仕事を押し付けるパワハラ上司の心理とは?責任転嫁への対処法も紹介

この記事は3 分で簡単に読めます


仕事していると、いろんな人に出会うことがあります

 

「すぐに怒鳴る人」

「不愛想で冷酷な上司」

「上の人間にゴマをするゴマすりザウルス」

 

こんな人たちが仕事先の職場にいると、

ストレスが溜まりますし、

なにより働きにくい環境といっても過言ではありません。

 

最近になって、

新たにストレスの原因になると言われているのが、

「仕事を押し付けるパワハラ上司」です。

 

この人種が職場にいると、

他の人の仕事が増えてしまいますし、

なによりイライラや胃痛の原因になります。

 

では、どんな心理的特徴なのでしょうか?

 

また対策はあるのでしょうか?

 

調べると下記のようなことがわかりました。

 

 

 

仕事や責任を押し付ける「パワハラ上司」の心理とは?

仕事を押し付けるパワハラ上司の心理とは責任転嫁への対処法
「自分が頑張らなくても他がヤルと勘違いする」

仕事をさぼっている人のケースとして最も多いのが、

この手の心理的特徴です。

 

基本的に、集団にいるときは、

自分が頑張らなくても他人がやってくれると、

勘違いしている傾向にあるので、

まったく動こうとしません。

 

一言でいえば「他力本願」な人です。

 

 

「極度の楽観主義者」

どんなに切羽詰まった状況においても、

「なんとなる」、「きっとうまくいく」と、

何の根拠もない極度の楽観主義者がいます。

 

また、厄介なことにこの心理的特徴は、

当人の癖(クセ)のようなものです。

 

なので自分の意思をはっきり伝えて、

意見交換しても治りにくい特徴があります。

 

 

「面倒なことはしたくない傲慢な王様」

面倒なことは自分のやるべきことではないという、

傲慢な王様タイプの人間もいます。

 

この手のタイプは、

非常にプライドが高いといった心理的特徴があり、な

かなか言うことを聞いてくれません。

 

またいつも自分が正しいと思っている傾向にあるので、

職場にいると非常に厄介な人種でもあります。

 

 

「ヤル気ゼロの無気力な透明人間」

もともと、自分が携わっている仕事にまったく興味がなく、

「なぜ会社にいるの?」

とつい疑問に思ってしまうほどの無気力な透明人間がいます。

 

この手のタイプは、

仕事に意欲を示さずに「怠い」が口癖で、

周囲に人間関係も乱す傾向にあります。

 

しかし、アンケート調査報告によると、

すぐに退社する傾向にあるので、

害はないといえます。

 

 

 

同じ仕事場(職場)に、

このような人種がいると非常に迷惑ですよね。

 

では、どんな対処法があるのでしょうか?

 

 

仕事を押し付けるパワハラ上司からの責任転嫁の対処法

仕事を押し付けるパワハラ上司の心理とは責任転嫁への対処法
「上司を完全に避ける」

仕事をサボるようなテキトーな人間は、

同じ職場で働いても迷惑ですし、

ストレスの原因になります。

 

なので、徹底的に忙しいフリをして、

無視するという意見も多数寄せられています。

 

上司に仕事を振られそうになったら、

忙しいアピールをして避けるようにしましょう。

 

 

「仕事場(職場)での居場所をなくす」

仕事を押し付けるパワハラ上司には、

職場の人間で一致団結するのも効果的です。

 

わざと仕事を振らないで、窓際に追いやることで、

職場に居場所をなくして居づらくするといった対策を取る人も。

 

人間は暇になると逆に疲れるという心理が働くので、

「自分が暇なのに周りが忙しそうにする光景」を見せつけるとの意見も

 

 

「意思をはっきり伝え説教する」

もちろん上司には厳しいですが、

仕事をサボっている場合に限り、

自分の意思をはっきりと使えるという人も。

 

それによって、相手を恐縮させて、

仕事に向かい合う姿勢を強制的に取らせることができます。

 

しかし、仕事を押し付けるパワハラ上司が相手であれば、

会社の重役の人たちに惨状を通告するのも効果的です。

 

 

「仕事ができないフリをする」

部下のミスは上司のミスになるので、

仕事ができない人には必然的に業務を押し付けられることもありません。

 

上司が仕事を振ってくるのは、

「仕事ができる」と思っているからなので、

「仕事ができないフリ」をするのも効果的です。

 

サボる暇もないほど、忙しく仕事させることも多くの人が、

実践している対策の一つでもあります。

 

 

「上司を内部告発する」

上司は仕事しないで、

サボる場合は「内部告発して上層部からの評価を下げてしまう。」

という対策もあります。

 

ポイントとしては、複数で告発することで、

上層部も意見を取り入れてくれる傾向にあると言われています。

 

集団からの意見であれば、

重役の方たちも耳を傾けてくれる傾向にあります。

 

 

 

このように、多くの人が試行錯誤して、

仕事をサボる人への対策を練っているようですね。

 

 

では、実際の体験談にも注目してみましょう。

 

 

 

仕事を押し付けるパワハラ上司から受けた方の卑劣な投稿エピソード

仕事を押し付けるパワハラ上司の心理とは責任転嫁への対処法

東京都_女性_30代

「完全に無視!無視!無視!」

女上司の話ですが、

その人はいつも他人がやっていると思い込んでおり、

面倒なことは押し付けて自分が楽する始末。

 

同じプロジェクトに配属されたときは、

そいつのおかげで2週間くらい睡眠時間が3時でした。

 

肌も心もボロボロ・・・・・

 

堪忍袋の緒が完全にキレていた私でしたが・・・

 

幸いなことに他の同僚からも賛同を得られたので、

プロジェクトが終了した次の日から同期のみんなで無視!

 

 

その後は、自分が嫌われていると自覚したようで、

仕事にも精を出し始めたときに、同僚のみんなでそいつを呼び出して、泣かしちゃいました。

 

清々しましたし、

泣き顔がブサイクで笑っちゃいました。

神奈川_30代_女性

「あまりに暇にしたから手遊びしてた・・・」

あまりにも仕事を押し付けて、

責任転嫁してくるチーフリーダーがいました。

 

同期のみんなで結託して、

仕事をさせないように仕向けてやりました。

 

もう、周りが忙しそうにしているのを見せつけて、

そのサボり魔は1日中、

資料も何も置いてないデスクで待機。

 

 

携帯やスケジュールをいじるようもんなら、

「やることないなら帰っても大丈夫ですよ?

仕事は何もしなくていいですよ」

と言い放ってやりました。

 

その1週間はその人はデスクで何もしないで、

ボーっとしているだけという環境に追い込んでいると・・・・

 

ある日のこと、手遊びを始めてなんだか可哀そうになり、

さすがに仕事を振り分けてあげました。

 

でも、手遊びもしないように注意したら、

どうなっていたんでしょうね・・・

 

フフフ(笑)

 

千葉県_20代_女性

「仕事しない上司を内部告発」

まったく仕事しない上司がいて、

しかも従業員の仕事をさも自分がやったかのように、

上司に報告してやがりました。

 

そいつは本当に最悪な人間で、

糞の糞の糞の糞のような人間性の店長でしたね。

 

もちろん、

まわりに従業員はその店長のことが大嫌いでしたし、

仕事しないで事務所で漫画をやっている始末・・・

 

さすがに、我慢の限界だったので、

同じ職場の従業員全員で会社に、

内部告発とファックスとメールを送り付けました。

 

すると、内部調査が入りその店長は異動になりました。

 

本当にざまあみろ!!

 

アルバイトを見下してるからこうなるんだよ(^^♪

 

 

やはり、多くの人が仕事しない上司や同僚に、

イライラさせられてストレスを与えられているようですね。

 

 

でも、従業員から少しずつ陰で言われるようになってきています。

 

さて、どうなるのでしょうか?

 

 




あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?