挨拶をしない女の心理(職場編)!挨拶できない人は病気なの?

この記事は3 分で簡単に読めます


普段から会社で働いている人は、

多くの人と接しなければいけませんし、

中には「感じの悪い人」と思う人に出くわすこともあります。

 

しかし、同じ職場で働くのであれば、

コミュニケーションを嫌でも取らなければいけませんし

、あいさつをしなくても良いわけではありません。

 

 

その中でも、

仕事場で挨拶(あいさつ)はとても大切ですし、

「あいさつは仕事の基本」という人もいます。

 

では、仕事場で自分に挨拶しない人は、

どんな心理的な特徴があるのでしょうか?

 

調べてみると下記のことがわかりました。

 

 

挨拶をしない女の心理(職場編)!挨拶できない人はなぜ?

「人見知りが激しい病気」

人によっては、

極度の人見知りに悩まされている人もおり、

挨拶(あいさつ)もうまくできないという症状もあります。

 

この手のタイプは、

人と目を合わして話せない人が多く、

誰に対しても挨拶がまともにできず悩んでいる人もいます。

 

一種のコミュニケーション障害の可能性もあるので、

職場の人たちが理解してあげるのも一つの方法だと専門家に言われています。

「職場 男 愛想が悪い あいさつ」に関する記事も併せて読みましょう

 

「自分のことを嫌っている場合も 」

自分を「あいさつ」は、仕事場において基本であり、

守らなきゃいけない人としてのルールでもあります。

 

ですが、中には嫌いだからコミュニケーションを取りたくない、

「あいさつをしたくない!」

という子供っぽい人もいます。

 

また、この手のタイプは好き嫌いが激しかったり、

自分の感情を抑えることが出来ない人が、

多く幼稚な心理的な特徴があります。

 

 

「メリットがない人には挨拶しない心理」

例えば、後輩や同僚など、

自分にとってメリットを感じられない人には、

挨拶しないと打算的な人もいると言われています。

 

この手のタイプはビジネスマンや女性の中でも比較的多くおり、

打算的な腹が黒い傾向にあります。

 

しかし、自分にとってメリットがあると感じた場合は、

これ見よがしに愛想を振りまくような人もこのタイプに属すると言われています。

 

 

このように、挨拶できない人には、

色々な心理的な特徴があります。

「あいさつしない ババア 空かれるには?」に関する記事も併せて読みましょう

 

では、どんな対処法が効果的なのでしょうか?

 

 

仕事場で自分に挨拶しない人の心理的な3つの対処法

「そもそも返答を期待しない」

どうせ、あいさつを返さない人は返答を期待しても無駄ですが、

そういう人に限ってあいさつを気にするものです。

なので、事務的に挨拶を済ませるのも対処法の一つです。

 

 

「こちらも、挨拶しない」

挨拶が返ってこないような人に、

挨拶してもストレスが溜まるだけだし、

無駄だという人もいます。

向こうが挨拶しないのであれば、

こちらもする必要がないでしょう。

「あいさつ 無視 心理」に関する記事も併せて読みましょう

 

 

「帰ってくるまで聞き返す。」

あいさつを返答しない人は感じが悪く、

ストレスの原因にもなるので、

返答が返ってくるまで「え!!??」と聞き返している人もいます。

もちろん、なかなかできないですが、

中にはそんな強気にでる人もいるそうです。

「職場 意地悪 ババア」に関する記事も併せて読みましょう

 

 

挨拶できない人は病気かも?大人アスペルガー症候群

大人アスペルガー症候群(AS)と言いますのは、

 

意思の疎通の問題

人間関係での問題

限りがあるあらゆることへのこだわり・関心度

 

の3つの症状が推測される脳の機能障害であり、

発達障害の1つと申します。

 

知的障害やキーワードの発達の遅れがないため、

障害とジャッジされづらく、

本人が生きづらい思いをしたり、

周りが認識に苦境に陥ったりすることがほとんどです。

「職場 あいさつ 目を見れない コミュ障」に関する記事も併せて読みましょう

 

では下記に具体的な症状を紹介しています。

 

 

「指示待ち人間になりがち」

しっかりとレクチャーされれば、

自分で仕事をこなすという作業ができます。

 

しかしよくある「気を利かせる」という、

暗黙のルールのようなものを聞き入れるのが不向きです。

 

周囲の人が慌ただしそうにしていても、

手伝おうとし見られなかったり、

共同作業に協力しなかったりします。

 

 

「あいまいなフレーズが理解できない」

一般人が判ってる会話であっても、

アスペルガー症候群の人はフレーズの全然意味が読み取れず、

納得しかねることがあります。

 

「ここのところ」「そっちの方」「あっちの方」といった代名詞や比喩、

うやむやな表現が苦手です。

 

また、指示が理解できないままで、

聞いてみても、

・「何が分かっていないのか」

・「何をどのように聞いたらいいのか」

これらが理解できないままで、

動かなくなってしまうこともあります。

 

 

「相手との距離感がわからない」

アスペルガー症候群の人は、

相手とのメンタルの距離を失敗せずに取ることが不得意で、

自分でいつの間にやら相手を不快感にさせてしまうのがあります。

 

相手の立場に応じて自分自身の態度や言い回しを変更してにくく、

上司に向かってなれなれしい態度をとったりします。

 

逆に親戚・縁者や近しい人に対して、

丁寧すぎる言い方をすることがあるようです。

 

そして構って欲しくはない人にも、

知らない人と同じくらいに対応しているしまう。

 

実際のところ、

「フィフティフィフティ」にしか干渉することが不可能なので、

こういうマイナスはいっぱいあります

 

 

「空気が読めない」

アスペルガー症候群の人は人間の気持ちに意気投合したり、

想定したりすることが嫌いなことが多いです。

 

相手方の容貌の変貌などについて、

「ブクブク太ったね」とバカ正直に口にしたり、

上役のミスを見逃せず対面で説教を垂れてしまいます。

 

そのため、職場での意思の疎通がうまくいかずに、

自分自身でもあまり分からないまま周りから、

一人だけしてしまうケースがあります

 

 

「社交辞令がわからない」

相手の顔付きやアクセントから、

そのフレーズが本音か施策かを察することが得意とは言えないです。

「次回遊びにおいでよ」

「いつか誘うよ」

といったフレーズのはずみの口約束を、

イメージ通り信じてしまうということがあります。

また、意地悪っぽい叱り方をしても通じないケースがあります。

 

挨拶にも色々な対処法があるようです。

 

ちなみに、職場にもこんな挨拶がまともにできない人がいるそう。

 

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?