主婦として母としての「生きがい」について考えさせられた日

主婦の日常
広告

主婦として母としての「生きがい」について考えさせられた日

ママ友の話していると、大体はちょっとした旦那の悪口が定番!

まあ、共通の話題だし、「女は調和なかで生きるもの」ですからね。

話を聞いていると、他の家庭も色々あるんだな~~~としみじみ。

中には「週に3日は顔も見たくない日がある・・・・・」と発言するママ友さんもいるほど・・・

 

でも、今日はちょっとだけ違いました。

 

本日のママ友ランチの話題は「主婦として母としての生きがいって何か」というテーマが中心。

やっぱり、ほとんどのママさんが「子供の為なら頑張れる」という意見がほとんどです。

これには、納得ですね。

「やっぱり、母親として子供の為に何ができるのか?」常日頃から考えられずにはいられないものです。

 

 

もちろん、旦那さんや子供のために作ったご飯を「美味しい!!!」と笑顔で喜んでもらえるのは嬉しいですね。

でも、願わくばパートアルバイトを辞めて、専業主婦として生きていきたいものです。

「仕事・家事・育児」は想像以上に正直いってしんどく、

ときどき心が折れてしまいそうになる・・・・

 

でも、「子供の笑顔」や「同じ悩みを共有してくれるママ友さん」がいるから、

精神的支柱にはなってくれているかな?

結婚した当初は、「旦那さんのために何ができるのか?」ということを考えていたけれど・・・

 

子供が生まれると「子供の為に何ができるのか?」ということにあっさり変わるものですね。

 

旦那に愛情がないわけじゃないけど、それくらい子供の存在は母親にとってすべてだったりする。

だから、子供の魔力ってすごいものですね。

そりゃ、1年近くお腹にいて自分の一部だったんだから、

旦那への愛情とは比べ物にならないくらい・・・・・

 

母親になる前は不安しかなかったけど、子供が生まれたら「生きがい」に変わりますね。

そう思うたびに、旦那への愛情は薄くなってきているような・・・・・(笑)

きっと旦那も同じこと思っているのかもしれませんね・・・・(笑)

つまるところ「子はかすがい」というわけなのです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました