伊右衛門の特茶は肝臓の負担になる副作用がある?肝機能障害になる?

この記事は3 分で簡単に読めます


「特茶は肝機能に負担を掛ける副作用がある!」

 

そんな噂を聞いたことはありませんか?

 

もし、これが本当だとすれば、直ちに特茶の飲用を控えるべきですよね。

 

では、実際に特茶は肝機能に悪い影響を与えるのか?見ていきましょう。

 

 

伊右衛門の特茶は肝臓の負担になる副作用があるって本当なの?

実は特茶を飲んで肝機能に副作用が生じたといった症例は報告されていません。

 

しかし、特茶に添加しているカテキン「ポリフェノン」同様成分のサプリメントを服用しすぎて肝臓障害を起こしたカナダ人女性がいることは本当です。

 

カテキンはコレステロールと脂肪の吸収の抑制、強い殺菌効果、抗酸化作用に優れています。

 

このカテキンは特茶にとりわけ多く含有されていますが、

「特茶の飲みすぎて肝臓障害になった」といった声は耳にしませんよね。

 

むしろ、緑茶の消費量が一番多い静岡県民は平均寿命が平均を越えることから、

緑茶自体は身体に良い作用すると考えてよさそうです。

サプリなどの高濃度カテキンは問題があって、

米国では肝臓障害の被害に遭った人がおり、販売禁止となっていることが分かりました。

 

また、そのカテキンと同じ成分が特茶にも含まれています

 

しかし、全てのカテキン自体に原因があるわけではなく、

本来の緑茶葉に含まれる天然カテキン、エピガロカテキンガレートは心配が無く、

むしろ健康促進が効果的です。

 

しかし、一方で特茶がマズイと言う悪評が流れているのも事実です。

「特茶 マズイ 口コミ」に関する記事も併せて読みましょう

 

 

伊右衛門の特茶が「肝機能障害」を招くって噂もあるけど?

特茶を過剰摂取しなければ「肝機能障害」になることはありません。

 

実は、特茶に含まれる高濃度茶カテキンですが、

以前に副作用があると報告されていました。

 

この健康被害が噂になったのは、カナダやスペインなど外国で市販されていたサプリメントが原因です。

 

茶カテキンを多く含んだ商品で、取り入れた人たちに肝機能の障害が見られたということでした。

 

このある出来事が原因となってそのサプリメントは販売中止となりましたが、

同じ茶カテキンを含むということで特茶等のような、

「緑茶飲料」に疑惑の目が向けられたのです。

 

しかし、日本では現在でも特茶を飲んで、

「肝機能障害」を招くという症例は報告されていません。

 

特茶の副作用が心配な方は下記に紹介しています。

「特茶 副作用 下痢」に関する記事も併せて読みましょう

 

 

特茶を毎日飲み続けると肝臓の数値が上がるって本当なの?

結論から言えば、「肝臓の数値は特茶を飲んでも変わらない」ということです。

 

医師の見解によると、特茶を飲んでも肝臓の数値が上がることもなければ、下がることもないとのこと。

 

つまり、特茶を飲んだだけでは、そこまで肝機能への影響はありません。

 

肝機能の数値が心配なのはわかりますが、

特茶を飲んでも良くも悪くもならないので気にせず愛飲しましょう。

 

しかし、過剰摂取は厳禁です。

 

1日に500mlリットル、多くても1.5リットル程度の飲用にしましょう。

 

結論として特茶(茶カテキン)の過剰摂取は肝機能に副作用を齎すってこと!

肝臓の機能は体内に侵入したウィルスや毒素を解毒する作用があります。

 

ですが、たとえ健康に効果的な成分であっても、

過多に摂取すれば「毒」にもなるのです。

 

例えば、ビタミンCも過剰摂取すれば「眩暈や吐き気」を招くことはご存知でしょうか?

 

これと同じで、特茶の成分である「茶カテキン」も過多に摂取すれば、

肝機能を低下させる毒にもなるのです。

 

すべての栄養素は健康サポートにもなるし、

副作用を齎す毒にもなるということを覚えておきましょう。

 

「特茶 副作用 効能」に関する記事も見ていきましょう

 

 

肝機能に負担を掛けない特茶の1日に目安摂取量(飲み方)ってあるの?

基本的に、肝機能に負担を掛けない特茶の1日の摂取量は明記されていません。

 

ですが、特茶には豊富な茶カテキンを含有していることから、

 

1日の摂取量は500ml~1000mlくらいにしたほうが良いでしょう。

 

多くても1500mlくらいにしておきましょう。

 

もちろん、あくまでも目安の飲み方です。

 

摂取量は「体重・身長・性別・年齢」などによって個人差があるので、断言はできません。

 

自分の体調と相談しながら、少しでも違和感を覚えるようであれば、

飲む量を減らしたり、工夫することが大切です。

 

 

特茶に飲み方に関する注意点や危険性をすべて教えて!

伊右衛門で特定保健用食品として販売されている商品”特茶”ですが、

脂肪の吸収を抑制するという効能が認められています。

 

その理由ですが、脂肪分解酵素に活力を与えるとされているケルセチン配糖体が含まれているため、

 

適正量であれば身体に良いと公表されています。

 

特茶ですが、摂取する際は気を付けるべき事があるのです。

 

それは、摂取の許容量を守らなければならないという点です。

普通の市場に出回っている茶飲料とは異なって味は苦くて「過剰摂取をすると危険なような」という印象があります。

 

こちらのケルセチン配糖体ですが、薬剤と飲用は好ましくないと考えられています。

 

医薬品ですが、常識的に考えると水またはぬるま湯で服用しなければ健康が損なわれてしまいます。

 

健食である茶飲料で薬を飲む事は好ましくないですし、

アレルギー反応が在る人なら服用は好ましくないと考えます。

 

 

特茶を飲むと下痢するって話があるけど?

一例として消化し難いとされているデキストリンが含有されている商品については注意をしなければいけません。

 

デキストリンですが、食物繊維と発表されています。

 

食物繊維ですが、消化や吸収がされずに体外に排出される事になります。

 

デキストリンを過剰摂取すると、便通がとても良くなって且つ下痢を引き起こす事があります。

 

デキストリンに関しては過剰飲用はしてはいけないと呼びかけがされています。

 

ですが、適量摂取であれば便通の解消が見込めるといわれています。

 

特茶は過剰摂り込みは好ましくないとされ、

そもそも健康食品は基本的に食事をした上で栄養分を補足する認識が賢明です。

 

「特茶 下痢」に関する記事も見ていきましょう。

 

 

伊右衛門の特茶は肝臓の負担になる副作用がある?肝機能障害になるって本当?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

特茶は肝臓に負担を掛けて肝機能(肝臓)の低下を招くことはありません。

 

海外の症例ではカテキンを濃縮したサプリメントが肝機能障害を招く事例がありますが、

日本では特茶を飲んで肝機能障害を起こしたという報告はありません。

 

そもそも、日本とアメリカでは商品管理が違いますし・・・

 

しかし、どんな栄養成分も過多に摂取すれば毒にもなり、

肝機能の負担をかけてことだってゼロではありません。

 

必ず用法用量は守って正しく飲むようにしましょう。

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?