紫外線がニキビの原因に関係する!おでこや頬の場所にできる治し方

この記事は3 分で簡単に読めます




私たちはよく「紫外線はシミ、シワ、くすみの原因」という言葉を耳にします。

 

紫外線がなぜ肌によくないかというと、まさに活性酸素を発生させてしまっているからです。

 

日焼けによって皮膚に炎症が起きるのも、紫外線によって活性酸素が生成されるのが原因です。

 

肌は紫外線の害から守るためにメラニン色素が作られ、このメラニン色素がシミやくすみの原因となります。

 

チェックしよう>>>ニキビや肌トラブルに悩むあなたにピッタリ!肌の問題を解決するために大切なコトはこちらをクリック
 

紫外線でニキビができる原因には大きな関係があります

ニキビは紫外線も原因!日焼け止めは肌荒れに対策の人気商品

紫外線によって毛穴に詰まった皮脂が酸化されます。

 

するとアクネ菌が分泌するポルフィリンに紫外線が当たると「活性酸素」が大量に発生します。

 

このように紫外線によって活性酸素が発生します。

 

実は「活性酸素」は肌の細胞を劣化させてしまい、肌の免疫力を低下させることでニキビ菌による感染症(炎症)を招いてしまうことになります。

 

この直射日光(紫外線)によって晒された皮膚が酸化することが、ニキビをはじめとする様々な肌トラブルの原因と言われています。

 

つまり紫外線による対策を行うということは、多くの肌トラブルの予防にもつながってきます。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

チェックする>>>ニキビや吹き出物に悩まされている方は治す為にも見ておきましょう。

 

 

 

紫外線がニキビの原因に関係する3つの悪影響とは?

「肌のバリア機能を低下」

強い紫外線によるトラブルは、代謝周期の乱れも発症させます。

 

キズを負わされた肌はそれを早く正常化してようとして、一時の間代謝周期が速まります。

 

このスピードが早過ぎると、基本的には28日かけて成熟するはずの細胞がきちんと成熟不可能で、未熟な細胞のみが肌表面に並ぶことに。

 

これでは肌が通常なら持つバリア機能がしっかりと始動されないのです。

 

こうなると、毛髪が当たったり手で接触したりといった、ふだんなら変わり映えのないような小さな負荷でも、ニキビを招いたり、悪くなりやすくなっていきます。

 

バリア機能が復元するまでは、いつも以上に肌に負荷を与えないこと、肌を守るケアの手を抜かないことが不可欠であるのです。

 

 

「肌の内部に活性酸素をつくる」

活性酸素と呼ばれているのは、強大である酸化力をもった酸素のこと。

 

本来は私たちの体を守るためにつくられるものですが、増えすぎるとは反対に体を傷を負わせてしまいます。

 

この活性酸素が、日光の紫外線にさらされると肌で引き起こされます。

 

すると毛穴詰まりを劣悪にしたり、ニキビの炎症を酷くしたりすることが認識しています。

 

また活性酸素に関しては肌の脂質を酸化させ、過酸化脂質を作ります。

 

すると貯めた過酸化脂質にメラニン色素が集中して、シミに繋がってしまうこともあるのです。

 

 

「肌をカサカサさせて乾燥させる」

太陽光に含まれる紫外線を多く浴びせられると、皮膚はてきめんにカサカサになります。

 

すると肌は、カサつきからご自身をプロテクトするために皮脂をさかんに排出するように。

 

こうして度を越えて分泌された皮脂は、ニキビを引き起こしてしまったり、重症化する要因になります。

 

 

 

日焼け止めは「おでこや頬」の場所にできるニキビの原因

ニキビは紫外線も原因!日焼け止めは肌荒れに対策の人気商品

紫外線による悪影響は上記のように計り知れません。

 

その紫外線からの悪影響から肌を守る対策として「日焼け止めクリーム」が販売されています。

 

しかし実は「頬やおでこ」のニキビ(肌荒れ)を招くことも。

 

特に紫外線の悪影響によって「ダメージが蓄積した肌」にとっては、日焼け止めは刺激が強い傾向にあります。

 

ただでさせ弱く敏感になった肌にとって、日焼け止めに配合される成分は刺激が強すぎることになります。

 

すると肌がSOS信号を出して、より肌荒れニキビを悪化させてしまうことになり、特に「頬やおでこ」にニキビができやすくなります。

 

 

 

ニキビだけじゃない!紫外線による肌への悪影響とは?

ニキビは紫外線も原因!日焼け止めは肌荒れに対策の人気商品

「シミ、そばかす」などの肌トラブルを招いてしまう。

 

「目元のしわ、頬タルミ、ほうれい線」などの老化肌を招く

 

肌にダメージを与えることで、深刻な肌荒れニキビを招く

 

肌の免疫力を低下させて、肌荒れしやすい体質に陥る

 

皮脂分泌を盛んにすることで、アクネ菌を好む環境を作ってしまう。

 

このように紫外線はニキビの原因に大きな関係がありますが、上記のように悪影響はそれだけではありません。

 

ではあなたの肌は紫外線には晒されていませんか?

 

診断してみましょう。

 

 

診断しよう!あなたの肌は紫外線の悪影響に晒されてる?

ニキビは紫外線も原因!日焼け止めは肌荒れに対策の人気商品

「肌荒れしやすい体質になり、ニキビが増えてきた」

 

「シミ、そばかすが顔に増えてきたきがする」

 

「紫外線のせいで肌が弱くなり、今の化粧水がなんとなく合っていない気がする」

 

「鏡を見るたびに、顔が老けてきたと感じるようになってきた」

 

「肌がベタベタまたはテカテカの脂っぽい肌になってきた」

 

上記の診断で一つでも当てはまるようであれば、肌が紫外線に晒されているかもしれません。

 

 

 

紫外線以外にも!ニキビ肌の原因である活性酸素は日常的に

ニキビは紫外線も原因!日焼け止めは肌荒れに対策の人気商品

上記で登場して肌の細胞を劣化させてニキビ肌を作りやすくするのが「活性酸素」です。

 

肌荒れニキビを招く「活性酸素」を発生させる原因は紫外線ばかりではありません。

 

普段、飲む水道水に含まれる「塩素」、酸化しやすい油を含む食品、タバコ、排気ガス、放射線、なども活性酸素を発生させてしまいます。

 

さらに、人間の生体活動でも活性酸素は作られています。

 

例えば「呼吸によって取り入れた酸素を体内で利用」、「食物を摂取してエネルギーに転換」などあらゆる場面で活性酸素は発生します。

 

ニキビの原因(アクネ菌)から身を守る際も活性酸素が発生します。

 

 

 

紫外線による「おでこや頬」の場所にでるニキビの治し方

ニキビは紫外線も原因!日焼け止めは肌荒れに対策の人気商品

紫外線対策として、多くの人が日焼け止めクリームを使うことで、肌トラブルを防ごうとします。

 

これが「頬やおでこ」にできるニキビへの逆効果の場合もあります。

 

しかしながら、これがもっとも有効な紫外線対策でもあります。

 

つまり重要なのはどの商品を利用するのか?ということで、これが「肌がキレイな人」と「肌が汚い人」分けることになります。

 

 

評判や口コミはその商品に対する指標でもあり、これが高いということはそれだけ実績もあるということです。

 

優れた商品を使って周囲の人間と差をつけましょう。

 

 

紫外線に勝つ!顔にできるニキビを治す美肌成分も摂取

ニキビは紫外線も原因!日焼け止めは肌荒れに対策の人気商品

活性酸素から身を守る為には「抗酸化物質」という優れた抗酸化作用を持つ物質を日頃から摂取する必要があります。

 

例を上げると「野菜や果物だとレモン、ハーブティーだと、ローズヒップに含有される「ビタミンC、ビタミンE」は優れた抗酸化作用があります。

 

抗酸化物質を含有する「野菜、フルーツ、ハーブティー」などを積極的に摂取することで、体の内側から活性酸素対策できます。

 

ですが、日頃から抗酸化物を摂取するのは大切ですが、継続できなければ意味がありません。

 

紫外線や肌荒れニキビ対策に限らずですが、美容は継続が大切です。

 

つまり「手軽に続けやすく、効果が高い商品」を利用することが重要とも言えます。

 

 

 

紫外線ニキビ原因と関係!おでこや頬の場所にできる治し方~まとめ

ニキビは紫外線も原因!日焼け止めは肌荒れに対策の人気商品

普段、何気なく浴びている紫外線(直射日光)ですが、実は、肌(皮膚)にとてつもなく大きな負担をかけてしまっています。

 

しかし、紫外線(直射日光)を避けて、生活するのは非常に難しく、外出時にはどうしても浴びてしまいます。

 

日頃から「野菜、レモン(檸檬)、ローズヒップ」などの「ビタミンC、ビタミンE」などの紫外線から肌を守る成分を積極的に摂取するように心がけましょう。

 

他にも、このページで紹介されている人気のある商品を利用するのも方法の一つです。

 

 

関連記事もチェックしてみましょう。

チェックする>>>ニキビや肌荒れを治したい方は絶対に知っておくべきこと!

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?