仕事場の過干渉で過保護な親に育てられた社会人の4つの特徴と対策

この記事は2 分で簡単に読めます


 

親離れ子離れという言葉がありますが、

これは基本的には思春期~成人するまでの期間をさしています。

 

しかし、色々な環境で生きている人が働いている職場では、

・「いい歳で親離れできていない子供」

・「子離れできていない親」

という状況に身を置いている人も。

 

いつまでたっても過保護な親に育てられている人が、

同じ職場にいるとストレスの原因にもなるとの意見もありません。

 

では、過保護な親に育てられてきた社会人には、

どんな特徴があるのでしょうか?

 

調べてみると下記のような特徴があると言われています。

 

 

仕事場の過干渉で過保護な親に育てられた社会人の4つの特徴

「自分よりも親の発言力が強い」

人間は自分の意志で考えて、

発言するものですが、

大人になっても過保護な親に育てられている社会人は、

親の発言力が強いです。

 

なので、いつも親の判断を促して、

自分で考えるということを放棄しているために、

職場に置いて物事を自分で考えられない傾向にあります。

 

「いわゆる人に命令されないと仕事のできないタイプ」

とも言われており、

仕事場(職場)では疎まれている傾向にあるとの意見も

 

 

「自分発信で物事を考えられない」

いつも親の指示に促されている社会人は、

自分発信で物事を考えられない傾向にあると言われています。

 

何事においても、常に受け身であり、

人から支持されないと行動できないのもこの対応が多いとも言われています。

 

新人のうちは、

これでも良いかもしれませんが、

出世したら自分発信で何かをしないといけないので、

いつまでも受け身というわけにはいきません。

 

 

「それなりの年齢で実家暮らし」

20代前半のうちは実家暮らしでも良いかもしれませんが、

特に30代に差し掛かると、

社会的にも周りからの扱いは変わるものです。

 

にも関わらず、

「いつまでたっても実家で暮らしていて自立していない」

という環境の人は過保護な親に育てられてきた傾向にあります。

 

このタイプの人間も要注意と言われており、

「自立していないことに気がついてない」傾向にあると言われています。

 

 

「親に何でも話す」

プライベートや仕事のことを必要以上に親になんでも話す人は、

過保護な傾向にあると言われています。

 

自分の親は友達ではありません。

 

一定の節度や敬意を通り越して親に何でも話す人は、

過保護な傾向にあると言われています。

 

また、それを良しとしてしまっている親も、

子離れできていない傾向にあると専門家に言われています。

 

 

 

仕事場の過干渉で過保護な親に育てられた社会人の4つの対策とは?

対策①「なるべく関わらないようにする」

過保護な親に育てられてきた人が同じ職場にいると、

ストレスの原因にもなりますし、

なにより自分で物事を考えられないため面倒です。

 

この手のタイプとは、

なるべくなら距離を置いて関わらないようにするのが、

一番だと言われています。

対策②「はっきりと自分の意思を伝える」

 

過保護な親に育てられてきた社会人とこれからも、

しっかりと付き合う気があるのであれば、

自分の意思はしっかりと伝えるようにしましょう。

 

デリケートな問題かもしれませんが、

本人は過保護な環境に身を置いていることに気が付いていないため、

いかに一般常識とズレてるか教えてあげるとの意見もあります。

対策③「親を呼び出してとじっくりと話す」

 

これは、あまりないケースですが、

「自分の子供を過保護に育てている現況をよしとしているご両親」を、

呼び出してじっくり話すという強者もいます。

 

この惨状を招いている諸悪の根源と対峙したほうが、

一番効率的な解決策でもあるとの意見がありますが、

よほど「その人」が使える人材でなければ基本的はありえません。

対策④「人事異動させてしまう」

 

基本的に過保護な環境で育つ社会人は、

自分発信で仕事ができず、

伸びしろのない人材なので成長しないと判断されてしまいます。

 

すると、上司から人事異動させられて、

結局色々な部署を盥(たらい)回しにさせられるケースもあります。

 

 

過保護な親に育てられてきたといっても色々なケースがあるようですね。

 

やはり、

いつまでも自立せずに親の意見に促されている人は、

自分の意思が明確にできなかったり、

自尊心がなかったりする傾向があるよう。

 

お暗示職場で働く周囲は迷惑しているようですね。

 

 

 




あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?