ルイボスの「和名・英名・学名」は?語源の由来や歴史って?

この記事は2 分で簡単に読めます


今や美容や健康をサポートだけでなく、

妊娠中(妊婦)にも愛飲されているのが「ルイボスティー」。

 

では、そんな奇跡の茶葉であるルイボスには、

どんな「和名・英名・学名」があるのでしょうか?

 

パピーちゃん

ルイボスティーっていいよね(^^♪

あたしも飲んでる!

長谷川さん

そういですね!

でも今回は「ルイボス」について学んでいきましょう。

また「ルイボス」という語源の歴史には、

由来があるのでしょうか?

見ていきましょう。

 

 

ルイボスの「和名」って何?

日本の和名では「ルイボス」と呼ばれています。

しかし、実際の正しい発音として、

「ロイボス」が正式な名称になります。

「レッド・ブッシュ」茶、

または「レッド・ティー」とも呼ばれます。

 

パピーちゃん

なんか・・・・

紛らわしい!

まどろっこしい!

長谷川さん

コラコラ!

言葉遣いが悪いですよパピーちゃん・・・

 

 

ルイボスの「英名」って何?

アメリカやイギリスなどの英語圏の英名では、

「rooibos(ロイボス)」と言われています。

 

日本では「ルイボス」と発音されますが、

正式には「ロイボス」が正しい発音です。

 

アメリカ人やイギリス人は、

ルイボスではなく「ロイボス」と発音します。

パピーちゃん

みんな「ルイボス」って言ってるけど・・・

英語の発音だと「ロイボス」になるんだ!

長谷川さん

そうですね!

日本では「ルイボス」って言ってますね。

わたしも「ルイボス」って言ってます・・・・

 

 

ルイボスの「学名」って何?

Aspalathus linearis [アスパラトゥス・リネアリス]

 

学名だと上記のような表記になるので、

間違えないようにしましょう。

パピーちゃん

なんか難しい・・・・

「アスパラガス」みたい(笑)

長谷川さん

そういった意見も多くありますね。

[アスパラトゥス・リネアリス]って、

ギリシャ神話に出てくる英雄の名前みたいですね。

 

 

ルイボスの語源の由来って?

ルイボスは、オランダ語「rooibos」に由来する。

 

ルイボスの「ルイ(rooi)は赤」、

ルイボスの「ボス(bos)は藪(やぶ)」で、

直訳すると「赤い藪」の意味。

 

葉が赤褐色に変わり落葉することから、

こんな感じの名付けられた。

 

現地の住民のコイサン族の仲間内においては、

先史時代からルイボスティーが、

健康茶として摂り入れられていました。

 

パピーちゃん

ルイボスティーの良さに気が付くなんて!

やるじゃんコイサン族!

見直したわ(^_-)-☆

長谷川さん

確かに(^_-)-☆

パピーちゃんなんかよりは優秀ですね。

 

そのため、南アフリカで導入される、

アフリカーンス語に由来するとも呼ばれます。

 

ですが、「ルイボス」の名は、

オランダ移民によって付けられた呼称で、

「rooi」も「bos」もオランダ語ということになります。

 

「レッド・ブッシュ」茶、

または「レッド・ティー」とも名付けられます。

 

 

ルイボスの歴史ってどんな感じ?

ルイボスティー(ルイボス)は、

何百年も昔より先住民族のコイ族・サン族で、

継続的に取り入れられているお茶でした。

 

あの時はハンマーで茎や葉っぱをたたき日の下で発酵させていました。

 

1772年、植物学者カール・ハンベルグは、

コイサン族の文化様式を探し出し、

そこの所を記述しています。

 

直ちに欧州の植民地革新者たちは、

ケープタウンにてルイボスティーを、

服用しはじめました。

 

パピーちゃん

まったく!

今さらルイボスの魅力に気が付くなんて

遅いわよ!!

長谷川さん

う~~ん

どのお立場からモノ申してるんですか?

話を続けますね(^^♪

 

ルイボスの治癒力はその段階では、

全然発見されていませんでしたが、

その特徴のある味で人気となりました。

 

20世紀初頭、

ベンジャミン・ギンズバーグ氏が、

この周辺の地域で飲用されているルイボスティーに、

美容や健康への有効性が高いことを探し出しました。

 

それがきっかけとなり、

ヨーロッパを中心に浸透していきました。

 

日本にルイボスティーが伝わってきたのは、

30年ほど前からです。

 

 

 

 

ルイボスの「和名・英名・学名」は?~まとめ

このページであなたのお悩みは解決できたでしょうか?

 

数百年前に遡り古くから先住民族に、

親しまれてきたのがルイボスの茶葉です。

 

ですが実はルイボスティーとして認知されてきたのが、

ここ30年ほど前なのです。

 

余談ですが、ルイボスティーには、

色々な効果があるのはご存知でしょうか?

 

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?