトリン

茶カテキン

ケルセチン配糖体

このどれかが、体質的に合っていないと言う事になります。

 

体質的に合わない成分を摂取し続けると、

胃が炎症を起こして荒れたりすることもあります。

 

直ちに摂取を控えましょう。

 

特茶を飲んで下痢や腹痛を感じるのはなぜ?知っておくべき危険な副作用を紹介~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

特茶を飲むと下痢する人は少なからずいます。

 

これは

酵素処理イソクエルシトリン

茶カテキン

ケルセチン配糖体

 

などの強い効果を持つ成分が体質的に合わないのでしょう。

 

つまり、あなたの胃腸はこれらの成分に過剰に反応している状態です。

 

簡単に言えば、アレルギー反応に近いと考えてもよいでしょう。

 

もし、このページで解説している「安全な飲み方」をしても、

 

腸内環境に異常を感じるのであれば、直ちに摂取を控えましょう。

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?