職場のコミュニケーションの取り方(方法)と重要性を知っておこう!


この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。





まず「職場のコミュニケーションが悪い」という考え方が、「どういう状況」で「なぜ起きるのか」というケースを検討しましょう。

 

「コミュニケーションが劣悪な状況」とは、シンプルにいうと「言いたいこと(本音)が思うままに言い合えない」場合ではありませんか?

 

では、どうしてこんな事態が伴うのでしょうか。

 

この原因として下記になります。

 

パターン①相手が威圧的であるとか、関心を寄せないだったりするような「口にしたくても、言うことができない」

 

パターン②「断定しても気が付いてくれない」みたいに、決め付けることはできるが、覚えようとしてくれない

 

大別すれば2つのモデルが在り得ます。

 

その結末、「上っ面だけのことを言う」「言っておきたいことを口外しない」のセレクトをすることになり、コミュニケーションが深刻化してしまうのです。

 

では、これらのコミュニケーション不足がどのような惨事を招くのでしょうか?

 

 

職場のコミュニケーション不足と重要性を知っておこう!

職場のコミュニケーションの取り方(方法)と重要性

「人間関係を悪化を防ぐ」

職場で意思疎通はとても大切ですが、人は会話によってお互いの気持ちを確かめることできます。

 

そして会話した相手に好感が持つ傾向にあると言われています。

 

なので業務連絡や仕事に対する質問など、意志疎通を図ることが非常に職場の人間関係において大切です。

 

 

「業務連絡が怠るのを防ぐ」

仕事する職場において「報告連絡相談」はとっても大切で、これを怠ってしまうと業務に差し支えてしまうことがあります。

 

しっかりと仕事に関する業務連絡をしないと人間関係に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

 

本人にとっては「連絡する必要のない小さなこと」でも相手にとっては「連絡してほしい」などと思うことあるとのこと。

 

 

「相手からの印象形成にも」

コミュニケーションをとることが、一番、相手に自分がどう見られているか?が重要となってきます。

 

また、自分を知ってもらうためにも会話による意思疎通は非常に重要でもあると心理学でも推奨されています。

 

つまり、相手と意思疎通をしっかりと図らないと「勝手なイメージ」や「悪い誤解」などが先行してしまう傾向と言われています。

 

 

「会話によって自分を認識する」

職場においてコミュニケーションが上手にできるというのを突き詰めると、自己表現が上手いということでもあります。

 

またコミュニケーションすることは自己表現が上手いといことに繋がり、自己認識がハッキリしているということです。

 

つまり相手との会話によって、自分の本当の気持ちがわかったり、意志が明確になったりすることもあります。

 

 

 

このように、仕事場においてコミュニケーションはとても大切です。

 

では、コミュニケーション不足にはどんな対策があるのでしょうか?

 

 

職場のコミュニケーションの取り方(方法)について知ろう

職場のコミュニケーションの取り方(方法)と重要性
「なるべく目を見て話す」

面接でも同じことが言えますが、人と接する上でかならず目を見て話すことが重要となってきます。

これは、対人関係において基本中の基本とも言われており、まずは目を見て人と話すことを心掛けるようにしましょう。

 

 

「積極的に話しかけるようにしよう」

日常会話や業務連絡など、なんでも構わないので「人と会話することを心掛けている」という社会人の意見が多く寄せられています。

まずは、業務連絡から人と話すように心がけましょう。

 

 

「会話しているときは笑顔を見せる」

人と会話しているときは、なるべく笑顔で接するように心がけることで相手も自分に好感を持ちやすくなります。

また、笑顔で接することで相手も自分に対する緊張がほぐれて、必然的に会話も弾むようになります。

 

 

「悩みを相談してみる」

人間は苦しいことを苦しいままに、ひとりで持ち合わせるとどうしても息が詰まるものです。

そのためにはおんなじ職場にいる人コミュニケーションを取り、どういう意識を持っているかしることは非常に肝心だと思います。

 

 

「アクティブに飲み会に参加」

新年会や忘年会、歓送迎会などで会社の宴会など、アクティブに飲み会を行うことで職場のコミュニケーションを活性化させることの出来るだと思われます。

アルコールがちょっと入れば、本音で述べることも実現できます。

 

 

「報・連・相を積極的に」

職場のコミュニケーションは、ルーティーンでの報連相をベースとしています。

仲間が相互に密な報連相を行うおかげで、職場のコミュニケーションは何もしなくても活性化します。

 

 

「仕事を意欲的に取り組む」

まだ仕事を覚え込みきれていない新参者や下手な作業にしくじっている従業員などを拝見した時、自分自身だって慌ただしいと見てみぬふりをしてしまう場合があると感じます。

仕事に意欲的な姿勢を見せて協力的になる事により、好感を持たれて職場内のコミュニケーションも活性化させるケースができると思います。

 

 

このように職場に色々な方が働いていますが、意外にも職場のコミュニケーションの取り方(方法)はコツを掴めば簡単なもの。

 

そして、次のステップは職場のコミュニケーションの取り方を活かして形にしていきましょう。

 

 

職場のコミュニケーションを重要性のあるものに(応用編)

職場のコミュニケーションの取り方(方法)と重要性

「お互いの状況を確認する重要性」

もちろん上司が部下状態を正しく認識できていればよいですが、例えいい上司であったとしても、それはお手軽なことではありません。

 

長時間労働を行っている人がいるオプションでで、長時間労働をしていない人もいます。

 

コミュニケーションをしないと、誰が仕事に溺れてしまそうなのかチェックできることもいかないです。

 

規律正しい職場環境づくりにコミュニケーションは問われます。

 

 

「コンセプトやビジョンを明確に」

コンセプトやビジョンをシェアするのに、職場のコミュニケーションはポイントです。

 

コンセプトや、ビジョンといったものは目に見えてメッセージとしては示されます。

 

しかし実際的な事項、どういう所をすればいいのか、というのはコントロール側の考え方をプレーヤ側がきっちりと覚え拝受しないといけません。

 

しかし、意識というのは例外なく一緒になっているわけじゃない。

 

長く同じ会社に勤務している人であれば、企業の中にも「企業文化」と称されるくらいカルチャーが培われていますから、インスピレーションは類似したことがよくあります。

 

 

「正確な情報を共有して確実な仕事を」

業務をやっている中で、何よりも怖いのが理解誤認識です。

 

理解誤認識が判明すると、今まで打合せスパンや、完成した実録が無駄になることもあり得ます。

 

「今自分自身がやっている作業内容のターゲット・コンセプトは何であるか?」

 

「いつの時点までに作業実行・書類作成を担うのか?」

 

という期限とフェーズごとの期日、書類体裁を疑念の余地なく確定しておくことが欠かせません。

 

 

こんな体験談も!仕事場のコミュニケーション不足によるエピソード

職場のコミュニケーションの取り方(方法)と重要性

千葉県_20代_H・Yさん(接客業)

わたしの職場にいる同僚(男性)はほとんどしゃべることせずに、不愛想で不機嫌な顔して職場を巡回しているのです。

 

特徴としてこんな感じかな?

 

「人の目を見て話すことが出来ず、いつも不機嫌そうにしている」

 

「業務連絡をするにしても、会話がまったく弾むことなく、ぶっきらぼう」

 

「不愛想にしているだけでなく、トイレにも勝手にいってしまう始末。」

 

「業務連絡をほとんどせずに、人とのコミュニケーションを経っている」

 

 

しかし、わたしは業務連絡をしないわけにもいかないので、話しかけると・・・・

 

 

あたし:「景品届きましたよ。」

 

同僚(男性):「はい・・・・」

 

あたし:「どこに置いたらいいですか?(今日も不愛想だな~~)」

 

同僚(男性):「うーーーーーん・・・・」

 

 

あたし:「では、とりあえず倉庫に入れておきますね(←いや、とりあえず目を見てはなそうよ!!)」

 

 

同僚(男性):「わかりました・・・・・」

 

 

「いやあああああ!!!!どっちなんだよおおおおお」

 

「ちゃんと、YESか!?NOかは意思疎通しようぜ!!!」

 

 

ってかまず人の目を見て話そうよ!

 

 

なんて思ってしまいましたね。

 

 

その同僚は他のスタッフに報告もしないで勝手にトイレに行ってしまうので、とても厄介。

 

 

「あれ!?いないんですけどぉぉぉぉ!!!」

 

っと思っていると同僚はトコトコと不機嫌そうな顔で歩いてきて・・・・

 

 

 

なんの悪びれもなし・・・・・・

 

 

 

ってか、人とコミュニケーションまともに取れないのに、なんでサービス業なんてやっているんだろう!?

 

病気なのかな!?なんて思わず疑問符です。

 

コミュニケーション不足が災いして、他の従業員にも疎まれ嫌われている様子でした。

 

他の従業員からはこんなことを言われてました。

 

:「あの人って、基本的にダンマリだよね~~。」

 

:「そうそう、って怖いし、酒癖悪いしね」

 

:「お酒飲めないと人とまともに会話できないとか、気持ち悪いって」

 

:「ってか、なんで接客業で働いてんの!!」

 

なんて先輩たちに言われていましたね。

 

その時、改めて実感しましたね。

 

 

やっぱり、コミュニケーションはとっても大切だ!!!

 

これかも、S君(仮)の反面教師じゃないけど、これからも「報告連絡相談」はしっかりとしなくちゃな。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。