パッションフラワー(トケイソウ)の花言葉とは?画像で解説します

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は2 分で簡単に読めます



パッションフラワーとはトケイソウ科のハーブで主な原産は北・中央・南アメリカに分布しているそうです。

 

パッションフラワーは時計のように感じられる花が特殊的。

 

「花冠」の部分はキリストの茨の冠と呼称されています。

 

では、パッションフラワー(トケイソウ)にはどんな花言葉があるのでしょうか?

 

下記にパッションフラワー(トケイソウ)の花言葉や歴史を紹介します。

 

チェックしよう>>>あなたにピッタリのハーブティーや紅茶が見つかる!お茶に関する大切なコトはこちらをクリック

 

 

 

「パッションフラワー(トケイソウ)」の花言葉について

 

パッションフラワーの花言葉は何なのでしょうか?

 

パッションフラワーの花言葉は下記になります。

 

聖なる愛で信用する心

隠しもっている情熱や聖なる力

奇抜や受難

恋の荒々しい苦しみ

宗教的興奮とする狂信

 

次に和名や英名などについて調べていきましょう。

 

以外にも知らない人が多いということ。

 

下記に紹介しています。

 

和名では西洋時計草(セイヨウトケイソウ)と称されています。

 

ラテン語で「flos passionis」と呼ばれております。

 

英名では「Passion flower」と呼ばれています。

 

学名では「Passiflora caerulea」と呼ばれています。

 

 

パッションフラワー(トケイソウ)の花言葉を画像と解説

パッションフラワー(トケイソウ)の花言葉の由来として下記のような特徴が題材となっています。

 

パッションフラワー(トケイソウ)植物の特性には下記のような意味があります。

 

槍をシンボライズする葉

五つの傷を代表する五つの葯

紐ないし鞭に欠かせない巻きひげ

十字架の支柱をシンボライズする子房の柱

木づちを代表する雄しべ

三本の釘を代表する三本の花柱

茨の冠を象徴する花の中に存在する肉質の線条

光背の栄光をシンボライズする萼

純潔に必要不可欠な白い花

天を代表する青い花

 

 

 

パッションフルーツの花言葉はフラワーと同じなの!?

パッションフルーツの花言葉は花が情熱(passion)の花では無く、受難の花ということを指すことから付いているトケイソウと同一の花言葉です。

 

 

花言葉「聖とでもいうべき愛」「信じる心」は、キリストの戒律をもとにした花の形に関連してつけられています。

 

 

花弁と萼を含め10枚を使徒に、糸状の副花冠を茨の冠。

 

 

5本のおしべをキリストが身を以て感じ取ったキズ跡、3つにカテゴライズされた「めしべを釘、めしべの子房」を十字架に、葉を迫害者の手に見分けています。

 

 

パッションというと「情熱」といった主旨を回想します。

 

ですが、トケイソウの別名「パッション」に於いては、「キリストの受難」だと考えます。

 

16世紀に存在していたローマ・カトリックの司祭達が、トケイソウの花姿をイエス・キリストが十字架に掛けられた姿に格付けしたことに由来します。

 

 

5枚の萼と花弁がキリストに忠誠を誓ったな10人の使徒、副花冠がいばらの王冠、5本の雄しべと3本の花柱が十字架を背負ったキリストの姿を意味しています。

 

 

 

パッションフラワー(トケイソウ)の花の特性とは?

トケイソウは、トケイソウ科・トケイソウ属にカテゴリー化される植物の全体の名前です。

 

水平に開いた花びらが文字盤、3つに色分けされた雄しべが時計の針にも思えると言う事から、「時計草」という名の和名が付けられました。

 

 

欧州の熱帯地域を集中的に400~500種ほどが分布していて、その大部分がつる性です。

 

 

草丈は30~80cmで、長期間に亘って伸長させたつるの先に、奇特な花を咲かせます。

 

 

花びらの内側に、糸状や短いヒゲ並みの「副花冠」が付くのが習性のひとつです。

 

 

花は1日でかれてしまいますが、どんどん違う花が咲くが為に、長期間花に心が弾みます。

 

また、実りした果実は「パッションフルーツ」と呼称されていて、味わうことが出来ます。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたにオススメのハーブティーや紅茶はコレかも!?こちらをチェックして自分だけのお茶を見つけよう

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?